死亡率上昇トップの千葉3区 2位の千葉7区 こんな具合です: ずくなしの冷や水

2016年07月31日

死亡率上昇トップの千葉3区 2位の千葉7区 こんな具合です


千葉3区は、市原市と千葉市緑区




千葉7区は、流山市と野田市




私達の周りに忍び寄る危機が見えませんか ホロコーストになると管理人は考えていますに、2016/6時点と2015/6時点との死亡率変化率の上位小選挙区をあげましたが、そこでは市原市、流山市、多摩区、平塚市の順となっています。

川崎市は人口流入が続き、出生数は堅調推移でしたが、ここもここに来て様子が変わってきました。出生数が伸びず、死亡数が伸びています。





グラフの目盛りが大きく死亡数の増が目立ちませんが、それだけを取り上げれば次のようになります。2014/6が200人、2015/6が210人、2016/6が223人ですから前年同期比では6.2%の増加です。



流山市の主婦からは早い時期に汚染が強いといってもよそよりわずかに強いだけだとの強気の反論コメントが寄せられたことがあります。川崎の主婦からは自分の周りでは誰も病気になっていない、ウソじゃないかというデマ呼ばわりのコメントが寄せられたことがあります。

また西日本の男性からは、東日本の人の苦境、不幸を高みの見物をするつもりだとの悪意に満ちたコメントが寄せられたこともあります。

これらのコメントを寄せた人は、被曝回避もしていないでしょう。今も生きておられるか・・・。



これに関連した一連の記事

ツイッターのタイムラインに流れる訃報が多い
死亡率赤丸急上昇中の地域はここだ!
私達の周りに忍び寄る危機が見えませんか ホロコーストになると管理人は考えています
出生率低下、死亡率上昇を風呂桶の水でたとえるとこうなる(投稿記事)
死亡率上昇トップの千葉3区 2位の千葉7区 こんな具合です ←・・・今ここ
posted by ZUKUNASHI at 12:40| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。