多くの人で平衡感覚や運動機能に障害が出ている 杖を突く人急増: ずくなしの冷や水

2016年12月25日

多くの人で平衡感覚や運動機能に障害が出ている 杖を突く人急増

杖を突く人、松葉杖の人が急増しています。管理人も外出するたびに見かけます。

横浜でも目撃例が増えています。
2016年12月22日
横浜は滅びるままに そうかも知れません


以下は、2016/5/6に掲載した分です。

ツイッターで見るホームからの転落事例や線路内立ち入りの例が増えているようです。

2016/4分の人口動態は、これまでの発表分では大きく悪化したところは見られませんが、平衡感覚や運動機能に障害が出ている人が多くなっているようです。

杖を突く人が増えているとの観察結果とも合います。

これまでと同じ生活・職業行動を取ることが困難になる人も増えてくるでしょう。

管理人は、運動をつかさどる身体器官の機能面と器質面の両面で障害が生じているのではないかとみています。器質面の変化が生じているとすれば、一定の期間、安静にしたりして改善するということにはならないでしょう。

自動車の横転事故の多発は、タイヤがバーストしやすくなっているということもあるのかもしれませんが、運転能力に障害が出ていることが疑われます。

致命的な疾病による死亡者の増加の前に、通常の生活行動、職業的な労働活動が困難になる人が増えるでしょう。

就業者が労働能力を失えば、定期収入の喪失につながります。

嗜眠性向の強かった人が、その後どうなったか。あまり事例情報がありません。だるい、眠い状態は続いている、あるいは他の疾病に移行したということかもしれません。

若い方に発熱事例が増えているようです。これは、身体の防御機能が働いているということですから、身体はなんらかの脅威を検知しているということになります。

致死性の疾病に至る前に、身体機能が失われたり、身体機能に異常を来たすということのようです。

事故で怪我をする、あるいは身体がガタを来たして通常の生活が営めなくなる。死亡者一人増の陰には、このような方が何人も、何十人もおられるはずです。

死亡者の増加に時間がかかるのはこういう過程があるからなんですね。

※ ****@**** 氏の2016/5/4のツイート
私も今度車椅子でディズニーになりそうなので念のためにRT…!今度医師に障害者手帳が貰えるかどうかも聞いて見ようと思ってます。意識が飛んでる間に線路に転落しかけて慌てて駅員さんに車椅子で運ばれたりと、日常生活に支障をきたしていてちょっと困っているので。
posted by ZUKUNASHI at 15:22| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。