こうすれば「永遠の少年・少女」になれる 美容と健康一挙両得教えます: ずくなしの冷や水

2015年11月02日

こうすれば「永遠の少年・少女」になれる 美容と健康一挙両得教えます

当ブログ独占手記を掲載します。投稿者が著作権を保有しています。転載ご遠慮ください。投稿者は60代の男性です。その点を頭に置いてお読みください。果物の甘さは炭水化物で、特に吸収が早いとされています。下に書かれているように豆腐など豆類も食べていますからたんぱく質を摂っていないわけではありません。言うまでもなく、すべての人に通用する食事法ではありません。世の中には不思議に見えることもいろいろあります。 引用開始。
 

Amazonで『食べない人たち』を読みましょう。 kindle本が1クリックダウンロードできます。

「不食」は私にはムリです。 「少食」ならできます。

今日は朝起きて、正午にアーモンド4粒。ビタミンとミネラル1錠ずつ。

午後は往復2時間のところへ出かける。 寒い日だが、べつに腹減って死ぬわけでもない。

不食の達人たちに言わせると 食べないといけないと思っている人は、食べないと身体がおかしくなるそうです。 食べなくてもいいのだと思っている人は、食べなくても平気だそうです。 思い込みみたい。

私は2年掛かって、少食にした。 コメ、パン、魚、肉、乳製品、卵、じゃがいも、ナス科植物、精製糖、異性化糖、精製塩をやめた。 それ以前に、酒と煙草をやめた。 それで2年で6kgやせた。

今夜は夕食だけ、果物と野菜のみ。たまにカレー。 カレーはインドの医食同源の薬ですかね。 豆腐には八丁味噌を乗せる。 納豆にはGABANのコリアンダーやセージを振りかける。 1食で少食。まだ70kgもある(汗)。

仕事時間はデスクワークで週に6日は10から12時間。 果物と野菜の海外食材比率80%くらい。 エクアドル、フィリピン、ベトナム、タイ、カナダ、アメリカ、宮崎、北海道。 果物は料理の必要もなく楽です。

夜のサプリは、キトサン、ビタミン、ミネラル、ビタミンB群各1錠。 食べることよりも大事なことが人生にはいっぱいあります。 私たちは食べるために生きているのではありません。

・・・終わり・・・

いかがでしょう? 簡単でしょう! 「永遠の少年・少女」になる方法

2年で76kg→70kg、6kg減です。意外なほどに落ちないんですね。管理人がもし同じように実践できたら10kg以上落ちますね。

でも、酒もタバコも止めるんですね。酒はできるかも知れないですけど、タバコはちょっと自信がありません。

それに、経済的にはどうなんでしょう。そんなに高いサプリは使っておられないようですが。

今の世、痩身のために何十万円もかける人がいますから、hiyaase流 少食化道場を開いたら押すな押すなの人気間違いないですね。

「食べることよりも大事なことが人生にはいっぱいあります」
確かにおしゃるとおりです。

でも、食べることが人生で一番大事な人もどうも多いようなんですよね。
posted by ZUKUNASHI at 23:54| Comment(5) | 健康づくり
この記事へのコメント
大事なこと書き忘れました。
箇条書きで失礼。

・「少食」の最近の着目点は、「総ベクレル量」を減らせることです。
 食べれば食べるほど、べくれて行く可能性も増します。
 食べる量を減らせば、放射線の体内放出量も減ります。

・35歳までは、私も「1日2食」でした。
 45歳くらいから(人にもよりますが)
 1日1食が可能になるという経験を持っています。
 でも、学生時代は、皆貧乏で、
 私は1日500とか1000kcalで何ヶ月か生きていましたが、
 健康で、金がないので1日10kmくらいなら電車賃ないので歩いていました。

・タバコは肺の中に入るので、怖いです。葉の中からセシウム出たことあります。
 キャメルとか、ゲルベゾルテとか外国製のうまいのがお勧めです。
 私はニコチン1本10mgとかのきついタバコを
 1日65本くらいすっていましたが、1日でえいやっとやめられました。
 チェーンスモーカーに禁煙はめちゃくちゃ苦しかったですけど。
 まあ、他のことに比べりゃ、たいしたことはない。
 やめたら、歯茎がピンクになりました。

・酒をやめると、付き合いが減って、外食も減ります。
 311以降、外食経験はカフェのココアくらいです。
 でも、核シェルターに酒を備蓄するのはけっこう有名な話です。
 “本物の”醸造酒を飲むのは反対ではありません。

・サプリはビタミンとミネラルと水溶性のB群はとても効果を実感しています。
 キレート作用のあるものを摂っているので、ミネラル補給は絶対必要です。
 そうしないと玄米食の玄米のフィチン酸で鉄が排出されて貧血になるとかと、
 同様になると思います。

・フィトンチッドの消臭剤とか、ときどき飲む柿渋とか黒ニンニクとか含めて、
 今は月4415円です。
 病気になっての医療費と比べると安いと思います。
 タバコは1カ月2万円以上すっていたと思います。

・コメと牛乳は混ぜることができるので、
 マンション偽装時代ですから、信用できないのでやめました。

・ナス科植物は、関節炎の原因になることが注目されています。

・卵ですが、鶏の餌には魚粉が使われるようになってきています。
 生体濃縮されませんか?

・今は、豆腐を半丁×2ですが、1個にしようと苦闘中です。
 豆腐メーカーは群馬や茨城が多く、地下水を使っていると言っているので
 豆腐の70%くらいは水分でしょうから、心配です。

・精製糖や精製塩はぜったいにタブーです。これは被曝以前の問題です。

・イチローが毎日食べていたカレーが
 けっこういけるのではないかと思っています。
 旅行中には何を食べるのかと言われそうですが、毎食カレーでいいと思います。
 コメを入れずに、カレーそばのほうがおいしくて大好きです。




Posted by hiyaase at 2015年11月03日 10:53
不食の達人たちに言わせると 食べないといけないと思っている人は、食べないと身体がおかしくなるそうです。 食べなくてもいいのだと思っている人は、食べなくても平気だそうです。 思い込みみたい。

原因と結果が違っているのでは?
食べないでいると体がふらふらになる人は、食べることに執着し、食べないでいても明らかな身体の不調を感じない人は、食べることに執着しない。
私の体験と観察では、こちらだと思います。
無菌状態で生まれてきて、常在菌を身に付ける。この時身近にいる人の常在菌を受け取ります。
不食な人々は、優れた常在菌をお腹にお持ちなのだと思います。

Posted by i at 2015年11月03日 13:49
iさん、こんにちは


>原因と結果が違っているのでは?

いえ、その本に書かれていたと思います。

それから、疲労と食欲の関係は、人によって違うでしょうし、
その人も、日によって違うでしょう。
運動でもするなら多めに食べるとか、自然に考えればいいのではないでしょうか。
ご自分の身体に、先入観のない感覚を、聞いてください。

赤ん坊は産まれてくるときは無菌ですが
食べ始めると常在菌ができますね。私で腸内細菌1kgくらい住んでいるそうです。

下痢とかして細菌叢が乱れると、
ビフィズス菌など5種類の菌が入っているサプリを飲むと
3日くらいでよくなります。

ベジタリアンですから、善玉菌が好きな餌や食物繊維は豊富に食べているので、
排便を観察すると、とうもろこしかバナナくらいの大きさで、黄金色に輝きのあるのが1日5本くらい出ます。

「不食」はお勧めしません。仙人みたいな人でないとムリでしょう。
でも、何度も言いますが、「少食」は可能だと思います。
もう一度言います。「不食」なんて勧めていませんよ。

どのくらいがちょうど良いかは人によって違うと思います。
1週間に1%も減らせば、かなり大きな削減で、1年で53%も減ります。
ですから、2週間に1%くらい減らしていけば、ちょうど良い程度が分かると思います。

私の周囲は3食食べる人とかは、たいてい成人病持ちです。
私にとって、食を減らすことや、ベジタリアンになることは、
快感はあっても、なんの苦労もありませんでした。
何かの参考になれば。

Posted by hiyaase at 2015年11月03日 17:32
時々、不思議な内容をブログに載せますね。

少食といっても、炭水化物とたんぱく質をほとんど摂取しないのは、
生命に関わる状態になりそうです。
いわゆる「つり」の投稿でしょうか?
投稿主が、本気で書いているなら、
世界びっくり人間の中の、
「土だけ食べて生きている女性」と近いような…。
少し前、テレビで三食をフルーツだけで生きている男性がいました。
(マツコの知らない世界です。)
ガリガリ痩せでした。
このブログを見て、子供の食事を少食にして、成長不良をおこしたり、
真似してそのため痩せて、生殖機能が停止する女性が発生したら、大変ですよ。
世の中、いろいろな捉え方の方がいます、頑なに実行して、拒食症になったら、
責任重大です。
被曝回避というより、トンデモに近いような。
投稿主が本当に実行していたら、ガリガリなはずですね。
Posted by I at 2015年11月03日 18:33
I さん こんにちは

ニューギニアのある原住民は芋類しか食べないそうですが
筋骨隆々でよい身体をしていますから論争になりました。
芋だって、タンパク質あるのにねえ。

ベジタリアンで、動物タンパク質を食べなくなった知人が
先日、血液検査をして、
血中タンパクというのかな、というのを確認のため調べたら、
普通の人よりも多かったので驚きながら安心していました。

まあ、考え方は人それぞれです。
私の目的は「少食」です。お間違えなく。

私はまだ豆腐や納豆で植物性タンパクを摂っていますよ。
芋類やナッツ類にもタンパク質は入っています。
肉や卵でなくてもタンパク質は摂れますよ。
そうめんにだって、ありますよ。

それから、私はそのTVですか3食フルーツだけでなく、
キャベツやサトイモやかぼちゃも食べていますから、
70kgもあって痩せなくて困っています。
目標は62kgですが。
べつにバナナやミカンだけで生きているわけではないので
排便も大量にあります。
排便の観察は健康の程度のバロメーターです。

先ほども書いたように、断食しろと言っているわけではないです。
少しずつ減らしたらいいのでは、と言っているのです。
これ以上減らしたら困ると思えば、そこでやめればいいのです。
子供じゃないんだからそんなの自己責任に決まっているでしょ。

私の母は90代ですが、もう20年くらい
五穀米とかヒエとか粟とか、あと野菜くらいしか食べていませんが元気です。

あまり、先入観に凝り固まって
ステーキ食べないといけないとか
脂が必要だから、とんこつラーメン食べないといけないとか
世間の常識に頼らないほうがいいと思います。

だって、砂糖とか異性化糖とか精製塩とか、なんで皆さん喜んで食べるんですか?
仕方なく食べるのなら許容しましょう。
喜んで食べるなんて、私から言えば「無知」なだけです。

芋類も、炭水化物あるし、タンパク質もあります。
まず、一から、自分で勉強すればいいのです。
ちゃんと文章読んでね。

Posted by hiyaase at 2015年11月03日 19:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。