トライアスロンで命を落とさないでください: ずくなしの冷や水

2016年07月09日

トライアスロンで命を落とさないでください

手賀沼のトライアスロンが今年も8月下旬に開催されるようです。

※ Cyclist(サイクリスト) ‏@cyclist_sanspo 氏の2016/3/13のツイート
日本トライアスロン連合の安全フォーラムで衝撃的なデータが明かされました。スポーツ中の突然死の統計でサイクリングが1位。Cyclistのコラムニスト塩田菜々さんがレポートしてくれました。
2016年03月20日
日本人 激しい運動は死を招く危険

2015/9/29には、「トライアスロン連合が緊急要請 死亡事故相次ぎ」というニュースが流れました。

競技中に亡くなる方が増えていますし、競技の後しばらくして亡くなる方もおられるのではないでしょうか。

2011年の手賀沼トライアスロンを完走した方のブログが、2011/9/11を最後にその後更新が止まっています。
柏パパの放射線測定日記
「柏在住の2児のパパです。「ホットスポット」と呼ばれる千葉県柏市の放射線量を計測し、アップしてゆきます。子供たちが安全に暮らしていける様に除洗されるのが最終的な目標です!」

これまで、この方のブログへのリンクの記載は控えてきました。多忙などで更新が滞っていたのかもしれませんので。

ですが、若くして亡くなる方が続いています。少しでも不幸が起きないよう願い、今回は提示に踏み切ります。

特に幼い子どもをお持ちの親御さんには、危険なスポーツは自重されるよう願っています。

※  t-mari ‏@kappel0208 氏の2016/7/8のツイート
横浜シーサイドトライアスロン死亡事故(2012年7月28日)
同市都筑区に住む男性(48)が、水泳中に心肺停止状態
今回搬送された男性のチェック票には病気などの記載は特になかったという
http://www.uro-gyn.net/swim2.html

産経新聞 2012年7月8日(日)20時48分配信
トライアスロンに出場の男性、水泳中に一時心肺停止で重体 横浜 
『8日午前9時35分頃、横浜市金沢区で開かれた「第3回横浜シーサイドトライアスロン大会」に出場していた同市都筑区に住む男性(48)が、スイム(水泳)競技中に心肺停止状態になった。男性は市内の病院に搬送され、心拍は回復したものの意識不明の重体。
 市によると、男性は一般の部に出場し、午前9時25分、横浜・八景島シーパラダイス内のマリーナで水泳を開始。スイムコース全長約400メートルのうち、ゴールから約5メートル手前の地点で、男性が浮いているのを監視していたライフセーバーらが発見し救助した。
 同大会は市民にトライアスロンに親しんでもらおうと市などが主催し、今回は727人が出場。昨年10月に開かれた大会では、出場した綾瀬市の男性=当時(51)=が死亡する事故が起きており、今回から参加者に健康状態や持病などを「健康チェック票」に記入してもらい、健康不安のある出場者には医師が問診する対応をとっていた。今回搬送された男性のチェック票には病気などの記載は特になかったという。』

2013年02月09日
手賀沼でトライアスロン? とんでもない!
posted by ZUKUNASHI at 11:43| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。