ここはカルトのブログ ベジタリアン: ずくなしの冷や水

2015年11月06日

ここはカルトのブログ ベジタリアン

筆者は、インドに旅したことがある。インドは、ベジタリアンが多く、機内食でもベジ、ノンベジと尋ねられる。

インドの人々を見ると、肥満した人とそうでない人とがいて、肥満は社会的ステータスを表すのだと聞いた。夜、腹を満たして満腹感の中で床につくのが最高の幸せなのだとも。

広く自然植生を見たわけではないが、概して乾燥地域。麦の栽培にも地下水で灌漑していた。主要な蛋白源は豆類でガルバンゾーやレンズ豆などが食されている。牛は神聖な動物だから食べない。牛乳は飲む。豚が集落の中に放し飼いにされゴミをあさっている。

タンドリーチキンが知られるが、鶏に食べさせる穀物があれば人間が直接食べたほうが効率が良い。庶民が毎日のように鶏肉を食べているわけではない。

インドの人は、ベジタリアンにならざるを得ない面があるのだと思う。

日本だって、今のような飽食になったのはほんの数十年だ。気候異変で穀物輸入が途絶えれば、日本の食物消費体系は一気に崩壊し、多くの国民が飢えることになる。

そうなれば、少食のベジタリアンにより多く生き延びるチャンスがある。

筆者が知るベジタリアンは、二人。一人は英国人男性で肥満体型。もう一人は海外在留邦人の女性。どちらかというとスリムな体型だっただろう。この女性はベジタリアン歴が長く、きっかけは屠殺(とさつ)される家畜がかわいそうになり食べられなくなったのだと語っていた。子供のころからだ。年に何回は水産物を食べるようだった。

インドはカルトの国? ベジタリアンは、別にカルトでもなんでもない。アフリカには、スイカを主食にする地域もある。戦乱で食料が入手できない場合は、草でも何でも食べるしかない。



歴史的、人文地理的に見て日本の食などは、例外中の例外なのだ。それも退廃と劣化の激しい食の習慣で出来ていると、筆者は考えているが。

大手パンメーカーの工場で働いた人が、パン材料として投入されるものは小麦粉より添加物のほうが多いくらいだと語っていた。異常にやわらかい、カビない、腐らないパン。

日本では、そんなものが食べ物として溢れている。

・・・・・

くららんさんから寄せられたコメントをこちらに掲載する。

ベジでもラクトオボベジ(乳製品。卵OK)をお勧めいたします。
インドのベジは乳製品はOKです。

ちなみに自分は一時期ビーガン(動物性のものは一切取らない)にまでなったことがありましたが、確かに身体は軽く感じるのですが、老化の速度は速くなりました。具体的に言うと白髪がとんでもなく増えていきました。

ちなみに中国仏教のお坊様は、ほぼビーガンですが、太っている人が多いです。
「虚太り」といいます。
白髪が増えたのもこれが原因です。
乳製品、卵OKに戻したら、老化現象はなくなりました。

今は初期被曝の影響か?体が肉食を要求するので、ほどほどに食べることにしています。
一日一食、大体朝はベジタリアンメニューですが・・。

厳格なビーガンになってしまうと、体質にもよるとは思いますが、かえっていい結果は得られないように思います。
体と相談しながら、無理しない程度にしてくださいね。

それからパンのことですが、小麦粉と水を練って、暖かいところに約一日おいておくと、自然に醗酵いたします。イーストもいりません。
これを薄く延ばしてフライパンで焼くと、ピタパンが出来ます。
昔の中国はこの生地で中華パンを作っていました。
「老麺」といいます。
手についている酵母を利用するものです。
是非お試しくださいませ。

・・・引用終わり・・・

なるほど。自分の皮膚の常在菌で酵素液を作っておられる方の例を前に掲げたが、カルトでもなんでもなくありうることなんだ。いつもありがとうございます。
posted by ZUKUNASHI at 09:41| Comment(2) | 福島原発事故
この記事へのコメント
ベジでもラクトオボベジ(乳製品。卵OK)をお勧めいたします。
インドのベジは乳製品はOKです。

ちなみに自分は一時期ビーガン(動物性のものは一切取らない)にまでなったことがありましたが、確かに身体は軽く感じるのですが、老化の速度は速くなりました。具体的に言うと白髪がとんでもなく増えていきました。

ちなみに中国仏教のお坊様は、ほぼビーガンですが、太っている人が多いです。
「虚太り」といいます。
白髪が増えたのもこれが原因です。
乳製品、卵OKに戻したら、老化現象はなくなりました。

今は初期被曝の影響か?体が肉食を要求するので、ほどほどに食べることにしています。
一日一食、大体朝はベジタリアンメニューですが・・。

厳格なビーガンになってしまうと、体質にもよるとは思いますが、かえっていい結果は得られないように思います。
体と相談しながら、無理しない程度にしてくださいね。

それからパンのことですが、小麦粉と水を練って、暖かいところに約一日おいておくと、自然に醗酵いたします。イーストもいりません。
これを薄く延ばしてフライパンで焼くと、ピタパンが出来ます。
昔の中国はこの生地で中華パンを作っていました。
「老麺」といいます。
手についている酵母を利用するものです。
是非お試しくださいませ。
Posted by くららん at 2015年11月06日 14:00
再度の投稿、失礼いたします。

ちなみに「老麺」の作り方が詳しく書かれたブログがあったので、張っておきますね。

老麺の道 〜小麦と水で酵母を起こす〜
http://maa2huu2.exblog.jp/17797871/
Posted by くららん at 2015年11月06日 14:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。