大誤算 静かに病室に消えていくはずの人々が日本では街で次々に倒れ始めた 隠しようがない: ずくなしの冷や水

2016年01月15日

大誤算 静かに病室に消えていくはずの人々が日本では街で次々に倒れ始めた 隠しようがない

チェルノブイリ事故の後、被災地では、がん、甲状腺異常、突然死はもちろんだが、嗜眠性向、転倒(身体不自由)などさまざまな症状が出て、これまでどおりの生活が送れなくなることは、記録を読んで知っていた。

だが、こんなに多くの人が所かまわず寝込んだり、階段やホームで転倒したり、果ては外出先で尿や便を漏らすなどという話は聞いていなかった。

海外の医師も、多くの人が静かに病室に消えていくとは語っていたが、市中でこんな混乱が生ずるとは述べていなかったと記憶する。

ドイツのニュース専門チャンネルn-tvによるデルテ・ジーデントプフ医学博士インタビューから
n-tv:汚染地域で生きること言うことを、どのように想像したらいいのか?
デルテ・ジーデントプフ医学博士:生きるですって? 何よりも人々は死んで行くのです。静かに死んでいきます。主に癌が原因ですが、あらゆる病気で人々は死んでいきます。

福島第一原発事故の被災地は大都市、日本の最も人口稠密な地域を含む。それゆえ、人口密度の低い田舎なら目につきにくいことも人の目にとまる。もともと、被災地の日本人が日ごろ緊張度の高い生活行動、社会活動をしていたこともあるのだろう。

このように被曝症状が大都会の衆人環視のもとで多発するとは、当局は考え及ばなかったのではないか。

放射性物質の放出量も内輪に、空間線量率を測るMPの値はいろいろ細工をして低く表示する、陰膳調査の放射性物質濃度は低く、疾病統計は公開取り止めも辞さない姿勢で、マスコミも巻き込んで隠蔽、矮小化作戦を進めてきたが、とんだ落とし穴があった。

このまま健康被害が顕著になり、表面化すると、あんなに汚染は少ない、10ミリシーベルトまで許容範囲とか言っていたのに、この健康被害はなんだ、当局発表の汚染、被曝状況でこんなに被害が出るのか!

当局が故意に汚染実態を隠蔽、矮小化していたのではないかとの疑念が高まるし、そこまで思い至らない人でも、健康に影響はないと言われていた被曝レベルでもこんなに死ぬ人が多いのか、という受け止め方になるだろう。

前者のような認識は、福島第一原発事故当初からあり、すでに5年近く批判を続け、自己防衛を呼びかけている人もいる。それに耳を傾けなかった人も多いが、そういう人達の中には、人工放射性物質による内部、外部からの被曝は、当局が少ないと称するものですら恐ろしい健康被害を生む、という理解が広がるのではなかろうか。

次のツイートは、いいところを突いている。

※ 【内部被曝を防ぐN95マスク必要!!】 ‏@k2cyan 氏の2016/1/15のツイート
徐々に、静かに黙って東京から、避難して欲しんのかもしれない
このままだと、国側も、とんでもない史上最悪の大量殺人になることにやっと気づきだして、ビビり始めてる感じもするね。
4000万人被曝わざとさせて、殺したとなったら
いくらなんでも、海外に逃げたところで何時かは捕まる

だが、管理人は少し違う見方だ。当局や推進側にビビッている暇はない。最後まで隠蔽を図ったあげく、どんどん被害者が減っていくのを待つ持久戦、消耗戦に持っていくはずだ。

もちろん中には姿をくらます人も増えるだろう。ナチスの犯罪者が南米など世界の辺鄙な場所に逃げて隠れていたように。

へたに自らの罪を認めたりすれば、彼ら自身が消されることになってしまう。

日本人が、自らの歴史的な選択の誤りによって多くの犠牲者を出し、それによって歴史に残すことができるものがあるとしたら、核に手を出してはならないという当たり前の教訓を世界の人に訴える悲惨な体験だけだ。

※ クレア・アンジェラ ‏@kurararan 氏の2016/1/15のツイート
@hunterkani こんにちは。国は首都機能麻痺を想定して、着々と準備中かもしれません。
最近のニュース。消費省⇒徳島移転、文化省⇒京都移転。国土交通省と防衛省も移転計画中。(文科省の京都移転の話もあった・・)
全部西ですね。
posted by ZUKUNASHI at 16:09| Comment(2) | 福島原発事故
この記事へのコメント
初めから解つていたことです。今も日本人は、毎日放射能を体にいれています。破滅です。地獄です。
Posted by 西 亨 at 2016年01月16日 09:53
> 放射性物質の放出量も内輪に、空間線量率を測るMPの値はいろいろ細工をして
> 低く表示する、陰膳調査の放射性物質濃度は低く、
> 疾病統計は公開取り止めも辞さない姿勢で、マスコミも巻き込んで隠蔽、
> 矮小化作戦を進めてきたが、とんだ落とし穴があった。

私も、各種病症の患者統計は、いろいろと、取得条件を変えて、公表しているか、
公開しない・公開させないか、をしていることに、1年半くらい前に気づきました。
福島の汚染がれきを大量に受け入れた石原慎太郎(その後、定量的なデータはこっちも持っているが、東京の健康状態は、どうなったか、都内での電車や道路での景色がどうなったのか、既に引退してしまった、奴に聞きたい?人を深刻な汚染被害に巻き込めば、引退も何も、無い・むしろ、再度引きずり出されるべき事であるとは、石原自身が、じゅうじゅう知るべきだ)の息子がいた、環境省を中心に、空間線量率を測るMPの値はいろいろ細工をして低く表示していることも、報道で、2年半くらい前には知っていた。
どうでしょう。
原発を爆発させた人間が、推進犯やその教唆犯も含めて、一番悪いのも事実だが、
こう言った、線量を1/2くらいに改ざんしたり、故意な病症へのカウンティングへの条件変えをしたり、311前ならば、コンスタントに出していた、事故後数年でいきなり患者数が増えたということで、慌てて、国民の前に、医療統計を目隠しさせたりする連中は、その教唆犯、及び組織の長含めて、
早めに、収監して、全員、終身刑にしてあげた方がいいと思います。
だって、こう言う愚かで、危ない行為をすることで、
どれだけ、今まで、わが国で犠牲が出ているか知れません。
数十万人?それとも百万人?
これ、大量殺人じゃないか?!
オウムが放射線物質と同様なもう毒物、サリン撒いたことよりも、たちが悪い。
「福島第一原発事故の被災地は大都市、日本の最も人口稠密な地域を含む。
 それ故、人口密度の低い田舎なら目につきにくいことも人の目にとまる。
 もともと、被災地の日本人が日ごろ緊張度の高い生活行動、
 社会活動をしていたこともあるのだろう。
 このように被曝症状が大都会の衆人環視のもとで多発するとは、
 当局は考え及ばなかったのではないか。」
でしょうね。まさか、東京まで、と言う腹が、
野田政権・安倍政権ともにあったのでしょう。
でも、実際には、3基、フクシマが爆発した時、
風の向きで、荒川・足立や練馬など、濃度が濃いものが飛んで来ている
訳だし、前記石原は、他の地方が、受け入れてせいぜい1万tであったにも
かかわらず、放射線医師でも放射線技術者でもない、
単に文化系の彼は、人の健康・命に及ぼす影響を一切検証もせずに、
都内に、50万tも、汚染がれきを受け入れて、そこで処理させた。
これで、決定的じゃない。
だから、早めに犯人、および推進犯・教唆犯が、自首すれば、
終身刑は若干減刑されることにはなろう。これから、本人たちの住処を
拘置所→刑務所に選んだ方が、仲間には消されずに、より身柄の安全は
確保されると思うが。
我々国民から血税取っておいて、未だに、健康被害を否定するつもりなのか、
「放射能は身体にいい」などとほざいている安倍政権、
息子の方は、同様に我々国民から血税取り、未だに国会議員をやっている、
石原父子に、心底、腹が立って来た。
何も、知らされずに、国内でも低線量地帯から、
千葉・都内への高線量地帯に、働きに行った、私の友人が、どれだけいることか。
本当、今、寝心地がいいと思うが、
こんなの、無反省にも再稼働しようと言っているくらいの彼らに、
被害者・遺族から集団訴訟が、怒り・憎しみから、
各地で勃発しても、まったく不思議ではないのでは?
でなけりゃ、日本人は、皆、自殺願望があるんですよ。
「国に殺されるなら、本望。勲章モノ」と。
その場合は、実に、奇特。
非情かつすっとぼけた顔して、「問題ない。」で済まされる問題か?!
世の中で起きていることに、目をパッチリ開けて見るために、
「顔、洗って来い!」と言う問題である。
Posted by 浮き船 at 2016年01月17日 08:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。