hiyaase氏の投稿記事のページ: ずくなしの冷や水

2015年10月04日

hiyaase氏の投稿記事のページ

hiyaase氏から投稿が寄せられた。福島第一原発事故後の体調や周囲の出来事を詳しく記録、記憶しておられる。貴重な記録だ。加筆すれば出版もできる内容の濃さだ。
この記事については、投稿者が著作権を有しています。転載ご遠慮ください。

hiyaase氏は、60代男性。管理人の推定では、東京都区部にお住まいとお見受けしている。引用開始。

2013/04/04 私は、脱力感で寝込む。 仕事は朝から晩まで小さな活字を読む仕事。 眼精疲労が酷い。 眼科へ行ったら飛蚊症、眼圧正常。 眼鏡屋で検査したら、パソコン近視が進行、老眼が進行、 生まれて初めて乱視。 メガネを新調して、体力温存して、治癒。

それから、ボトル水を飲む。コメとか牛乳とか混ぜられる物は摂らない。 眼精疲労は職業柄ずっとだが、 これだけ急に乱視(初めて)とか酷くなったのは初めて。 飛蚊症は医者は治らないというが、 軽いものだったのでレシチンを飲んだら治る。 以後は進行も止まって普通。

2014/06 鼠径リンパが卵大に腫れる。 陰毛切るときにハサミで睾丸傷つけたかもしれない。 キズからばい菌が入ったのではないかと思う。 医師に大病院紹介されガン検査薦められるが、無視。 白血球正常。 でも、抗生物質飲んで2カ月掛かってやっと親指の爪の大きさ。 クラビットが著効だから細菌だろうが大きいので驚く。

2014年暮れ、近所の70歳代の人が風呂で卒倒してなんとか119番して救急車。 タンカで運ばれていくときに声かけたが意識朦朧だった。 退院してきたら、歩行が前よりも不自由であまり歩けない。 膝の関節が変形しているとか。 買い物に行けないので介護事業の人が毎食弁当を持ってくる。 その後に白内障。2015/7の手術はすぐ終わって退院。 「関節変形とか白内障とか、被爆対策しているのですか」 と聞いたらバカかという表情して黙って睨まれる。 その翌月に、聞いてないが何かで入院。 2ヶ月半退院してこないし、ドアの前の乳母車がなくなっているので、 どうかなったか心配している。

他にも近所に歩行がおかしくなった人がいる。 2014/8 健康だった仕事仲間が寝たきり起きてこなくて死亡。 2014/10 歌舞伎座の裏の鮨屋に通うのが好きだった健康万全だった仕事仲間が 散歩から帰って玄関で倒れて救急車もむなしく死去。 2014/12 健康だった仕事仲間が、8月死んだ女性の弔文書いた人が、 ガンで入院、すぐ死去。 3人続くが「放射能かなあ」と言うと、全員無視。睨まれる。

2015/07 在宅勤務だが5年ぶりにややこしい仕事の会議に出る。 取引先の人も、弊社の人も、40代、50代、60代だが、 誰が誰だか一瞬分からない。 2010年と比べて、1人を除いて4人は驚くほど老化している。 歯が半分抜けてなくなっている人もいる。 仕事関係の人たちは社員食堂とかないから、1日1回か2回は外食。

2011/3/23 雨に少し濡れる。毎日、水道水飲んでいた。 それから手の甲や足の甲が腫れて軽く血が滲む。 滲んだ日時。 2011/3/25 2011/8/23 2011/11/26 (2011/12/8風邪でないのに咳止まらない。麦門冬湯で止まる。) 2012/9/19(この頃空間線量増加のうわさ) 2012/12/31 2013/4/5 2013/6/3(この頃ライブカメラが光っている) 2014/6/8 2015/4/23(前日に牛乳と栗のプリン食べる) 食生活を改善するたびに減っていく。

『食べない人たち』を、Amazon kindle本で買って 食べない方向へ舵を切る。 微食にすれば内部被曝の総量は減るかもしれないと真剣に思う。 以上、つれづれなるままに無責任な記録を書いた。

[補足]
「牛乳と栗のプリン」を食べた理由は、ギランバレー症候群?(最初の病院の所見)で亡くなった従姉の香典返し。世話になった人だから、食べました。
ふだんは、牛乳とかは牛の体液で食品だと思ってない私なので(苦笑)摂りません。
栗や山菜も食べません。

『食べない人たち』は誤解する人が何%かいると思うので、断っておきますが、「不食」には興味がありません。
そういうのは、10万人に1人とかでないと実現不可能な世界ではないかと思っています。
凡人の私には興味ないです。

1日1食で、「少食」くらいが凡人の目標として良いのではないかと思っています。
今回の被曝を契機に、食を見直して、(まあ、一生見直しの連続ですが)、既に1日1食にしています。

麦門冬湯とかの漢方は私が知る限りでは、下関の村田先生(ブログ3つ)が権威だと思いますので検索して近くの名医と相談してください。漢方の咳止めにもいろいろあります。

被爆対策も、まずは風邪を引かない、こじらせないことです。
気が向いたら村田ブログでも検索して読んでみてください。
posted by ZUKUNASHI at 13:08| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。