ISIS戦闘員がロシアの空爆の正確さにおののく: ずくなしの冷や水

2015年10月04日

ISIS戦闘員がロシアの空爆の正確さにおののく

sputniknew 2015年10月02日 22:57
ロシア軍機は、シリアのテロリスト集団「イスラム国(IS)」戦闘員陣地への攻撃を続けている。ロシア連邦国防省が発表した画像では、まさに爆弾が投下される様子が映し出されている。ネット上には、空爆地点から直接送られた映像もアップされている。
発射されたミサイルの一つは、テロリストらの地下壕を殲滅した。現場には、異常に大きな漏斗上の穴が残っている。砲弾は、地下深くまで貫き、地中で爆発し、主要な標的を殲滅している。よく知られているように、テロ集団の多くの頭目は、山岳地帯の砂漠に掘られた、こうした地下壕に潜んでいる。なお着弾の際、破片が周囲に飛び散らないため、目撃者によれば、平和的に暮らしている一般住民には被害は出ていない。
目撃者の一人は「ミサイルの一つがこの場所に落ちたが、我々は、爆発音を聞かなかった。幸い誰もケガをしなかった」と述べた。
加えて、戦闘員自体が現在、ロシアの空爆の正確さに驚き、恐れおののいており、テロ集団「エイヤド-アリ-ディク」は、自分達の頭目の死を悲しんでいる。

・・・引用終わり・・・

上の記事は情報操作の意図が見られるところを割り引いてもかなり画像から見た印象に近い。
2015年10月02日 戦争は怖いぞ  ロシアがISISの拠点空爆参照

以下の画像は、この動画から。

攻撃目標とその環境によって爆撃方法を使い分けている。ヘリコプターから垂直投下。




爆撃機は、通過すると同時に煙が上がる。




急降下で突っ込むのかと思うほどだ。





この直後至近距離が爆撃されてカメラマンが走り出す。この後、画像編集によるのか猛攻撃が続く。




ロシアが言うように爆撃地点からは土煙(?)が空に高く上るが、周辺の建物に対する影響は相対的に少ないようだ。

次はロシア側が会見した場所。スクリーンには肝心の情報は表示されていない。地図と雲の動きだけだ。


こんな山の天辺を2発爆撃。爆撃機の急降下の音がしている。地中深く侵入させるためだろう。地下構築物だとすれば内部通報者の情報がなければ判らない。
Live Leak


ISISは斬首映像で世界を震撼させたが、ロシアは爆撃能力の高さを誇示している。

ISIS側の動揺、士気の低下は大きい。情報戦だ。

ロシア下院国際問題委員会のアレクセイ・プシコフ委員長は2日、シリア空爆作戦は3─4カ月続く可能性が高いとの見方を示した。

ISISは壊滅的な打撃を受けるだろう。

※ THENEWYORKTIMES SEPT. 11, 2014
Senator John McCain was one of the earliest advocates of American military action against the Islamic State in Iraq and Syria. So it has been vexing for Mr. McCain to be battling persistent − and false − Internet rumors that he not only helped invent the group but also knows its leader, Abu Bakr al-Baghdadi, the self-proclaimed caliph of the Muslim world and America’s latest Public Enemy No. 1.


左端からバクダーディ、マケイン

米国が金と時間をかけて作ってきたISISが壊滅する。ロシアは、CIAの訓練基地をISISの支配下だとして攻撃した。米国とその同調者の2枚舌にロシアが正論で付けこみ、矛盾を暴き立てている。

オバマは「シリアを米ロの代理戦争の場にするつもりはない」と述べているが、戦争屋たちが引き下がっているか。ウクライナでも失敗、シリアにはウクライナの何倍もの資源をつぎ込んできた。

日本の自衛隊の出番はあるか?
posted by ZUKUNASHI at 11:16| Comment(1) | 福島原発事故
この記事へのコメント
ずくなし様、あなたは、シリア情勢についても鋭い分析されています。凄いです。オバマは、戦争をしりません。しかし彼は、必ず反撃に出てきます。狂人あべ総理は、3つの爆弾(1.放射能雲爆弾2.アホノミックス3、安保法)で日本に一億総放射能地獄の自爆社会をつくられました。もし自衛隊員がシリアに行けばみんな骨となつて日本へ帰つて来ることでしょう。第2のノモンハン事件が起きます。
Posted by 西 亨 at 2015年10月05日 03:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。