全国で毎月人口自然減2万2千人: ずくなしの冷や水

2016年02月28日

全国で毎月人口自然減2万2千人

全国47都道府県の12ヶ月移動平均出生数死亡数


上の数値を用いて自然減を計算すると次のようになる。最近で毎月の人口自然減22千人。


これからも毎月全国で少なくとも22千人程度減り続けるだろう。12倍すれば、26万4千人。47都道府県で割れば約5600人。たいしたことはない。

だが、新生児には所得がない。高齢者は、非課税の者が多いにしても収入のある者も多い。知人に聞いたが、スポーツカーに乗っているのは、だいたい白髪のおやじなのだそうだ。

そういうおやじがどこかで頑張りすぎてポックリ逝く。人口自然減で一番影響を受けるのは、自治体の独自財源かも知れない。

新聞やテレビの契約も減る。

自然減が加速すれば、影響を受けるところも出てくる。現政権の人口削減政策を誰が歓迎し、支持しているんだろう。
posted by ZUKUNASHI at 00:09| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。