今の日本社会のファシズムを 25年前に予見していた人もいた: ずくなしの冷や水

2015年11月19日

今の日本社会のファシズムを 25年前に予見していた人もいた

2015/11/19に寄せられた投稿を掲載する。引用開始。

私の亡父は、40年近く大学で工学系の学生を教えてきましたが、今から25年程前、いつになく真剣な表情で私に、「今の学生のような若者が社会の中堅になる頃、日本は恐ろしい社会になるよ」と言い、私がその言葉の真意を掴めずにいると「ファッショだよ。ファッショ!ファシズム!!」と言いました。

父は、理工系の学生こそ、歴史や哲学、倫理を学び、人間にとって豊かさとは何か、日本人にとっての豊かな暮らしとはどのような暮らしか、その為に自分の知識・技術をどう活かすか、を探求し続けることが重要と言っていました。そして、それらの探求を通して、プロとしての自分のあり方を明確に方向づけていないと、武器開発のように、自分達が持つ知識や技術を「人間を不幸にする為に」使ってしまう、とも。

そして父は、学生を頻繁に自宅に招いては、お酒を酌み交わしながら「人間にとって豊かさとは何か、豊かな暮らしとはどのような暮らしか」等、学生達と盛んに議論をしていました。

私が小中高生の頃(数十年前)は、学生達の議論も活発で、手料理でもてなす母の手伝いをしながら、子供心に、様々な意見が飛び交う場のエネルギーを感じたものです。

そんな学生の質が年々変わり、父が言うには「議論ができない。議論よりも何よりも、自分の意見が無い、何かを深く考えられない、考えてみようともしない。自分で調べず、人にも意見を求めない。何も言わずに済むように、他者と目線を合わせない、意見を促されると黙る」学生が増え始め、25年前頃には、父が誘っても会食にも来なくなりました。父が年を取り、学生にとっては自分の祖父のような年齢の教授の家に行くことに躊躇もあったのでしょうが・・・。

父が恐ろしいと感じたのは、大教室での授業中、学生に質問しても誰も意見を言わないのでYESかNOか挙手を求めた時、皆が周囲の気配を探って手を挙げようか様子見をし、学生数人がさっと手を挙げたら、他の学生が一斉に挙手した時だそうです。

周囲の様子を見て挙手した学生に、何故挙手したか尋ねても明確な答えが無く、反論や異論を求めても一同押し黙ったまま。学生達は早く別の話題に切り替えて欲しいらしく「何もなかったかのように」振る舞うことに、父は得も言われぬ気持ち悪さを感じたとのこと。

周囲の大勢に従うことが重要で、その根拠や真偽を自分で判断することなく、全く無批判に自分から大勢に従ってしまう彼らを見て「誰か強く持論を主張する人物やグループが出てきたら、一気にファシズムに進むよ。このままじゃ、〇〇(私の子供、父にとっての孫)が社会人になる頃、日本はファッショになるよ。そうなったら特定勢力のやりたい放題、大変な事だよ」と。

こうした学生の質的な変化は、父以外の教授も気づいていました。偏差値が結構高い大学で、受験の為の勉強には長けていながら、自分の意見が無い「空っぽ頭」、ゾンビのような学生達を教授達は気味悪がり、どうやって「自分で調べ考え自分の考え・意見が持て、他者と意見交換できる人」に変えられるか試行錯誤しながらも、なす術が無いまま社会に送り出していたのだと思います。

父は、私が小学生の頃から「日本の政治は金と浪波節で成り立っている。この民度の低さを良く見ておきなさい。」と、選挙活動で有権者に向かって土下座をする候補者を映し出すテレビ映像を指さし、「今の日本には愚かな大衆を作る教育ばかりで『市民』を育てる教育が無い。自己規範が作れないから節操が無い。時流や気分に流される浮草だ」と嘆いていました。

戦後の日本の教育は、国の経済が急成長する時には奏功したものの、その間に、無批判・無節操に大勢に従う、というメンタリティを大多数の国民が習性として身に着けてしまい、原発事故以降には、それが権力者・利権者側にとって絶好の「やりたい放題」環境を作っているように感じます。

このブログを御覧の皆様は、自分で調べ考え、他者と意見交換し、多面的に検討して行動する、いわば、日本での絶滅危惧種かもしれません。 今の日本社会で、大勢に依存・同調せずに自分で調べ考え、方策を検討・選択して行動すると孤立することが多く、そういう自分でい続けるのは、勇気とエネルギーが要りますね。

私は、周りの人達が、自分と同じ姿形をしていながら全く話が通じないゾンビのように感じ、その人達の中にいると、正誤が真逆な「アベコベ世界」にいるようで眩暈がしてきたり、強い孤立感を抱きますが、その度に、このブログをエネルギーチャージの場にさせて頂いています。

・・・・・

上の投稿に早速コメントが寄せられた。引用開始。

我が子は偏差値が高いと言われている工学系の大学生です。

原発事故で食品の安全基準が引き上げられても、 「食べ続けても安全な基準を国が決めているから大丈夫。」といい 「汚染水も大量の海水で薄まれば平気。魚と食べないことで栄養が偏り 体が弱くなる。」 「窓を開けないから風邪をひく。」 「そんな変な考えは宗教か?」 「魚やラーメンが危険なんて狂っている。」 ・・・ 理系の夫と同じことをいいます。

テレビが大好きで政府やテレビの言うことは無条件に信じるのに 私の言うことは頭からバカにします。 安倍晋三と同じです。 自分が一番正しくて、それと違う意見は聞く耳すら持っていません。 相手をバカにすることで自分を支えているのです。 自分よりバカしか存在を許すことができない人間です。

まだ本人には深刻な健康被害は出ていませんが、 鼻血、眠気、一度風呂で吐き気があったことがあります。 クラブ活動で福島に行き、ほぼ100%外食で好きなものをたべ、 牛乳も魚もない家での食事は不愉快でしかないようです。 卒業まで無事では済まないのではないかと思っています。 友人も「お前のお母さん大丈夫?」というようで、 ますます「母は異常な人」であることになっていきます。

関東の大学は理系から滅んでいくでしょう。 自分の偏差値を捨てきれない人々は東京を離れることはできません。 技術系のメーカは技術者もバタバタ逝くでしょう。 大手の企業が倫理的に、もう破綻しています。

家族は私が被曝対策をするのを苦々しく思っています。 きっかけさえあれば、もう家族から離れていく選択もありではないかと思っています。 今更、関東の環境が危険か危険でないかを議論している場合ではないのです。 被曝を気にする人間と一緒に暮らすことが不愉快な家族とは 決別していかないといけないのかもしれません。 徹底的に嫌われれば、別れて暮らす選択も出来るのです。

今、汚染を無視している人間は家族といえども救うことはできません。 自分が生き残る道を模索し、我が子ではないかもしれませんが 子供たちの手助けになる何かが出来るればと思うようになりました。
posted by ZUKUNASHI at 13:29| Comment(5) | 福島原発事故
この記事へのコメント
私は戦後、広島の近くで育ちました。学校教育のレベルが低くて、中学の時に、文化祭で広島原爆の写真やスライドを借り出して、コーナーの一隅で原爆展を独りでやりました。そうしたら、そんなことやっていたら、社会に出て人の上には立てないぞと言われました。その頃既に、弱者に目を向けていては成功しないという風潮があったのです。

家の周囲に乞食が居ましたが、その人たちは広島原爆の時に広島から逃げてきた人だそうです。行政も放置していたし、住人も小銭あげるくらいしか助けないから、東京五輪の頃に姿が消えていきました。後でなんであの人たちは今のホームレスと違って服が焼けただれていたのか聞いたら、推測だけど原爆で焼けたまま着ているからボロボロの穴だらけで茶色になっていたのだそうでした。

そういうことを知っている母やいとこは、はるか西に住んでいるのに、311後に洗濯物を部屋干しし、魚やお茶を食べずに、お茶漬けはご飯にお湯をかけています。

痛みを忘れた人や、忘れたい人たちが今の時代を作っていますから、痛みを背負って生きている人は、性格が良かろうが悪かろうが、タブーの箱の隅を箸でつつく異端なのです。
Posted by hiyaase at 2015年11月19日 13:48
この25年前のお父さんはすでに将来の日本の姿が解っていたのですね。自分の考えがない まわりの意見に合わせるなど、私などのただの主婦にもそれは感じていました。空気を読むとか周りに合わせた意見を言わないと後で何か言われそうとか そういう集団の中で生きているのが本当に息苦しいと思っていましたので、あまりかかわる事が出来ませんでした。でも確かに孤立することが多く、そういう自分でいるのにはかなりエネルギーが必要です。

話が通じないゾンビ まさにこの言葉は的確です。まるで自分の方がおかしいのではないかと錯覚するような世界ですね。下のコメントの方の意見にも大変共感をします。相手をばかにすることで自分を支える こんな人はたくさんいます。自分が一番正しい 特に偉い?立場の人の言う言葉は絶対です。私のようなただの主婦が何を言っても 聞く耳を持ちません。

夫の知り合いの女性社長は自分が一番正しい人ですが、政治は下々の人間が何か言う事ではなく専門家(政治家)に任せればいいと考えていますし、被ばく対策なんて何も考えていません。

きっかけさえあれば もう家族から離れていく選択もあり こんな考えも時に頭の中に生まれてきます。夫にも私は移住するから 勝手にこの社長の言う事を聞いて 一緒に心中すればと冗談まぎれに言っています。夫も健康被害は出ています。この社長は確かに仕事の能力は高いのかもしれないが 私から見れば 本当に愚かです。夫も少しづつ考えてきているので もう少しでこの変わり者(まわりからよく言われる)に同調してくれるかもしれません。

私は家族の為にもう少しあきらめないで伝えてみます。ばかにしていた長男は最近沖縄に越しました。理系には理屈と言うか 証拠をどんどん突きつけないと解らないかもしれませんね。
コメントをした方は家族を救うその家の救世主になりうると私は信じています。
Posted by yomogi at 2015年11月19日 14:46
理系、文系を問わず、日本人の劣化は激しいのではないでしょうか。

例えば、文系の優秀と言われる人々が行く司法界。

元裁判官の書いた「絶望の裁判所」や「司法権力の内幕」などの本を読めば分かりますが、人間のクズのような裁判官がたくさんいます。

そのような裁判官が、国家権力の犬となって、原発推進の後押しをしているのです。

原発再稼動に待ったをかけるような真っ当な裁判官は、左遷させられてしまうのです。

真っ当な人間を左遷させ、公正性も正義もなく、権力の犬になれるような人間が出世できるようにしている人々が権力上層部にいるのです。(例えば、最高裁判所事務総局)

これだけ、国民にとって不利益な政策ばかりを推し進めている安倍政権を日本人の半分もの人々が支持をしています。

自分で自分の首が絞めていることに気づかないのでしょうか、お前たちはマゾヒストか、と言いたくなりますね。

とにかく、日本人全体の低い意識レベルが、こういった状況を招いているものと思われます。

ということで、もう一度、大地震或いはテロか何かで原発事故が起きなければ目覚めないのでしょう。

でも、その時は、日本は完全に終わりですが、今の日本人を見ていると、それも仕方がないかもしれませんね。それこそまさに天罰です。




Posted by 393 at 2015年11月19日 16:58
393さん
安倍政権を日本人の半分もの人々が支持しています。とありますが、「不正選挙」が行われてるんですよ。大阪でも22日知事選挙があるけど「期日前投票」は不正選挙のやりたい放題です。

http://twitcasting.tv/yukiko_gnn/movie/180864948
【超重要】投票箱の鍵の予備を何個作って、誰が管理すると規定されていないインチキ公職選挙法!

https://www.youtube.com/watch?v=s2lFKv3MfDs&feature=youtu.be
開票機械のソースプログラムの開示以外に選挙が公正であるかどうかを証明することはできません。開票機械のソースプログラムの開示請求を選挙管理委員会に行う。

http://richardkoshimizu.at.webry.info/theme/90f57c20dc.html
テーマ「不正選挙」
Posted by 194 at 2015年11月20日 14:24
不正選挙の問題を真剣に取り上げないと、いつまでたっても、安倍政権に勝てないと思います。ムサシが投票箱、投票用紙、投票用の鉛筆、そして読みとり機械を一括管理する状況では、何をやっても勝てません。

不正選挙があるというと、馬鹿にされて終わりかもしれませんが、不正選挙が可能な状況で選挙が行われている状況の異常さを訴えて、市民参加の手作業による公開の選挙を実現する運動を展開するべきです。

たとえ実現が難しいとしても、このような運動が存在していれば、ムサシもやりにくくはなるはずです。

私は国外在住で申し訳ないのですが、本当に日本が滅びていくように思えて辛いです。
Posted by じん at 2015年12月27日 01:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。