私のPCもあなたのPCも覗かれているはず  中には自分でさらす人も: ずくなしの冷や水

2016年02月21日

私のPCもあなたのPCも覗かれているはず  中には自分でさらす人も

ツイッターアカウントの凍結がよくあるようです。ブログの削除もあるように聞きます。

このような事例で、言論弾圧目的だと怒っておられる方も少なくありません。もちろんそれはあってはならないことですが、筆者は、それは一種の安全弁、アラートと受け止めることもできると考えています。

一番怖いのは、犯罪を告発する準備を進めている場合などに当事者に察知され、ネット上やリアルの世界で尾行され、殺害等を企てられることです。

このようなケースでは、前兆があります。ある者のやっていること、関心を持って調べていることを把握するには、その者のメールやネットアクセス先を調べるのが一番です。昔の盗聴では雑音が入っておかしいというのが発覚の発端でした。今は、ネットに接続したパソコンの動きがおかしいということになるでしょう。

英米当局は「ジハーディ・ジョン」殺害のため「文字通り24時間体制」で協力してきたに書きましたが、11月12日にシリアのラッカで同容疑者が乗っていた車両が「ドローンの攻撃を受け、車両は破壊され、彼も即死した」とISISが発表しています。

この作戦では、米軍と英軍が24時間の協力体制を取り、標的のジハーディストの動きを追うのに携帯電話の電波を追ったとされています。

砂漠が多くて携帯電話の利用可能な地域がどこまで確保されているのか分かりませんが、都市部はネットも携帯電話も使えます。

標的となる者の携帯電話番号を把握できれば、後は高性能の傍受施設があれば、盗聴や傍受は簡単です。携帯電話の基地局とのやり取りでは、それぞれの携帯電話に固有の識別信号があります。

それを標識にして電波を選択受信すればよいわけです。音声を音声に復元し、データはデータとして整えるためには高価な機器が必要でしょうが、受信機械と分析機器があれば、そんなに難しくないでしょう。

何よりも、音声でもデータでもとにかく携帯電話から電波が絶え間なく送られていれば、本人の居場所を突き止めることは可能です。

場所はラッカ、ISISの首都とも言える都市です。携帯は使えます。
車両で移動中です。携帯電話を連続して使うことが多いです。
ドローンは、英軍1機と米軍2機が出動。英軍のドローンは脇役です。米軍の1台が携帯の電波傍受、もう一台が爆撃用ということでしょう。

これから言えることは、日本でも携帯の電波を傍受して分析すれば、メールの内容でもよく閲覧するサイトでも分かってしまうということです。その人がどんなサイトをよく見ているかが分かれば、思想性も当面の関心事項も全部分かります。

ただ、各人が保有するPCの中身まで見るのは、さらに高度な手段が必要で、一般にマルウェアと呼ばれるソフトを標的のPCに埋め込むことで行われています。

管理人は、自分のPCについて、定期的にマルウェアの駆除を行っています。Malwarebytes Anti-Malware という無料ソフトです。毎回ではありませんが、時には駆除すべきマルウェアが数十に上ることがあります。

パソコンの調子が悪い方は、次の点をチェックされることをお勧めします。
@ 特にノートパソコンの場合、ハードディスクの空容量が少なくなっていないか。要らないデータを消します。消せない場合はDVDなどに保管します。その上でハードディスクのクリーンアップとデフラグを行います。

A スマートフォンをお使いの方は、狙われた場合にはどこのサイトを見ているか比較的容易に察知される危険があります。携帯の電波利用は、使用の都度、IPアドレスが変わりますが、最初の接続時から追っていればそのときのIPアドレスも分かります。

B 携帯電波利用と同じで、屋内の無線LANは傍受の危険性があります。屋内はケーブル使用が望ましいです。電波も少なくなります。

C 最近は、ネット上のサイトもびっちり情報が詰まっているものが多く、単にサイトを閲覧するだけで大量のデータを処理しなければなりません。能力の低いPCですとネットを閲覧するのも一苦労です。管理人の使うPCは3年前に3万円で買いました。処理速度に少し不満が出て来たかなと感じています。

D アンチウィルスソフトを常駐させて置くとネット関係の処理速度が大幅に低下することがあります。ネットバンキングなどでハッキングが心配なら常用PCとそういうセキュリティ優先のPCの使い分けも一考かもしれません。

一方、うっかりで自分の秘密を曝してしまうこともあります。

2016/2/20、RTに次の記事が載りました。
‘Quick porn’: Mayor of German town Quickborn accidentally reveals his BDSM taste on Facebook

次の画像は見にくいですが、左から二つ目三つ目のタブは、そのようなページであることが読み取れます。


BDSMとは、 Bondage(ボンデージ、拘束) Discipline(ディシプリン、体罰) Sadism(サディズム、加虐) Masochism(マゾヒズム、被虐)のことだそうです。

自らいろいろな趣味を開示してしまうこともありうるのですね。便利さは、リスクを伴います。
posted by ZUKUNASHI at 10:10| Comment(4) | デジタル・インターネット
この記事へのコメント
今、マルウェアと呼ばれるものの多くは、トロイの木馬の方式のようです。
私は、特定のところからしかメールを受け取っていませんし、ネットバンキングも送金が必要なときにATMから入金するだけにしています。
実生活は、歩行と自転車が頼りのローテク生活で、IT関係も同じです。あまり信用していません。
もちろん、いろいろなサイトを調べますのでその際にマルウエアを拾ってくることはあると思いますので警戒はしています。
パソコンの中の情報は漏れるものだと観念しています。
困るのは、多くの方とメールをやり取りしている場合でしょうか。メールの送信先は、本名を使わないでニックネームか暗号にして、本名や電話番号は紙ベースで管理するような方法も必要かもしれませんね。
Posted by ずくなし at 2016年01月22日 22:30
ツイッターやLINEの乗っ取りも問題になっていますが、一度乗っ取られパスワードを変えられるとほぼ対処不可能になっています。ツイッターは長期間放置すると勝手にブロックやフォローされる事もあるので気をつけた方がいいかもしれません。
Posted by 水源 at 2016年02月21日 21:53
http://ch.nicovideo.jp/overclock/blomaga/ar854159
【OS】Windows10は個人情報データ収集されてるの知ってましたか【何をいまさら】

レノボなどの中国のパソコンやsimejなどの変換ソフトWindows10なども軽く情報をぶっこぬかれてるので、気になる方は注意した方がいいでしょう。
Posted by 水源 at 2016年02月21日 23:36
PC買い換えるとWindows10になってしまいますね。
ロシアが独自のOS開発の動きがありますが、Windows用のソフトは動かないんでしょうね。
データベースソフトも古くなってきましたが、そのうちフリーソフト使ってみようかと考えています。
LENOVO、3万円でこれだけ動くなら情報抜かれても我慢します。
Posted by ずくなし at 2016年02月22日 00:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。