2020年東京オリンピック開催に反対します: ずくなしの冷や水

2016年01月04日

2020年東京オリンピック開催に反対します

日本では、放射能汚染食品が流通しているために、来日した外国人や海外在留邦人が体調を崩す例が少なくありません。

来日した外国人に汚染食品を供するのは、もてなしの精神に根本から反します。

山口県で開催のスカウト世界大会参加のスウェーデン人ら、髄膜炎に罹患の可能性

2012年秋に3ヶ月間来日した米国人留学生の被曝体験



環境や食品の放射能汚染の実態を隠したまま、東京で、日本でオリンピックを開催すべきではありません。

・・・・・

2016/1/4、NO NUKES氏から次の投稿が寄せられた。引用開始。

いつも貴重な情報ありがとうございます。

東海アマ氏らが指摘している「2016年問題」が発生するのはこれまでの国内外の様々なエビデンスから確実だと思います。

東京オリンピックの主要目的の一つとして、この問題の隠蔽および時間稼ぎがあると思います。引っぱるだけ引っぱり、次のシナリオに移行するつもりだと思います。

日本政府の今後の予想行動として、
(1)偽旗作戦を行う。内容は国内の核関連施設に対するテロ攻撃またはスーツケース核爆弾等による攻撃。「犯人」はISISや北朝鮮等。場所は関東か東北南部。偽旗なのでテロ攻撃を本当に起こす必要は無く、国民から見て、あったことにできれば良い。
(2)これだけの規模の偽旗作戦は日本政府だけでは無理なので、当然アメリカ(およびイギリス・イスラエル等)との共同作戦となる。これらの国はISISや北朝鮮を実際に動かしている(影響力を持っている)国でもある。
(3)核事故や核攻撃によって大量の放射能汚染が関東・東北南部に発生したことにする。予定通り東京オリンピックは中止・返上。2016年以降に確実視される福島原発事故の影響による大量死・病人大発生の理由を、偽旗テロ攻撃に転嫁し、国や原発村は福島原発事故の責任追及から逃げ切る。

・・・引用終わり・・・

このよう陰謀は、管理人も想定しうると考えます。「偽旗なのでテロ攻撃を本当に起こす必要は無く、国民から見て、あったことにできれば良い。」 確かに。

F1の地盤沈下などが進行していますから、例えば、建屋の倒壊などがあれば、それをテロによるものだとすることもできます。アンダーコントロールがアウトオブコントロールになったのは、テロのせいだ。テロさえなければ収束できて健康被害は生じなかったと言うわけです。

MPの操作は容易です。衛星写真はGoogleに公表を止めさせれば良い。計画停電ではなく、警戒のための屋内退避を半日程度命令すれば、国民の頭にはしっかりと定着しますね。

(初出 2016/1/2 追記 1/4)
posted by ZUKUNASHI at 10:37| Comment(4) | 福島原発事故
この記事へのコメント
初めてコメントします。
一年ぶりに関西から東京神奈川に遊びに来ましたけど、すぐに鼻血が出ました。その後に扁桃腺が腫れて喉から少し出血しています。
オリンピックを辞退するのは難しいかもしれませんが、誰も来てくれない、というのはあるかもしれませんね。
Posted by KM at 2016年01月02日 20:44
ずくなし様、つたない文章を取り上げていただき恐縮です。
ご解説ありがとうございます。なるほど、偽旗作戦を仕掛けるには好都合の状況が揃っているということですね。
このようなシナリオを書き込むことで、原発推進サイドを牽制する効果があるのではと思い、書かせていただきました。
私は3年前に妻と二人で東京から福岡に脱出することに成功しましたが、
こちらも玄海原発が近く、気を抜けません。
ずくなし様もどうかご自愛くださいませ。
Posted by NO NUKES at 2016年01月04日 22:58
東京オリンピックは、日本から辞退する・しないよりも、
IOCから、あと2年ほどで
「日本は、スポーツマンシップを以て、5輪を降りなさい。」
「それよりは、原発事故の後始末を
 他国にSOSを求めてでも、工法・医療の両面から早くしなさい。
 放射能は、世界に広がる一方であり、
 多くのアスリート・世界市民を傷つけることになので。」
と言われ、辞めさせられるのでは?
(アジアの他の都市でやってくれと)
どれだけ言い繕っても、やがては、
事故現場も未修復だし、健康被害も増大しているのが、
彼らにも、バレるのでしょう。
安倍は、誘致の時、1国の首相のくせに、
”アンダーコントロール済み”などと、
世界に向けて、嘘など付かなければよかったんですよ。
(そこまで、日本の地位を下げてまで、開催権を取って欲しくは無かった。
 スポーツの祭典など、セシウム137とストロンチウム90の半減期が
 終わって、みんなが健康になった時に、いつでも禍根なく出来る)
それを言い切った以上は、
以降は、現実を隠さないといけなくなり、人的犠牲を増やすだけなのだから。
Posted by 浮き船 at 2016年01月05日 04:13
ちなみに、今、日本では、国際貢献絡みで年間1000人くらいが、海外に出ていて、2〜3年の向こうの仕事での経験を経て、ほぼそれと同数の1000人くらいが、日本に戻って来ているのですが、戻って来た人のうち、10%くらいの人は、帰国後健康を害しているのだそうです。飛んでるモノの濃度が薄い所から、濃い所に入った時の、当然の身体の反応でしょうね。そう言う意味からも、モノの物理学的半減期(ヨウ素などは別にして、猛毒物の主成分は29年くらいはかかりますからね)も終わっていないのに、事故後僅か9年で、5輪を強行しようとすること自体、海外からのお客様への”おもてなし”、処か、世界のアスリートも含め、その方々の健康・命の事を”思ってなし”と言うか、虐待になるのではないかと思われますが。もっとも、その観客が、全体の10%ではなく、残り90%に入っていたとしたら、こう言うことは、実に些細なことで、どうでもいいことなのでしょうが。
Posted by 浮き船 at 2016年01月05日 04:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。