テロという名の暴力行為は伝染する 欧州のテロ続く 日本でも: ずくなしの冷や水

2016年07月26日

テロという名の暴力行為は伝染する 欧州のテロ続く 日本でも

2016/7/18、ドイツの列車内で斧を振り回して5人が負傷した事件で犯人の17歳のアフガニスタン人は警察に射殺されましたが、自宅から手書きのISISの旗が発見され、ISISが戦闘員の仕業だと声明を出しています。

Police discovered a hand-painted Islamic State flag in the room of the Afghan teen who attacked passengers on a train in Germany, the interior minister for the state of Bavaria said on Tuesday. The terrorist group claimed responsibility for the assault.

Islamic State (IS, formerly ISIS/ISIL) has said the attacker was one of its fighters, according to IS-affiliated Amaq news agency.

ISISの戦闘に加わった者にしてみれば、残虐な行為を目の当たりにし、あるいは実践してきたわけですから、斧を振り回して人を傷つける暴力行為の敷居は高くないでしょう。

RT2016/7/23
‘Motives incomprehensible’: Lone Munich gunman commits suicide after killing 9, injuring 16
2016/7/22、ドイツのミュンヘンでイラン系ドイツ人の18歳の少年が9人を殺し、16人を負傷させて自殺。

RT2016/7/24
‘Deliberate attack’: Blast injures 12, kills suspected bomber in Germany’s Ansbach

RT2016/7/26
19 killed, 45 injured as knife-wielding man goes on rampage at medical facility near Tokyo
※ aちゃんだ ‏@tokaiama 氏の2016/7/26のツイート
相模原市 障害者施設に刃物を持った男、19人が心肺停止

いよいよ日本に波及です。決して海の向うの話ではありません。

SPUTNIK2016/7/26
Following the recent terrorist attacks in Germany and France, a sharp decline in air ticket and hotel bookings has been registered all across Europe, WSJ reported.

The attacks following one after another in recent weeks forced thousands of tourists who were going to visit European countries to quickly change their plans.

In spring 2016, media warned that Daesh terrorists were planning terrorist attacks in European holiday resorts to intimidate people and cause panic among Europeans.
posted by ZUKUNASHI at 09:44| Comment(0) | 国際・政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。