被曝症状は器質的変化を伴い 回復が困難な場合が多い: ずくなしの冷や水

2016年02月27日

被曝症状は器質的変化を伴い 回復が困難な場合が多い

被曝症状の態様については、目立ったものをその都度被曝症状最前線の記事にまとめてきた。それらを大別すると、目下のところ7つ。

1 中枢神経系(転倒・嗜眠性向)
2 血管系(大動脈かい離・くも膜下出血)
3 心筋系
4 がん系(白血病・肺がん・多発がん)
5 甲状腺系(機能異常・がん)
6 免疫系
7 生殖系 DNA異常
 
被曝症状については、不可逆的な器質変化によるものであるとの見解はあまり見ない。被曝すれば細胞内の組織が破壊されるのだから必ず器質的な変化が起きる。

よく指摘されるのは、DNAには修復機能があり、それが正常に修復され細胞を正しく複製するなら元に戻ることも期待できるというもののようだが、そんなに楽観視できるのか、管理人は疑問に思う。

カザフの眠り病の村の情報を調べていて、現地の医師の見解に、眠り病の患者には、脳の腫れや脳浮腫が見られるとあった。専門知識がないので分からないが、脳浮腫の治療は難しいはずだ。

他の中枢神経がかかわっていると見られる疾病、例えば突然意識を失うとかまっすぐ歩けないなどの症状も、単に一時的な機能面の変化だけではなく、器質的な変化を伴っているのではなかろうか。

上に上げた7つの区分で、他のものはもっと不可逆的な器質的な変化が大きいはずだ。

仮にそうだとすると、今すでに被曝症状を示している人は、すでに身体の器官の一部に損傷やそれに伴う機能低下があり、今後それが拡大、悪化していく恐れがある。

放射線宿酔のようなものであれば、放射線の少ないところに逃げてある程度時間が経てば、累積被爆量の増加は別として体調は回復する。

だが、被曝症状のほとんどのものは、そのような一過的なものではない。下にあげた個別の症状については、前兆、予兆ととらえるべきものもあるが、ほとんどが進行性のあるもので、不可逆的だ。

日本に住む人は、ほとんど例外なく被爆量が増大しており、理論に従えば、被爆量の増大に応じて疾病発症のリスクが高まっている。

内外の被曝を通じて被爆量が大きく増大した人ほど、早い時期に発症した。中には身罷ってしまった人もいるということなのだと思う。

食べて応援とか、自殺幇助に近いことが未だに続けられている。死に急がせようとする立場の者から見れば、これから「面白いように」人々が死んでいくことになると思う。

眠くて仕方がないという患者の来訪が多ければ、カザフの眠り病の村の情報を垣間見て関心を持たないはずがないと思う。医師は、知ろうともしないし、ましてや助けようとはしていない。

満床だ、今日も満床だとうれしい悲鳴とも受け取れるツイートを流している病院関係者も多い。

筆者は開業医としか接触がないが、その限られた範囲での印象を言えば、新しい患者が増えて喜んでいることは確かだ。だが、一方で筆者のような生活習慣病の患者がバタバタ逝って安定収益源が失われることに少し不安を感じているというところだろう。

筆者の自己防衛策はとにかく被曝回避。それしかない。

個別の被曝症状
 1 だるい 眠い 疲れやすい、疲れが取れない。
 2 白血病
 3 がん 多発癌、多臓器不全
 4 息切れ 手指の感覚の違和感、息切れ、長引く空咳、頭痛、手のしびれ・違和感、肩こり(特に左肩)、温度感覚の喪失、指先で物がつかめない、心臓の痛み
 5 骨折 手足が軽くものにぶつかっただけで骨折
 6 視力低下 一時的失明 子供の視力低下、老眼の進行、白内障、失明、視野にモザイクがかかる
 7 高熱 微熱 屋外でのクラブ活動、運動の後に発熱、何日も引かない微熱
 8 皮膚症状 湿疹、あざ、ハゲ 湿疹、あざ、ハゲ、ジンマシン、発赤、肌の老化
 9 新生児の奇形汚染地域で多発の情報
 10 寿司、ラーメンで胃腸炎 
 11 被曝の次世代以降への影響 遺伝子の損傷
 12 甲状腺異常・がん 結節、のう胞、甲状腺がん、橋本病、バセドウ病
 13 脳梗塞 手足の痙攣、震え、言語のもつれ、吐き気を伴う頭痛
 15 嗜眠、過眠、傾眠、意識途絶
 16 訪日外国人にも被曝症状
 17 めまい 1ヶ月もめまいで外出できない例も
 18 階段から転落 めまい、意識途絶、バランス感覚の喪失
 19 腸の不調でトイレから出られない
 20 インフルエンザ類似症状
 21 口の中にできる血豆
 22 自動車運転事故 意識喪失、居眠り、横転事故
 23 卒倒 白目 痙攣 中枢神経障害も
 25 吐血、下血。脳内出血により耳や目から出血も。
 27 血管炎で体のあちこちが痛くなる
 28 家の前で倒れていた人が死んでいた
 29 過敏症発症
 30 くも膜下出血
 31 心筋梗塞や動脈かい離、脳梗塞
 33 人食いバクテリアに感染例急増
 34 性感染症が増加傾向
 35 事務ミスが多発
 36 自転車で転ぶ
 40 尿、便の不随意排出

posted by ZUKUNASHI at 23:36| Comment(5) | 福島原発事故
この記事へのコメント
はじめまして、いつも拝見いたしております。千葉市緑区に隣接の市在住の者です。千葉県内でも比較的汚染度の低いほうだと思っておりましたがやはりくるものはくるようです。子供の通う小学校ですがインフルで学級閉鎖が次々に出てましたし少し収まったらおたふく風邪に注意とのこと。とどめが幼稚園の娘が持って帰った頭虱注意の手紙、もはやなんでもありなんでしょう。ウチの子供達もインフルではないのですが高熱をだしてそれぞれ1週間ずつ寝込みました。311直後から水や食料の産地にこだわり続けてましたがこの有様です。因みに子供達と私の甲状腺に膿疱があります。血液は値の悪かった上の子は良い方向に向かっているみたいですが、下の子は反対です。もはやなんとしても移住しかないと腹を括るしかないのです。無知無関心な夫を説得できるかどうかわかりません。一見何も起こらないかのように思われる日常に流されて自分自身を見失いがちですが、それではいけないのです。上の子が1週間39から38℃の熱を出して、実家にあった母方の祖父が祖母に宛てた手紙の中に寒くなってきただろうから子供達が風邪をひかないよう気を付けてというくだりをなぜか思い出しました。くどいほどに書かれてました。自分の子供が熱を出してようやく気付きました。私の子供達は丸々としてますが当時の栄養不足の子供だと風邪はやはり時として命取りになったのではないかと。昔の親の子供への愛情の深さを想い軽率な自分を恥じました。子供は体力が尽きるまで元気なので時として見落としがちですが、白血球数が落ちてきていればただの風邪では済まない場合もあります。昔も今も変わらないのです。思慮深さが足りてませんでした。各々の立場や条件はちがいますが、311以降我家の土壌汚染は検出限界が1bqでNDでこの有様です。言葉もありません。長々と愚痴を書いて申し訳ありません。じつはもう一つ今千葉そごうで九州物産展をやってます。その中の高菜を売っているお店てキムチを買いました。キムチは子供は食べないから白菜がOKならと我慢できずに買いました。そうしたら白菜は自家製のもの、りんごも阿蘇近郊のものだそうです。私はりんごは山口県のを買いますが、九州でもりんごはとれます。果物狩でもやってます。肝心のキムチもおいしかったので、もしよければ如何でしょうか。とりとめがなくなってきました。なんだか突然押し掛けて言いたいことだけ言って去っていくようで申し訳ありません。では体調に気を付けて無理をなさらないでください。
Posted by Uママ at 2016年02月28日 08:52
ずくなし様、いつもブログ拝見しております。数々のデータ有難うございます。
被曝での証拠があるのか、との反論に科学的根拠がある、と言うためにevidenceとしえる
#1IPPNM文献:http://www.ippnw.org/pdf/chernobyl-health-effects-2011-english.pdf
#2NY科学アカデミー文献:http://www.strahlentelex.de/Yablokov_Chernobyl_book.pdf
から各被曝症状の被曝メカニズムを解説させていただきます。


#aまず中枢神経
#1、22pよりHe(Kondrashenko )reported on organic changes to the brain amongst people exposed to radiation. Kondrashenkoは放射線にさらされた人の脳器質的病変を報告した。
#2、108p、21
The cerebral homodynamic disorders are caused by atherosclerotic changes.
大脳の血流動態障害はアテローム性動脈硬化により引き起こされる

他にもevidence満載です、よろしければ後日あらためて記載させていただきます。
被曝である証拠は?といわれたら、この客観的事実をどう判断しましか?論理的にほぼ終結のはずです。
Posted by 被曝を拒否する権利の優勢化を at 2016年02月28日 11:12
被曝を拒否する権利の優勢化を さん こんにちは
大変ありがたいお申し出です。ぜひ、解説をお願いできますか。
投稿記事として、そのまま掲載させていただきます。
ご都合のよい時でかまいませんし、何回かに分けていただいてもよいです。
Posted by ずくなし at 2016年02月28日 11:36
ずくなし様
ご配慮有難うございます。この恐るべき隠蔽の下の事実を予備知識、専門知識なくともぱっと見て解りやすく、かつ客観性を失わないコンサイスなものをまず考えています。

ここまで車両暴走系や心臓突然死系の異常なニュースが報道されている現在ですので、個々人が気づき、イナゴの大群のように皆気づく時点の早期化を目指したいです。少々お時間ください、来週末くらいまでを考えています。

これからも貴重な情報宜しくお願いします。
Posted by 被曝を拒否する権利の優勢化を at 2016年02月28日 19:38
ずくなし様
こんなのを考えてみました


なんか心臓疾患で車両暴走とか、朝起きたら心臓止まってたとか最近よく聞くよね?

チェルノブイリでも車が対向車線から突っこんできて「おそロシア」と言われていたらしいよ。
https://www.youtube.com/watch?v=UwjAH7Lz10U

でも、放射能が原因の証拠ってあるの?

NY科学アカデミーの文献:http://www.strahlentelex.de/Yablokov_Chernobyl_book.pdf
62ページでは
13. In the observation period 1992–1997 there was a 22.1% increase in the incidence of fatal cardiovascular disease among liquidators compared to 2.5% in the general population (Pflugbeil et al., 2006):1992−1997の観察期間中にリクビダートル(原発清掃人)における致死的な心血管疾患の発生率が22.1%上昇した。同時期の一般集団は2.5%増であった。
って書いてあるし
核戦争防止国際医師会議の文献
http://www.ippnw.org/pdf/chernobyl-health-effects-2011-english.pdf
25ページでは
A study by the World Health Organisation (WHO) found a significant increase of heart and circulatory diseases amongst liquidators in the Russian Federation.:WHOの調査ではロシア連邦のリクビダートルにおいて心臓、循環器疾患の有意増加が見られた 
って書いてあるよ。

論破できなければ、あり得るとするしかないでしょ?


以上考えてみましたが、個人的には嫌いではないですけどインパクトに欠ける印象はありますね。

他、これは、と思う記載をまずは
http://www.strahlentelex.de/Yablokov_Chernobyl_book.pdf
のp61以降、5.1.2 cardiovascular diseaseよりひろってみると

Impairment of blood circulation in the brain among liquidators is sometimes de- fined as dyscirculatory encephalopathy (DCE), DCE was found in 40% of the cases of structural brain circulatory disease in Russian liquidators in 2000. This pathological condition is specific for the impact caused by small doses of Chernobyl radioactivity and is not listed in the international classi- fication of illnesses (Khrysanfov and Meskikh, 2001).

DCE:循環不全脳症。器質的脳血管症例の40%に認められた。

そして
a chronic cerebral vascular pathology leading to functional and organic destruction of the central nervous system.:中枢神経の器質的破壊がおきている。以上、引用。以下、考察:であれば意識レベルの低下などをきたし得る、と考えて一般的と推定してよい、と考えます。

そして、
In spite of the fact that the general picture of the blood and circulatory systems is still far from complete, it is clear that one of the common reasons for these functional impairments is radioactive destruction of the endothelium, the covering surface of vessels.
血液、循環器系の機能的障害に共通する原因の一つが、放射線による血管表面を覆っている血管内皮の破壊にあることは明らかだ、とあります。

まずは手始めに、です。
最近は削除されるtwitter,ブログ目立つようです、これもまずそうなら御高配お願いします。
Posted by 被曝を拒否する権利の優勢化を at 2016年03月10日 12:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。