日本人は心臓が脆弱化: ずくなしの冷や水

2016年05月14日

日本人は心臓が脆弱化

ツイッターに流れる情報を観察していると、心不全、心筋梗塞が若い世代にも急増しているようです。

※ 2ちゃん原発情報 ‏@2ch_NPP_info氏の2016/5/13のツイート
名無し:05/13 11:06
昨夜、お仕事から帰ってきた次男。会社の同僚が心不全で亡くなったそうです。同じフットサル部に所属していた仲間だそうです。若い23歳‥怖っ‥

心筋梗塞や心不全を発症しても治療を終えて通常の生活に復帰する方も多いです。発症者の情報は増えても亡くなる方はそれほどには増えていないと推定されます。

※ 2ちゃん原発情報 ‏@2ch_NPP_info 氏の2016/5/14のツイート
名無し:05/13 09:47
美容師さんが心筋梗塞で入院していたそうですが、お仕事に復帰されて良かったことです。で、本日カットに行きましたんですが、彼と同じ日に同じ病気で退院した人が10人もいたんですと!!…

ですが、心筋梗塞や心不全を発症してAEDなどの応急対策で命を取り止めても、それはあくまでも応急対策に過ぎず、再発もあります。

※ kenji ‏@buick54aki 氏の2016/5/14のツイート
急病人
AEDを使っても1ヶ月後の生存率はたったの5割 応急対策では心臓突然死は減らない 魑魅魍魎男 http://www.asyura2.com/16/genpatu45/msg/660.html

もちろん、何年も再発もなく過ごしている方もおられます。

※ かんちゅうー ‏@ka_zu_h46315 氏の2016/5/12のツイート
自分は2012年11月24日心筋梗塞で心肺停止になった。懸命な蘇生処置のおかげで今を生きている。その約1ヶ月前に子供が生まれたばかりだった。もしあの時この命がとまっていたら二度と我が子を抱くことは出来なかったであろう…命ある限り全てのものに感謝し子供たちの笑顔を守り抜く!

被曝によって心筋症が増えることは、すでに常識となっています。セシウムは放射性であろうとなかろうと、不整脈を引き起こす性質が知られています。

土壌のセシウム汚染が相対的に高くない北陸地方の企業の定期健康診断で心電図に異常を認める方が急増しているとの情報もあります。

心臓関係の疾病はまだ増えるでしょう。飲食物経由の内部被曝の回避によほど注意していなければ、すでに5年間食品に含まれているセシウムを体内に取り入れている人が多いはずだからです。

突然死は続きます。これは断言できます。
posted by ZUKUNASHI at 12:07| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。