エビ寿司が光る キュウリの塩漬けが光る 光る光る日本のハイテク食品: ずくなしの冷や水

2016年07月02日

エビ寿司が光る キュウリの塩漬けが光る 光る光る日本のハイテク食品

※ B・F・ビーフ(苔) ‏@NeGi_yarou 氏の2016/1/3のツイート


※ 名無しさん@おーぷん:2014/07/30(水)22:04:10 ID:cpgEyyFUO(主) ×
今、気がついたんだがキュウリの塩漬けが青白く光っている・・・
因に、部屋の明かりをつけていても、消しても光っている
同じ経験した事ある奴いる?


※ 読者の高橋さんからのコメント
愛知在住 麹使って きゅうりの塩漬け作る ( 無農薬野菜 、自家菜園 )と1-2日すると、ちょうど写真のようにボーっと光ります

机の上の空 大沼安史の個人新聞 2016/7/1
フクイチ・スーパー核惨事 人体が放射化した〕★ 2011年の「3・11」後、フィリピンに避難してきた千葉県の主婦をボランティアで被曝治療した日本人医師は、治療前、机をはさんで主婦と話をした際、「甲状腺付近に絶えず感じる鈍くて重い頭痛」に苦しんだ。主婦は「感覚的放射化」レベルが、およそ6〜7mもあった。主婦の血液を観察した医療スタッフは唖然とした。放射化し強く発光していた(写真1)。

※ 椰子の木さんから
昨年、カルフォルニア州で捕獲された野生のイノシシ。解体したところ、肉が不気味に青白く光っていたそうです。写真がネット上でupされています。昨年、一部で話題になっていたようですね。

・・・・・

「いただきます」は、電気を消してから!

キュウリの塩漬けは、漬けてから当然何日か経過している。これの添加物は塩だけだろう。エビ寿司は、購入から2日程度経過している。酢と砂糖と塩。米が光っているのでは?

時間が経つと発光するらしい。ということは、化学反応だ。もし、これが放射性物質によって生じているのなら、作り立てを食べるのを止めて2日冷蔵庫に置いてから食べる。光ったら捨てるという選別が可能なのだが。

もともと有機物は微弱な光を発しているのだそうだ。食品の品質変化を発光量によって測定しようとする研究成果もある。
食品からの微弱発光を利用した品質評価技術(独)農研機構 食品総合研究所 食品工学研究領域 反応分離工学ユニット・宇都宮大学 農学部 農業環境工学科 生物環境調節学研究室

この論文に、「香辛料の放射線照射履歴の検知法には,熱ルミネッセンス(Thermoluminescence, TL) 法や光ルミネッセンス (Photostimulated luminescence, PSL)法などの発光計測法がある。国内でも,TL 法が照射食品検知の公定法(通知法)に採択されている。
TL 法,PSL 法とも食品自身ではなく微量に含まれる鉱物が発光する。放射線照射により,鉱物内の結晶構造内に準安定状態エネルギーが蓄えられる。そこに,熱あるいは光で刺激(励起)をすることで,トラップされている放射線由来のエネルギーは光として放出される。」とある。

通常、食品から発せられている微弱発光は、肉眼では見えない程度の強さのようだ。上の画像のように肉眼でも明らかに見えるのは、異例だ。ガンマ線などの照射量が多かったか、食品の中にガンマ線源やベータ線源があり、そのエネルギーが食品内部に溜って発光現象によって放出されていると見ていいだろう。

このような強い発光現象のある食品は食べないほうが良い。

今人気があるらしい塩麹、麹の材料はコメ。汚染が少ない米を選んで使っているとは思えない。
posted by ZUKUNASHI at 10:41| Comment(5) | 福島原発事故
この記事へのコメント
愛知在住 麹使って きゅうりの塩漬け作る ( 無農薬野菜 、自家菜園 )と1-2日すると、ちょうど写真のようにボーっと光ります
自分んも他の方のブログみて、怖いな!放射のか!とびびってましたが、多分 きずいてないだけで意外になってるのでは?
Posted by 高橋 at 2016年01月05日 16:20
こんにちは 高橋さん
愛知県で無農薬、自家菜園のきゅうり。
麹を使ってということは、塩麹ですね。
ガンマ線源はそう多くない地域だとすれば、ベータ線も発光のエネルギー源になっているようですね。
塩は鉱物ですから、他の鉱物がなくても発光のメカニズムは働きえますね。
まず確実でしょう。
今度試してみます。
Posted by ずくなし at 2016年01月05日 17:38
先日、仕事をさぼってボーっとネットサーフィンをしていたら、偶然以下の情報に辿り着きました。
http://onikowa.com/wonder/5795/
https://www.youtube.com/watch?v=S-0iM2oE658

昨年、カルフォルニア州で捕獲された野生のイノシシ。解体したところ、肉が不気味に青白く光っていたそうです。写真がネット上でupされています。昨年、一部で話題になっていたようですね。

それからカルフォルニア州の直ぐ北側、ブリティッシュコロンビア州(カナダ)でも、青く変色した顔の熊がビデオ撮影され、YouTube上にupされています。
https://www.youtube.com/watch?v=ReRjmUD7xU4&feature=youtu.be&t=3

どちらも太平洋沿岸、そして野生動物というのが、非常に気になります。この日記で紹介されたのと同じ原因で変色したのかという可能性はありますでしょうか?すぐなしさんの御意見をうかがいたいです。
Posted by 椰子の樹。 at 2016年03月02日 04:09
すごい色ですね。何かの物質が脂肪に溜って青く発色している。そんなふうに感じました。きゅうりや寿司の発色とは違うように思いますが。
Posted by ずくなし at 2016年03月02日 09:52
放射線はいろいろな物質を通過するたびに、新たな低いレベルのエネルギーをもつ放射線をたくさん生成するため、とうとう可視光に近いところまでの電磁波を生成すると、とうとう人間の目でも見えるようになるのでしょう。これにはたくさん放射性物質が含まれているという証拠かも。キノコもけっこう発光するものもありますね。
Posted by white at 2016年07月03日 05:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。