日本がチェルノブイリのようになるか ですって! とんでもない! 何倍もの惨禍に見舞われます それがもう始まっているんですよ!: ずくなしの冷や水

2015年11月01日

日本がチェルノブイリのようになるか ですって! とんでもない! 何倍もの惨禍に見舞われます それがもう始まっているんですよ!

2015/10/31は、複数の読者と若い友人から深刻な健康被害情報が寄せられ、管理人もショックを受けています。

一つ目と三つ目は、心配が現実のものに 関東から避難した熟々年女性の嘆きに掲載しました。

二つ目を次に掲げます。

ずくなし様 このところ、症状が進んだと思われる方々を見かけます。 ここ2〜3日で、若い男性(20〜40代位)が両足がブラブラした状態で(まひでしょうか?)松葉杖をついて歩いているのを2人見かけました。 駅から帰宅する様子でしたが、両足が浮いていて松葉杖は本当に大変そうでした。 これで手が効かなくなったらどうするのか・・?と心配です。 雨が降ったり、荷物があったりしたらどうしようもありません。 症状がもう少し進んだら、やはり車椅子になるのでしょう。

小中学生位のお子さんがいる車椅子のお父さんもポツポツ見かけるようになりました。

また、先日ヘルメットに作業着でゴミ袋に落ち葉を集めている(ゴミを拾っている?) 様子のおじいさん年代の方をみかけましたが、歩道に足を前に出して座り 足が全く動かないのか、両手でおしりを浮かせて少しずつ移動していました。 ちょっと異様な光景でしたが、周囲を歩いている人たちは気にしていません。 私は道路を挟んでの反対側の歩道を通ったのですが、 「救急車を呼びましょうか?」と尋ねれば良かったかと思っています。 仕事中に足が動かなくなってしまったのか、 それともその状態で仕事をずっとしているのかわかりません。 あの状態で毎日仕事が出来るとは思えないのですが・・

もうすぐ、”大丈夫大丈夫”教と”無関心”教の人たちから 本当に大変なことが起こり始めるでしょう。 チェルノブイリと同じように、学校に毎日救急車が来ることに なっていくでしょう。 わが子たちがいつ私と同じ”放射脳”教に改宗してくれるのか・・ 祈るしかないのでしょうか?

(投稿主の鋭いきめ細かな観察が社会活動で外出する時間が長いからではないかと管理人の推察を書いたら投稿主から補足が寄せられた)

私は問題意識のある方々と知り合いたくて 社会活動をしていますが、自分の体調にすぐ影響するので 屋外は最小限、電車で遠くまでいく活動はしないようにして 出来る範囲でしか参加していません。

ですから、すべて横浜駅周辺での生活圏で見かけた方々です。 乗降数も多いので目にする確率が高くなるのかもしれませんが、 買い物に出るたびに以前よりも深刻化している人を見かけるようになり、 今までと違ってきていると感じます。

夏休み明けぐらいからだんだん加速度が上がってきていると 感じるのは私の勝手な思い込みなのでしょうか? わかりません。

311後モップの先につけている水拭き用の雑巾はさほど汚れが目立つ前に 1〜2ヶ月で布地がボロボロになります。 以前は布地がボロボロにならず、汚れてきたからいい加減に捨てないと・・と 思ったものでした。 人間の体の中も布地が破れる程のダメージを受けているという ことですよね。

今生きている人たちが、あと何年生きられるか? 5年なのか10年なのか・・ 少なくともこの1〜2年を生き残れるかという1つの大きな山が 目の前にあるのだと思います。

ハロウィーンで騒げる元気が残っている人たちに私は嫌悪感はありません。 思い残すことが無いように、精一杯楽しめばいいと思います。 来年のハロウィーンは手足が麻痺していて参加できない・・という現実が待っているかもしれませんから。

・・・引用終わり・・・

うーん、確かに。書かれているような深刻な状況だということには管理人は異論はない。

もう1件は、友人の知り合いの訃報です。汚染地域で調査などもしておられた由。西日本のそれほど健康被害が顕著ではない地域にお住まいだったとのことです。

次のコメントも寄せられています。

「一部の行政が人口動態を発表しなくなったらしいですね
ずくなし様はこれからの日本がどうなると御思いでしょうか
チェルノブイリのようになるのでしょうか
この同調圧力漂う日本でなにができるか無力感を感じる毎日です
(変化を感じないこともないのですが・・)」

管理人は、日本でチェルノブイリ被災地の悲劇追体験が始まっていると考えます。日本ではチェルノブイリをはるかに上回る惨禍になります。チェルノブイリ事故後キエフの街で若者たちがこんなに路上で寝ていましたか? 甲状腺異常の発生率はすでにチェルノブイリを上回るとの指摘もあります。

日本の政府は国民を殺しにかかっているんですよ。よく現実を見てください。同調圧力は愚かな国民同士の足の引っ張り合いです。同調圧力で被曝回避ができなかったという見方が広まれば、悪意の政治や行政の当事者は、このバカ猿たちが被曝を自分たちの責任にしていると、高笑いするでしょう。
posted by ZUKUNASHI at 11:45| Comment(2) | 福島原発事故
この記事へのコメント
東京渋谷では、無知な若者たちがハロウィーンの仮装で大騒ぎ。
西洋ではたしか、”子供”が仮装してまわるお祭りだったと記憶しています。
騒然とした渋谷に機動隊百人が投入されたというニュースをみるにつけ、汚染の実情や被爆による健康被害の広まりに無関心で、あまりに愚かなその姿には言葉もありません。
少しでも多くの若者が現実に目を向け、生き残り、次の世代へつないでいってほしいと思っていますが・・・
もはや日本の将来など、あきらめる他ないのかもしれません。
Posted by 京都住み at 2015年11月01日 00:25
次の世代へつなぐ。
そんなことはもう考えない方がいいのかも。
もはやこの国に生かされる運命背負わされること自体子供にとって迷惑以外の何物でもないかと。
生まれながらに放射能汚染と巨額の国の負債背負わされて。
自分ですらなんで産んだんだよと親恨んでるくらい。(汗)
最近いろんなことを知るにつけ生きたいという気持ちが切れてしまいそうです。
逃げろと言ってくれる人がいますが自分に行くところも資金もないし。日本国内じゃだめだろうなと。
Posted by としちゃん at 2015年11月01日 08:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。