黄色い粉 ウランが多く含まれていたことは確実 日本国内全域と海外(北半球)で目撃例: ずくなしの冷や水

2017年06月01日

黄色い粉 ウランが多く含まれていたことは確実 日本国内全域と海外(北半球)で目撃例

読者から色々身体症状を伺っている中で、手の甲に「赤い噴火口ができて、噴火口は穴が開いて、周囲に山腹がある」との記載がありました。これはアルファ線源が皮膚に付着した時の典型的な症状です。

この症状が出た原因としては、読者ご本人は2011/3/23に外出後傘の汚れに気付き、傘を洗った際に汚染物質が付着した、それが原因だろうと推定しておられます。

ほかに、雨に当たった皮膚に深い小さなやけどのような傷ができた、黄色い粉に不意に接触してしまった足が痺れた後小さなキズができたとの体験も寄せられています。黄色い粉が降るのは降雨に伴うことが多いです。

福島第一原発事故後、各地で目撃された空から降下した黄色い粉、白い粉は、ウラン、プルトニウムなどのアルファ線源、ベータ線源が濃度は異なるものの相当量含まれていたことがほぼ確定的になりました。

以下、これまでに管理人が収集した黄色い粉、白い粉の目撃例をあげますが、福島県や茨城県からの目撃情報がないことをとても訝しく思っていました。

2017/2/19午後、既に6年近く経過し、発信の自己規制も緩んで来ているのではないかと思いつき、検索したら多数のツイートがヒットしました。2017年02月19日 黄色い粉目撃情報 ツイッターから

北海道から沖縄まで目撃例が得られました。そして、最大の収穫は福島県から避難していると見られる方の次のツイートです。



福島県下では、拭ききれないほどに連続的に、あるいは継続的に降ったことが分かります。

これで、「黄色い粉」は福島県を中心に全国に、いや地球規模で降ったことが確認できました。

1 2011/3/16、房総半島先端部
2011.3.16の朝、前日に納車されたばかりの白い軽自動車が黄色い粉に覆われていました。
水で洗い流すと、水は緑色に変色し流れ落ちました。
南房総、鴨川 在住
2016年11月21日 房総半島の先端部でも黄色い粉目撃情報

2 2011/3/16、埼玉県
2011/3/16、うちは埼玉県ですがやはり雨上がりに黄色い水溜りみたいなのができてました。
3月16日朝に降った黄色い雨について
管理人注:埼玉県の飯能では、2011年3月16日午前6時までの1時間に0.5mm、秩父では午前3時までの1時間に0.5mmの降雨を記録している。

3 2011/3/23夜、東京都23区西部で降雨の際に白い粉が降る。
読者の体験情報

朝日新聞 2011年3月24日
朝日新聞首都圏では24日朝、建物の屋上などに付着した黄色い粉が放射性物質ではないかとの問い合わせが保健所や消防に相次いだ。

4 2011/3下旬、相模原市緑区の家の玄関の端に黄色い粉が付着
読者の体験情報
3月の下旬、埼玉県加須市の道路に、黄色い粉があっちこっち風に吹かれて、吹きだまりに溜まっていた。

5 2011/3、桑名市の住宅2階ベランダの手すりに黄色い粉がたまった。
2015/7、三重県桑名市の読者からの体験情報

6 2011/4初旬、奈良市内でガードレールを掴んだ幼児の手のひらに水膨れ。ガードレールには淡いベージュ色のホコリのようなものがうっすらと降下していたと。
2016年02月20日 黄色い粉、白い粉は強いベータ線源であったことは確実 関西にも降下している

7 2011/4/10頃、福岡県で黄色い粉の目撃情報。視認者は「2か月後にじんましん、手足の指先感覚まひ、心臓のチクチクと動悸、下痢、口内炎などの症状が頻発」。九州の別の県にいた方は、「子供の新学期が始まった頃、突然両足に血管の網目模様がはっきり出たり、両耳の下にしこりができたりした。水状の下痢もした」とのこと。
2016年02月17日 西日本で黄色い粉が降った後、短期間で体調異変を生じた例もあった

8 2011/4/7、東京杉並区のビルの屋上にあった白い粉について、ガイガーカウンターを屋上の床面に置いて測定したところ、最高で6.39μSv/hを記録
3号炉の爆発は核燃料か?

9 2011/4/9、埼玉県所沢で排水口にたまった黄色い粉の放射能を測定
真実を探すブログ2013.08.05 12:21
福島原発事故直後に降り注いだ黄色い粉の正体は放射性物質!顕微鏡写真による分析結果&チェルノブイリとの類似点
*2011年4月9日の埼玉県所沢で測定
↓最初は0.1マイクロシーベルト台。
↓黄色い粉に近づけると急激に上昇。0.808μSv/h
↓最大線量。毎時2.000マイクロシーベルト超。

(管理人注:上の二つの測定の際にベータ線は含まれていると見られるが、アルファ線まで含むかは不明)

10 時期は不明だが、近畿地方の方は、黄色い粉が降った後、「幾日か経過して、夜寝ようとして横になっていると、頭の感覚がおかしいと感じ、卒倒、気を失いそうになった。元々アトピー性皮膚炎持ちだが、シャワー中に幾度となく酷く痒くなり、皮膚科に行ったが原因不明。現在も顔、首回り、頭皮が酷いアトピーで皮膚がボロボロ、フケの様に大量に落ちる」と綴っている。
元記事は7と同じ。

11 2015/5、福島県隣接県で降雨のあった翌朝、黄色い粉が目撃された。
2017年02月24日 これが黄色い粉です

12 2016/3/1朝、神奈川県中部で車の上に黄色い粉がびっしりついていた。以前の黄色い粉と似ていた。ドアノブに触わったら、指先がヒリヒリする感じと、不意に接触してしまった足が痺れた後小さなキズが出来た。
2016年03月02日 神奈川県中部から黄色い粉情報

13 2017/3月初め、さいたま市で自転車のサドルに黄色い粉を観察したとの情報。

14 2017年5月25日(木)、午前4:00現在、福島県南相馬市原町区の水たまりで、水たまりの縁に沿って黄色い粉と思われるものが観察された。

15 2011/4半ば北カルフォルニアでは、福島第一原発事故後1ヶ月降り続いた雨の後、すべてのものが黄色い粉をかぶっていた。
AMERICAN HOLOCAUST and The Coming NEW WORLD ORDER

16 2011/3/27、フランスの地中海に面したマルセーユで黄色い雨が降った。
2015年07月17日 マルセーユでも黄色い雨 2011/3/27

17 2011/9/22、黄色い雨の撮影画像
ENENEWS Report: Yellow powder recorded during video of Reactor No. 4 (PHOTO & VIDEO)

ここまでは分かりました。次は、どの位の濃度で降下沈着しているかです。
posted by ZUKUNASHI at 20:42| Comment(0) | 国際・政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。