緑茶、紅茶、ウーロン茶 どれも比較的放射性物質濃度が高い。: ずくなしの冷や水

2017年03月17日

緑茶、紅茶、ウーロン茶 どれも比較的放射性物質濃度が高い。

食品選択アンケートの結果の検討を始めています。色々驚きはありますが、その一つは、「インド産紅茶」の選好度が高いことです。「国産茶葉」と並んで「インド産紅茶」を掲げましたが、管理人は国産茶葉については問題提起、注意喚起の意味を込めていました。

ところが最初あまり高くなかった「インド産紅茶」が支持を広げ、今はトップに並びかけています。

結論から書くと、「インド産紅茶」もリスクがありますから、消費量は控えめにというのが管理人の立場です。

茶の木は、放射性物質を吸収しやすいという特性があるようです。根だけでなく地上部からも吸収するとされています。

チャノキは、ツバキ科ツバキ属の常緑樹でインド・ベトナム・中国西南部が原産地とされています。

製品となるお茶の種類によって製法は異なりますが、蒸す工程を持つものはありますが、洗浄の工程は見当たりません。基本的にお茶は摘んだチャノキの新芽をそのまま使っています。

福島第一原発事故後、放射性物質が地球規模で降り注ぎました。チャノキが新芽を出し、それが摘まれるまでの期間にも放射性物質が降下していることがあります。

福島第一原発事故後にチャノキの畑に降下した放射性物質は、チャノキに吸収されています。

次は、2014年02月19日 セシウム実測値メモに掲げた表の一部抜粋です。


福島第一原発事故前から各国の茶の放射性物質濃度は高いものがありました。中国のウーロン茶については、こちらの記事にデータがあります。

このリンク先には、中国産ウーロン茶にストロンチウムやポロニウムも含まれていることが示されています。

もちろん、抹茶でなければ茶葉をそのまま食べません。煎じた液体を飲むだけですから、体内に入る放射性物質は微々たるもの、それはその通りです。

ですから気にしないというのであれば、それもありだと思いますが、外食もせず食べ物に気を付けておられる方が少ない楽しみとして取り寄せの日本茶を飲んでいたら1年前くらいから被曝症状が出てきていると伺いました。

お茶と被曝症状は、関係ないのかもしれません。そう願いますが、関係がないとも言えません。

いささか慌てている管理人からの警告は以上です。

・・・・・

朝日新聞2016年11月11日23時27分
被爆地や脱原発団体から懸念の声 日印原子力協定締結
日印両国の首脳が11日、インドへの原発技術の移転や輸出に道を開く原子力協定に署名した。被爆地の広島、長崎や「脱・原発」をめざす市民団体関係者からは、核兵器を保有するインドとの連携に懸念する声が相次いだ。東京電力福島第一原発事故の収束も見通せない中での協定締結に批判も根強い。

サンケイ2016.11.11 21:55
日本とインドが原子力協定締結、原発輸出促進に期待も賠償懸念でメーカーは二の足 ベトナムでは受注案件の中止も
政府がインドとの原子力協定を結んだことで、成長戦略の柱に掲げる原発輸出にも弾みがつくだけに、原子力設備を扱う日本企業も期待を寄せている。ただ、事故が起きた際の責任を企業にも求めるインドの賠償制度や、相手国の財政難による事業中止のリスクは拭いきれない。
 東京電力ホールディングス(HD)の福島第1原発事故以降、国内での原発新増設は事実上不可能になっている。こうした中で、経済産業省やプラント大手が目を向けるのが海外輸出だ。協定調印を受け、「原子力事業に道を開く」(日立製作所)と歓迎の声が上がる。

・・・引用終わり・・・

インドはCTBTに加入していません。観測所もありません。


それでも飲み続けますか?

・・・・・・

loca.chicaさんから

ずくなしさんお勧めのマテ茶、今朝買ってきて早速飲んでみましたが、
とってもおいしいです〜 くせがなくて飲みやすいですね。気に入りました!

私が買ったのは、Guayaki という会社のYerba Mateですが、この会社のWeb siteを見てみると、このマテ茶の作られる様子や効能、栽培されている熱帯雨林の保護など、いろいろなビデオがあり、おもしろいです。

抗酸化作用のあるポリフェノールは、緑茶や紅茶よりずっと多く含まれているんですね。
以下のグラフは英語ですが日本の「おーい、お茶」とも比較されてます。
http://guayaki.com/mate/60232/%26quot%3BThe-Antioxidant-Powerhouse%26quot%3B.html

おいしく飲んで健康になり、熱帯雨林の保護にもなるなんて、ちょっと気分もいいです。
posted by ZUKUNASHI at 10:33| Comment(13) | 福島原発事故
この記事へのコメント
こんばんは。

お茶、大好きだったのに・・・、
茶葉を無駄にしないよう、茶葉挽き器を使用し、
茶葉ごと飲むなんてことは
厳禁にされてしまったよう・・・、

秋田の「べくれでねが」のホームページ、
よく見ます。
セシウムさんは「福島」由来以外の物も世界中、あちこちにあり、
茶葉、海外、国内問わず、よく「べくれて」いるようです。
牛乳と同じく、産地にもよるようですが・・・。

そのホームページの結果によると、
なんと、コーヒー豆やココアすら、
「べくれてる」との結果が出ています。

そういえば、最近、ネットで
コーヒーを飲んで、心臓痛がありませんかと問うていた方がいて、
回答結果は、二割程度の人が痛みありと回答していたような・・・、
私は回答には参加しませんでしたが、実は私もあれれと感じることがあります。
カフェインの多量摂取は心臓によくないとの記事は散見されていますが・・・。

先日、アメリカでの尿検査で
93%の方の尿にグリホサート(除草剤)が検出されたの
ネット記事・・・、

前門の「農薬、添加物」後門の「放射性物質」と
いったところなんでしょうか・・・。


Posted by lemon at 2017年03月03日 21:32
コーヒー、ココアからも検出される例はありますが、これらは産地が赤道直下か南半球です。紅茶の産地よりは福島第一原発発の放射性物質の降下は少なかったはずと見ています。
カフェインの取りすぎでしょうね。タダでも心臓弱っているのに。
Posted by ずくなし at 2017年03月03日 21:42
ずくなしさん、おはようございます。

このブログを読むのは毎朝の習慣で、今日も起きてすぐに拝見しましたら紅茶が!
実は私たち夫婦は日本茶も紅茶も大好きです。
原発事故後、日本茶はあきらめたので、
海外の紅茶にハーブをいれていただくことがささやかな楽しみでした。
でもハーブも紅茶も汚染が高い・・・

いろんなお茶をとっかえひっかえ飲んでいます。
アフリカのルイボスティー、熊本のごぼう茶、山口県祝島のびわ茶、
311前の番茶、311前のほうじ茶、311前の麦茶など。
どれが一番安全なのでしょうね。。。

放射性物質をとらないように気をつけているつもりでも
案外穴があるものですね。
紅茶はなるべく控えることにします。
ありがとうございました。
Posted by ひまわり at 2017年03月04日 07:36
お茶はアルゼンチンのマテ茶が相対的には汚染が少ないのではないかと考えています。測ったデータがないので確信はありませんが、福島第一原発事故による汚染は少なくとも少ないでしょう。
ウーロン茶に似ていますが、ウーロン茶より飲みやすい感じです。シリアの人のお茶がこれです。出稼ぎに行った人が持ち帰って広まったそうです。
Posted by ずくなし at 2017年03月04日 09:15
お早うございます。

私は、子供の頃から自他共に認めるお茶小僧でした( ^▽^)
で、最近では、ずくなし様のマテ茶に対抗して(笑)、南アフリカ産のルイボスティーを使用していましたが、先日某メーカーのルイボスティーを飲んで激しく下痢をしてしまい、やぶれかぶれでプーチン=ロシア=減農薬・No.GMOで添加物の少なそうなロシア産・チャガ茶というのを取り寄せて飲んでみました。

Good!!!

色は茶色なのですが、体の中に入れる感覚がとても自然でビックリです!!

放射線防御に必要な亜鉛・カルシウム・ビタミンも入っているので、旨いし、いいかもです(⌒‐⌒)
Posted by デスラー at 2017年03月05日 10:03
ずくなしさんお勧めのマテ茶、今朝買ってきて早速飲んでみましたが、
とってもおいしいです〜 くせがなくて飲みやすいですね。気に入りました!

私が買ったのは、Guayaki という会社のYerba Mateですが、この会社のWeb siteを見てみると、このマテ茶の作られる様子や効能、栽培されている熱帯雨林の保護など、いろいろなビデオがあり、おもしろいです。

抗酸化作用のあるポリフェノールは、緑茶や紅茶よりずっと多く含まれているんですね。
以下のグラフは英語ですが日本の「おーい、お茶」とも比較されてます。
http://guayaki.com/mate/60232/%26quot%3BThe-Antioxidant-Powerhouse%26quot%3B.html

おいしく飲んで健康になり、熱帯雨林の保護にもなるなんて、ちょっと気分もいいです。

Posted by loca.chica at 2017年03月17日 03:45
デスラーさん、チャガ茶、カバノアナタケですね、
免疫力を高めると言われて、
一時、凄く人気で、北海道の我が家の周りでも、みんなして採っていました
うちにもまだ、古いのがあった……(笑)

楽しみに次々とアラームが出るのが悲しい。
ドイツのメーカー、ポンパドールのカフェインレスのお茶やルイボスティー
インド産紅茶(うちはインドカレーを出しているので)
八女茶

メインはコーヒーですが、
お茶もグルグル回して飲んでいます。

はぁ……
Posted by Julia214 at 2017年03月17日 11:08
チャガ茶はきのこでしょ・・。
なんだか・・・。

ミネラルウォーター飲むのがいちばん美味しい気がしていますけど。

Posted by hiyaase at 2017年03月17日 15:06
>そのホームページの結果によると、
>なんと、コーヒー豆やココアすら、
>「べくれてる」との結果が出ています

lemonさん、ずくなしさん
なんで、西アフリカ産のヴァンホーテンから検出されるのでしょうか?
これは驚きでしたが・・。
ヴァンホーテンのココアだけは飲めると思っていたのですが・・。
なぜ?
Posted by hiyaase at 2017年03月17日 18:49
フランスは、サハラ砂漠で17回も核実験をやっています。
Posted by ずくなし at 2017年03月17日 19:39
サハラはフランス領だったの?
アルジェリアだから?

フランスの核実験は南太平洋のムルロワだとばかり思っていました。
そんじゃ、チョコも危ないかもね?
また、検査ブログ見ないと・・。
Posted by hiyaase at 2017年03月17日 20:18
今朝もマテ茶を飲みながらコメント書いてます♪

南米産のお茶といえば、チリ産の「ガーデンオブアンデス(Garden of the Andes)」というメーカーのハーブティがあることを思い出しました!(ここまでバッチリ会社名とか書いちゃっていいんですかね?いいですよね?)
南米も、厳密にいえば「ゼロベクレル」ではないかも知れませんが、地球上では最も放射能汚染が少ないと思いますので、ご参考までに。

日本ではペパーミントティ、カモミールなど5種類が輸入販売されているようです。通販や健康食品を扱うお店で入手できますので、ハーブティがお好きな方は調べてみるといいと思います。
完全有機栽培、無農薬だそうです。ハーブティはカフェインが入っていないので、心臓痛のある方にも安心ですね。

私が実際に飲んだのはペパーミントティですが、優しい味でおいしかったです。

ちなみに、この会社はグリーンティ(緑茶)も製造販売しているようで、アメリカでは売っているのですが、日本では売ってないようです。日本は政策的に緑茶は外国から輸入しないのでしょうか。輸入より輸出したいですものね。
Posted by loca.chica at 2017年03月18日 01:35
hiyaaseさん、アドバイスなどなど、ありがとうございます。
ナチュラル=善だという思い込みは危険ですね。
ハーブや漢方薬にも副作用のあるものがありますから。
hiyaaseさんのように、自分で何でもとことん調べるようにしたいと思います。
「後進国も良さがありますね。」は、その通りと思います!先日の投稿記事「若い人は、日本から逃げちゃえ!」の中でコスタリカに触れられていましたが、一般に後進国と言われている国の中にも、貧しくてもお金のために魂を売らずに人間的な生き方ができる場所があるのではないかな、と思います。
そもそも「後進国」って言い方が、上から目線で失礼だなー、と思いますけど...
「先進国」の筆頭であるアメリカでは、お金がないと病気が治せないし、大学は学費がバカ高くてお金がないと(あるいは借金しないと)行かれません。これのどこが「先に進んでいる国」なんでしょうか...

whiteさん、「ものが売られるには訳がある。そもそも大切なものは売られない」うーん、あまりにも核心をついてますー。
今の世の中、ものがありふれているようでいて、本当に欲しいものは簡単に入手できませんね。

Posted by loca.chica at 2017年03月20日 04:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。