ロシアの巡航ミサイル発射に驚く西側: ずくなしの冷や水

2015年10月09日

ロシアの巡航ミサイル発射に驚く西側

CNNがロシアの発射した巡航ミサイル26発のうち4発がイラン国内に墜落し、建物と民間人に被害かもと報道。

RT 2015/10/9
A CNN report, claiming that several Russian cruise missiles targeting Islamic State positions in Syria actually landed in Iran, has been refuted by the Russian Defense Ministry, while the US State Department say they can’t confirm.
The American broadcaster cited two unnamed US officials, who said that four Russian missiles had crashed somewhere in Iran after being launched from vessels in the Caspian Sea. The report suggested that “some buildings were damaged and civilians may have been hurt.”

ロシア側発表の飛行経路図


BBCが伝えた飛行経路図(ロシア側発表のものに基づいている?)


クルド支配地域で撮影したとされるロシア巡航ミサイルの飛行


巡航ミサイルには、GPSを利用した自動飛行装置が使われており、高価なものらしい。それなのにロシアが26発もカスピ海の小艦隊の艦船から発射したことに憶測が高まっている。

@ 世界にロシアの巡航ミサイルの実戦能力を見せ付けた。

A 戦力誇示の狙いは、イスラエル、サウジなどの中東諸国が主で米国同盟国、NATO加盟国にも警告的な意味合い(?)。

B 冒頭の報道は、米国が特に動揺していることを示し、ロシアの巡航ミサイルの精度、能力の評価を貶めようとする試み。

C カスピ海から発射された巡航ミサイルは約1,500km飛んで標的に命中したとされており、ロシア本土またはそれに接続した公海から1,500km圏は完全に攻撃可能範囲になる。





巡航ミサイルで原発を狙われたら・・・。原発の屋根はボーリングの玉が落ちるだけで壊れると言う。

戦争だ、戦争だとはしゃいでいる連中は本当にバカだ。

・・・・・

sputniknews 2015/10/9
カスピ海の艦船上から、シリア領内のテロリストの陣地に向け発射されたロシアの高精度巡航ミサイル「カリブル」が、インターネット上や世界中のマスコミで大きな話題になっている。今回の長距離巡航ミサイルの使用は、ロシア製兵器の歴史に新たなページを開くものとなった。
「カリブル」は、超音速対艦ミサイル「オニキス」用の万能砲撃装置で、様々な用途及び距離の3つのタイプの亜音速(音速に近い速度)巡航ミサイルである。なお、そうした場合に使用されたものは「3М14」という分類記号がつけられている。以前それらは、演習時にのみ発射されていた。(この段落は意味が通らない)
ロシアの軍事専門家によれば、シリア領内に達するために、ミサイルは、イラン及びイラクの人がほとんど住んでいない地区の上空を、地形を考慮に入れながら、高度およそ50メートルで低空飛行した。全部で26発のミサイルが発射された。
10月7日までは、ロシアにこうした、米国の「トマホーク」のようなミサイルがある事は、世界で殆ど知られていなかった。国際航空見本市では、ミサイル技術の拡散が厳しくコントロールされていることから、飛行距離が本質的に短い、300キロ程度の「3М14」ミサイルの輸出タイプのみが展示されていたからだ。
ロシアがそうした兵器を保有している事は、中東地域の勢力図を大きく塗り替える。例えば、2600キロ飛行可能な「3М14」の攻撃半径には、特にアラビア半島のほぼ全域が含まれる。
現在ロシアを除いては、米国と英国だけが、艦船及び潜水艦から飛行距離1000キロ以上のミサイルにより、沿岸の標的を攻撃する力を持っている。


posted by ZUKUNASHI at 21:53| Comment(1) | 国際・政治
この記事へのコメント
原発林立のこの世界、人間社会の先は見えていますね! それが何時くるか?
金が絡んだ欲と嘘の人間世界はもう助かる道はなさそうに見えます!
で最初に逝くのは日本だと思います!
Posted by 早起き at 2015年10月09日 18:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。