死亡率赤丸急上昇中の地域はここだ!: ずくなしの冷や水

2016年07月30日

死亡率赤丸急上昇中の地域はここだ!

長期間にわたり毎月の死亡率を計算するのは手間なので、2013/6、2014/6、2015/6、2016/6時点の1万人当り死亡率を計算しました。
それぞれの時点以前1年間の平均死亡数を平均人口で除し、1万を乗じています。
伸び率は2016/6時点の1万人当り死亡率を2013/6時点と2014/6時点の死亡率の平均で除して算出しています。

次は、死亡率の高い小選挙区の順で掲げています。大変興味深い結果となりました。
@ 秋田県の死亡率の高さが目立ちます。青森県も同様。
A 新潟県も高いです。柏崎市、上越市、これは南部、北部の新潟3区は汚染地帯です。
B 福島県がやはり高いです。県内で最も高いのは人口流出の少ない福島4区。郡山市など福島2区は8.6です。
C 那須塩原などの栃木3区、人口減を加味すると良くない数字が出ました。水戸1区と同じ水準です。栃木5区、2区もっと悪いですが。
D 茨城県も北部の5区を筆頭に、死亡率の高い地域があります。取手市など茨城3区は7.3。これは住宅開発の影響と見られます。
E 東京近接地域では、神奈川11区横須賀市など、それに東京25区青梅市など。横須賀市は人口減が大きいです。

日本の単純死亡率は、100人当りおおむね年間1人です。千人月当りおおむね0.83人、1万人月当りでは8.3人程度。

日立市などを例に取ると、2013〜2014年の平均9.5人が2016年には10.1人に0.6人上がっています。1万人当り年間で114人から121.2人に7.2人増えていることになります。この程度では、生活実感としてはあまり痛切に感じることはないでしょう。ただ、若い人、亡くなるには早すぎる人、急に亡くなる人が増えてきていてそれがツイッタータイムラインの訃報増になっていると見られます。

次に死亡率伸び率の大きい小選挙区ランキング。これもすごいことになりました。
トップに市原市や流山市が来ています。そして横浜市の一部。埼玉もあります。千葉の東葛などの濃厚汚染地帯は、いずれも赤丸急上昇中です。
東京は西東京市や東村山市、ここも汚染があります。

流山市はこの2年半で死亡率が1割上がっています。残念なことにこれらの地域の死亡率はこれで止まる保証はありません。



人口流入地域でも、出生数の増を加味せず、死亡数だけを見れば人口動態の悪化ははっきりしています。

しかも、これは2012/7以降の死亡数について見たものです。福島第一原発事故後のみのトレンドです。このトレンドは続きます。福島第一原発事故から5年経過、これまでの被曝の蓄積がある上に、まだ、被曝回避しない人が圧倒的な割合を占めているからです。

この記事に書いた内容について、管理人はとても驚きました。こんなにきれいに出てくるものかと。自信を持って提示します。

これに関連した一連の記事

ツイッターのタイムラインに流れる訃報が多い
死亡率赤丸急上昇中の地域はここだ!←・・・今ここ
私達の周りに忍び寄る危機が見えませんか ホロコーストになると管理人は考えています
出生率低下、死亡率上昇を風呂桶の水でたとえるとこうなる(投稿記事)
死亡率上昇トップの千葉3区 2位の千葉7区 こんな具合です 
posted by ZUKUNASHI at 14:14| Comment(3) | 福島原発事故
この記事へのコメント
ずくなし様。
いつも、貴重なデータ報告ありがとうございます。
全体としては、死亡率は増えている上に、
市原・流山・いわき・戸塚が、大きく増えていますね?
宮城の大崎・仙台市泉区・中通りの須賀川あたりも、
伸び率は高いし、
やはり、放射性プループが、強く駆け抜けた所と一致するようですね。
これで、西日本のデータ
(平均して横ばいくらい、ないし2%程度の増なのだろうか?)もあれば、
さらに、いろいろな方向からも、突っ込めると思うのですが、
いかがでしょうか。
Posted by 浮き船 at 2016年07月31日 18:58
西日本も死亡数は増えています。高齢化が共通要因としてあります。全国人口動態統計で都府県別に実数の動きは集計しています。死亡率で見るには都府県の毎月の人口、あるいは各年の人口データを入れれば計算できますが、意味ある結果が出そうなのは中京、北陸、近畿までなので、見送っています。
原発が再稼動すれば、その影響をつかむために作業はやらなければならないと思っていますが、地域の範囲が広くなるほど、例えば2010年の死亡数の増加など原因の推定がつきにくい面も出てきます。
今は、東日本がどこまで悪化するか、現状分析を優先しています。
Posted by ずくなし at 2016年07月31日 20:18
初めまして救急車の音を聞かない日が多いのでネットを調べていたらこういうことだったのですか。。。我が家は1.02〜1.04の伸び率の場所にいます。地図を見て泣きそうになってます。甲信越や静岡も終わりなんですね。水や食べ物には気を使っていますが筆者様の「2016年08月01日死亡率赤丸急上昇中の地域はここだ! 地図化」の地図に描かれている場所は早晩ダメなんでしょうか。ダメ、、、ですよね。やっぱりだめなんですよね???。低線量の土地もそこに10年いると高線量地帯の人間と変わらない内部被曝量になると聞きました。この地図化された場所もアウトですね?そういうことなんですね??悲しくて泣けてきましたが事実を知ることができました。ありがとうございました。。。。避難準備開始します。。。
Posted by ベルガモットレモンティー at 2016年08月03日 14:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。