日本人はすごい 被曝で健康被害が出ても 笑って死んでいく人ばかり : ずくなしの冷や水

2016年05月17日

日本人はすごい 被曝で健康被害が出ても 笑って死んでいく人ばかり 

※ 2016/5/17のコメント
今年になって、私の周囲は突然死が減ったが、病人が増えてきた。
いよいよという感じ。
その病人たちの誰に気を付けろと言っても笑われる。
勝手にしろ、としか言いようがない。
もう1回言おう。勝手にしてな。

※ 2016/5/17のyさんのコメント
私の親世代は、放射能・・と言っても「みんないるから大丈夫」とか 何を大げさなことを言って・・というバカにした感じでした。

親には色々な資料を見せていたので、だんだん、危ないのではないかと思い始めましたが 自分に何か責任があるとは毛頭思っていません。 自分が何もしなくても守ってもらえる存在であると信じているようです。


分別のあるはずの年配者でもこれなんですよね。これから亡くなる人増えますけど、若い人も子どもも笑顔で死んでいくんでしょうか。

被曝が進んで正常な判断ができなくなっている?
ジイさんバアさんはそれでもいいでしょう。
家畜おやじは、家畜にふさわしい立派な最後かもしれません。

でも、子どもは
死にたくないよ! お母さん、お父さん助けて!
と最後に叫ぶのではありませんか? 
そのとき、どうします。横を向きますか?

その時、ようやく自分の愚かさに気付くでしょう。

でも野辺の送りを終えれば、さらりと忘れて、後は自分の番が来るのを待つ、そして自分の番が来れば笑顔で死んでいく。

今の日本人の置かれた状況から見れば、それができれば最もハッピーな終末の迎え方だと思います。

あなたが、それを実践しつつあるのなら、羨ましい気もしないではありませんが、私はやりたくありません。やりません。
posted by ZUKUNASHI at 20:56| Comment(2) | 福島原発事故
この記事へのコメント
こんにちは@松戸

知り合い夫婦の1才の子供が川崎病になりました。
実際、原発事故後から幼児の発病率が増えているそうです。
三田医師によれば、血液の免疫力に問題があるそうです。となると、将来的には白血病に罹患するのではと、とても心配です。
私は、明らかに両親の被爆による影響と見ています。そしてこの母親は去年から花粉症を発症し今年に入ってから空咳をするようになり、よく脚がつるそうです。
「わたし、孫の顔見れるかなあ〜」
と言うので、速攻
「取り敢えず今すぐ西日本へ逃げろ」
と言いましたが、やはり放射能関係の話同様聞き入れてもらえませんでした。
大人の命を守るのは自分自身、そして子供の命を守るのは親の義務が世界の常識なのだけど。。。
更に「健康な」孫を見たければ尚更です。

以下に紹介するブログは、昨年亡くなられた方の命がけのヤマトシジミの研究成果です。とても大切な事が書かれています。奥さん、これでもあなたは移住しないのですか?

http://blog.goo.ne.jp/mayumilehr/e/89480a7d4e075af02572b5e1338e9594
Posted by デスラー at 2016年05月18日 15:14
成人式の晴れ姿も微妙では?
Posted by ずくなし at 2016年05月18日 15:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。