世の教養と地位のある人々が 駅構内や外食店での異常な光景、交通事故の多発を知らないとはいわせない: ずくなしの冷や水

2015年10月07日

世の教養と地位のある人々が 駅構内や外食店での異常な光景、交通事故の多発を知らないとはいわせない

※ 放射能汚染・内部被曝情報 ‏@radioactive_SOS 氏の2015/10/7のツイート
こうした事態が水面下で進行中であるにもかかわらず、無視を決め込む医師会、メディア、産業界、政府、自治体は史上最大の人間大量虐殺を放置し続ける犯罪組織である。彼らとてやがては自らの足元に火がつくことになるが、卑怯な面々は真っ先に国外脱出するだろう。結局経済弱者や医療弱者だけが...

2015年08月08日 「日本の老年男子には 日本社会の破滅過程を止める力はない」に東海アマ氏の次のツイートを引用した。
※ amaちゃんだ ‏@tokaiamada 氏の2015/8/6のツイート
原発をやめる、という選択は考えられない
原子力の問題は科学が発達を遂げてしまったという点
発達してしまった科学を後戻りさせるという選択はあり得ない。それは、人類をやめろ、というのと同じです
吉本隆明
※ amaちゃんだ ‏@tokaiamada 氏の2015/8/6のツイート
原子力発電所からの電流はいま市民の生活に流れてきています。それはたしかに新しいエネルギー源を発見したことの結果。人間の新しい威力をあらわすでしょう
核開発は必要ということについてぼくはまったく賛成です
大江健三郎「核時代への想像力」1968年5月28日

・・・引用終わり・・・

読者のコメントに次のようにあった。
「吉本隆明のような大哲学者と言われる人さえ
原発を放棄することは文明を放棄することだと言ってのけて
べつに何もしないのだから、
まあ、普通のレールに乗って生きてきた人はムリでしょう。」

筆者は吉本隆明が大哲学者だとは思わないし、大江健三郎が脱原発などの集会に出ていても、アリバイ証明のためだとしか思わない。

とても不思議に思うのだが、大江健三郎などが呼びかけて行われる集会の情報が、筆者の情報収集先ではまったく見当たらないことだ。結構な数の人が集まっているようだが、どういう人たちなのだろうといつも疑問に感じている。

筆者は世の「文化人」と呼ばれる人達とは昔から縁がないし、今はさらに縁遠くなっているのだと思う。

2015年08月21日 福島第一原発問題や放射能汚染問題に積極的にアクセスしている人はそう多くないのでないかに書いたが、被曝による健康被害を避けるためには、被曝回避、避難や飲食物の制限が最も重要なのに、脱原発に関心を示す人でもF1のリアルタイムの動向までは関心が向かないようだ。

「F1からモクモクと」の記事は、別にこのブログのスクープ記事ではないが、画像を何枚も載せたので注目され、引用や紹介も多かった。関心の高まりが山を打ってからアクセス数を確認したら上の記事に書いたように、普段と比べたアクセス増加数は限定的だった。筆者がこの先の健康被害は大変なものになると最も危機感を覚えたのはこのときだ。

健康被害の発生状況に関する事例情報は、傾向や深刻度を把握する上で注目されるものを転載、引用しているが、被曝症状最前線の一連の記事に書いてあるように、健康被害の度合いは深刻化し、症状の現われ方も電車内、駅構内、道路上、外食店など人の出入りや往来の多い場所にまで及んでいる。

世の教養のある人達の身の回りや外出先では一切そんなことはないのだろうか。

最近電車の遅延が多いとか、がんなどで倒れる人が増えているとか、必ずあると思う。

開業医に行けば患者が溢れている。生命保険などではすでに支払い件数が急増している。人口統計でも出生が減り死亡が増えている。車両の横転事故も増えている。

これらの事実は、マスコミが報じないから、病気にならず、保険業の人に知己がなく、統計などを調べることもなく、外出もしなければ、直接認識することはないかもしれない。

だが、閉じこもりの老人でなく、社会で現に活動している人は必ず、何らかの異変を感知しているはずだ。

なぜ、このままでは大変だ。日本の社会がガタガタになると言う声が出て来ないのだろうか。特に分別のある中年以上の男性はどうしたのだろう。

ある著名な子供向け絵本作者の沖縄移住について書いたら、読者から次のコメントが寄せられた。

「世の中を騒がせたくない。調べて、同じ考えの人の力になれたら良い」とか、ではないでしょうか。
私自身、子供の為に、誰にも言わず、仲間も作らず移住しました。
何か守らなければならないなら、仕方ないです。
みんな、リアルな生活があり、毎日御飯を食べて、稼いで暮らすのですから。

生活のために声に出せない人も少なくないことは事実だ。だが人気絵本作家がそういう立場だろうか。今、放射能の危険について発言すると、そんなに生活が破壊される人ばかりだろうか。
posted by ZUKUNASHI at 07:43| Comment(1) | 福島原発事故
この記事へのコメント
日本人は洗脳されすぎていますからね。放射能以前に人の話も聞きませんし。私は日本人自体に興味がなくなってきました。もはや誰が死んでも驚きません。ひたすら健康法に励んでいます。人間はある程度の汚染でも生きていけるようにできているようなのでそれを信じます。

当時言われていた程の人が死ぬことはないかもしれません。震災当時ですら大きなパニックは起きなかったので、おそらく大きなパニックは起きないと思います。秘密裏に大規模被曝対策でもしているんでしょう。地価が下がったらかなり影響あるでしょうからね。民間でも対策しておられる人もいます。医療ビジネスのために311を起こしたという話もあります。日本を滅ぼしたい勢力がいるようです。滅ぼすついでに荒稼ぎして一石二鳥なのでしょう。なので被曝対策やりすぎても汚染拡散されるだけでしょうし、またサリンなんてばら撒かれて無理やり病気にされてもたまりませんからね。我々の生きている状況は安倍政権が悪だとかいう単純のものではなく複雑な状況の上に成り立っていそうです。こうなってしまったのはやはり世の中に興味のない国民が原因でしょう。
Posted by me13 at 2015年10月19日 11:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。