警察官もコンビニ店員も寝ている: ずくなしの冷や水

2015年10月10日

警察官もコンビニ店員も寝ている

警察官が交番で、パトカーの中で寝ているという目撃例が増えています。

コンビニ店員が立ったまま寝ている。

バスの運転手がバスストップで寝ている。

一般車両の運転手が赤信号で寝ている。

電車の乗客が寝ている。駅の構内で人が寝ている。

道で人が寝ている。

自転車にまたがって人が寝ている。

家に着いた途端、寝込んでしまう。

・・・

こんな状況になっても誰も騒ぎませんね。

ツイートを眺めていると、若い人には介抱、救護しようとする人と馬鹿にしたり怒っている人と二通りに別れます。

おじさんが介抱していたとか、おばさんと一緒に救護したとかいうツイートもほとんど見かけません。

最も見て見ぬふりをしているのは、大人です。

今、日本を滅ぼすのは簡単です。致死性の睡眠ガスを流せば、人々が次々に倒れても、誰も気にしないでしょう。

筆者は、そんな日本の大人たちに悪寒を覚えています。
posted by ZUKUNASHI at 08:08| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。