シリア情勢 33 トルコの行状暴露が一気に進む: ずくなしの冷や水

2015年11月28日

シリア情勢 33 トルコの行状暴露が一気に進む

RT2015/11/24
CNN has come out with a new definition of Islamic State leaders. Kalashnikov-wielding militants who cut off captives' heads, trade slaves and whose hate speeches promise jihad against the whole world are now called “officials”, according to the network.
“US intensifies search for ISIS officials,” says an on-screen title of the report by CNN's Barbara Starr released on Monday. The first shot in the report shows us Abu Bakr al-Baghdadi, the Islamic State leader who has recently ordered attacks on the anti-IS coalition. He is apparently the main IS official, according to CNN.

笑い話のようだが、米国は当局もメディアも混乱している。

米国は、先にドローンを使って英国人テロリストを殺害したと発表している。殺害を実行できたのかは確認されていないが、殺害行為に踏み切ったのは、米英に不都合な事態が生ずる恐れが高まったからだ。

シリア難民の流入に加え、ISISがパリなどでテロを起し、ISISを退治すべきとの声が欧米で高まっている。同時にISISを育ててきた国の責任も問われる。ロシアは資金援助をした者の情報を持っている。

米国の戦争屋は、ISISに大金を投じてきたのに見捨てるのは惜しいが、かと言ってISISが崩壊し、内部事情に詳しい者からこれまでの経過を洗いざらいぶちまけられるのはなんとしても阻止したいというところだろう。内幕曝露本を書ける者が生き残っては困るのだ。

上のCNNのニュースからすると、米国当局はバグダーディを探しているという。それはおかしな話だ。米国戦争屋とバグダーディはホットラインが出来ているはずだ。

2015年11月19日 シリア情勢 24 シリア・ISIS問題で西側諸国に勝ち馬に乗れ現象? に書いたが、バグダーディがやられたときが最終的な転換点になる。ロシアの情報網では把握されているのではないか。そうだとすれば、バグダーディはイラク領内にいる。アフリカ北部に司令本部が移ったとの説もあるが、そんな危険なことはしないだろう。

RT2015/11/26
A Turkish convoy, which according to some reports was transporting weapons to terrorist organizations, has been hit by apparent airstrikes in northwestern Syria.

Footage released online by the Istanbul-based Humanitarian Relief Foundation (IHH) shows plumes of smoke from the burning trucks and people running about in panic. At least 20 trucks were engulfed in flames.

The mission, however, wasn’t sponsored or organized by the IHH, the group said. No organization has as yet confirmed that the convoy belonged to them.

At least seven people were killed and 10 injured in the incident, according to the Turkish Anadolu agency. The trucks were reportedly heading to the town of Azaz in northwestern Syria.

Islamic State’s daring and impudent oil smuggling into Turkey should become a high-priority target in order to cripple the terrorist group, President Putin said, backed by French President Francois Hollande. Both agree that the source of terrorist financing must be hit first and foremost.

RT2015/11/26
Commercial-scale oil smuggling from Islamic State controlled territory into Turkey must be stopped, Putin said after meeting Hollande in Moscow.
“Vehicles, carrying oil, lined up in a chain going beyond the horizon,” said Putin, reminding the press that the scale of the issue was discussed at the G20 summit in Antalya earlier this month, where the Russian leader demonstrated reconnaissance footage taken by Russian pilots.
The views resemble a “living oil pipe” stretched from ISIS and rebel controlled areas of Syria into Turkey, the Russian President stressed. “Day and night they are going to Turkey. Trucks always go there loaded, and back from there – empty.”

RT2015/11/26
Turkey risks provoking next world war – Iraq’s Vice President Maliki

Turkey could bring the world to the brink of the next global conflict, Iraq’s vice President Nuri al-Maliki said in the wake of the downing of a Russian bomber by Turkish air forces.

"Erdogan's double standards and aggressive policies are threatening a new world war," al-Maliki said in a statement as he criticized the policies of the Turkish president, Recep Tayyip Erdogan, AFP reported.

The Iraqi politician, who is a former prime minister of the country, also accused Turkey’s leader of hypocrisy as he commented on Turkey’s claims of a short violation of Turkish airspace by the Russian warplane which was downed by the country’s air forces.
"Erdogan claims that a Russian aircraft entered Turkey's airspace for a few seconds, forgetting that its own planes violate Iraqi and Syrian airspace every day," al-Maliki said, as quoted by AFP.

Iraq has repeatedly accused Turkey of aiding the rise of terrorist group Islamic State. However, it is not the only country that has lashed out at Turkish policies following the incident with the downed Russian military aircraft.

The incident has also provoked a wave of indignation in Greece, which claimed that Turkish warplanes violated Greek airspace almost on a regular basis with 2,244 breaches in 2014 alone.

jp.sputniknews.com 20151127
トルコのエルドアン大統領は「自分はプーチン大統領に対し、30日にパリで会談する事を提案したが、ロシア側から今のところ回答は届いていない」と述べた。
パリで30日、気候変動問題に関する国際会議(COP21)が開かれる。フランス大統領府の発表では、世界138カ国の国家元首及び首相が参加する予定だ。先にロシアのウシャコフ大統領補佐官が伝えたところによれば「プーチン大統領は、会議開幕日に演説する」。
昨日トルコのエルドアン大統領は、フランスのTV「France 24」のインタビューに応じた中で「私は、プーチン大統領に対し、30日にパリでの会談を要請したが、その回答を今のところ受け取っていない」と述べた。

sputniknews.com/middleeast/20151127
The Syrian army has thwarted terrorists' attempt to counterattack near Palmyra as it continues its offensive south and east of the western province of Homs, the Syrian army spokesman told reporters.

“The Syrian armed forces are advancing on the enemy south and east of Homs and have inflicted heavy losses on terrorists who tried and failed to counterattack north of the city of Attamsi, and southeast of Yul-Sahri near Palmyra. Many ISIL terrorists were killed and a number of their machine gun trucks were destroyed,” Brigadier General Ali Mayhoub said at a news briefing in Latakia.

jp.sputniknews.com/opinion/20151127
トルコがシリアにおける作戦を理由にロシアに仕返しをしたのは、トルコ政権自体が「IS(イスラム国)」と結びついているからだ。シリアのオムラン・アズズオウビ情報相は、リアノーボスチ通信からのインタビューにこう答えた。
アズズオウビ情報相は、「生還したロシアのパイロットが語るように、シリアの領空にいた航空機に警告も発せず攻撃したという事実は、今回もトルコが虚言を吐いていることをはっきり示している。トルコは当初、10回も警告を発したと発言し、その後の声明では航空機はトルコ領空を17秒間飛行していたと語った。17秒間で10度の警告など発することは不可能だ。これは技術上、どんなにしても不可能だ」と語っている。
アズズオウビ情報相の考えでは、トルコはシリアでのロシアの軍事作戦がこの地域のおけるトルコの権益を阻害していることに憤慨し、ロシアに仕返しをしている。
「トルコはロシアの行為に苛立っている。なぜならISはトルコ政府と緊密な関係、緊密な経済関係をもっているからだ。
これを裏付ける証拠は多数ある。
第1にシリアにいてIS側で戦う外国人傭兵の大多数はトルコ領内から入っている。トルコ政権の助けなしにこれだけ多数の武装戦闘員が国境を越えられるとは信じがたい。
第3にトルコはシリアのアレッポの工場を盗んだ。これはアレッポの設備、生産、歴史遺産だ。トルコはパルミラ遺跡の強奪を幇助し、シリア産石油を何百台ものタンクローリーで盗み、今も盗み続けている。その石油はすべてトルコのエルドガン大統領の息子の所有する企業に供給された。
このことからトルコは、ロシアがISのインフラへの攻撃を開始し、石油を積んだトラック500台以上を破壊したとたん、神経を尖らせ始めた。これはエルドガン氏と彼の会社の神経にかなり強烈に触ったのだ。彼らは石油を運び出しているだけではない。小麦も史跡物も持ち出しているからだ。」

RT2015/11/27
Russia is suspending its visa-free regime with Turkey from January 1, 2016, Foreign Minister Sergey Lavrov said. The announcement comes in response to the downing of a Russian warplane by the Turkish Air Force earlier this week.
“We have decided to suspend the visa-free regime between Russia and Turkey. This decision will come into force on January 1,” Lavrov said on Thursday, after a meeting in Moscow with his Syrian counterpart Walid Muallem.
Visa-free travel between Russia and Turkey was introduced in April 2011 following an intergovernmental agreement.

RT2015/11/27
847 shotguns seized in Italy en route from Turkey to Belgium
A large cargo of shotguns without transportation permits has been seized by the Italian police at the Port of Trieste. The 847 Turkish-made Winchester shotguns worth about €500,000 were on their way to Belgium.

The weapons were declared along with other cargoes destined for Germany and the Netherlands on a Dutch-registered truck driven by a Turkish citizen. Gun shipments from Turkey are nothing new in Trieste, but this time the shipment was missing a key document: authorization for transportation in the EU.
The shipment consisted of 847 pump-action Winchester shotguns: 781 SXP 12-51 and 66 SXP 12-47 models, La Stampa reports.
“A major seizure,” the chief prosecutor of Trieste, Carlo Mastelloni, commented, stressing that the Guardia di Finanza (Financial Police) “have done well for encouraging controls in the port, a sensitive area that affects business in the commercial city of Trieste.”

Given the terror threat in Europe, the seizure in Trieste has drawn “an extremely high level of attention," said Lieutenant Colonel Gabriel Baron, commander of the Guardia di Finanza in Trieste.

Following the seizure, Trieste’s public prosecutor accused the Turkish exporter of unauthorized weapons’ trading.

The port in Trieste remains one of the largest gateways for European trade with Turkey.

“At this time we work as closely as possible on what passes through the port, which records 250,000 cargoes annually to and from Turkey,” according to Nicola Palladino, head of Trieste’s anti-fraud office.

This is not the first time European law enforcement has seized a shipment of Turkish-made weapons.

In September, the Hellenic Coast Guard of Greece intercepted two sea containers loaded with some 5,000 pump-action combat shotguns and nearly 500,000 rounds of US-made 9mm ammo, on the Haddad I cargo ship off the port of Heraklion in Crete.

RT2015/11/27
Turkish F-16 attacked Russian Su-24 without warning, both were above Syria – commander

BBC2015/11/27
トルコ戦闘機によるロシア攻撃機撃墜を受けて、トルコのダウトオール首相は政府として「緊張関係を静めるため、ロシアや同盟諸国と協力していく」と英タイムズ紙への寄稿で表明した。
ダウトオール首相は、過激派勢力「イスラム国」(IS)との戦いが最優先事項だと強調した上で、トルコは領土を守る必要があるとも書いている。
「トルコ領空で正体不明の航空機を撃墜したのは、特定の国に対する行為ではなかったし、今後もそれは同じだ」とダウトオール首相は書き、「トルコは既存の交戦規定にもとづき行動した」と指摘。さらに「自国領土を守るための手順は変わらない」と付け加えた。
その一方で「必要な協議が行われている」とも強調した上で、首相は国際社会はIS掃討のために団結する必要があると呼びかけ、ISとの戦いを前に国際社会が「内輪で対立」してはだめだと指摘した。
トルコ戦闘機が24日にシリア・トルコ国境上空でロシアのSu-24攻撃機を撃墜したことで、ロシアの操縦士1人と捜索任務の海兵隊員1人が死亡している。トルコ軍は、ロシア機がトルコ領空に侵入してから17秒後に数回、領空侵犯を警告したと主張しているが、無事脱出した副操縦士は警告はなかったしシリア領空を出ていないと力説している。
プーチン大統領は「深刻な影響が出る」と警告し、制裁措置の実施を予告。トルコのエルドアン大統領が「もしロシア機だと知っていれば、違う形で警告したかもしれない」と発言したことに対して、ロシア機と知らずに撃墜したなどあり得ないと反論している。
一方で訪仏中のプーチン大統領はオランド仏大統領と会談し、過激派勢力「イスラム国」(IS)と戦うための協力強化を約束した。
posted by ZUKUNASHI at 00:09| Comment(0) | 国際・政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。