2015/9 人口動態 先行発表分: ずくなしの冷や水

2015年10月30日

2015/9 人口動態 先行発表分

守谷市 出生死亡比率前年同月比大幅悪化(2.79→1.45)
筑西市 出生死亡比率前年同月比大幅悪化(0.77→0.51)
柏市 出生死亡比率前年同月比悪化(1.36→1.28)
日立市 出生死亡比率前年同月比大幅悪化(0.74→0.57)
高萩市 出生数大幅増。出生死亡比率前年同月比大幅改善(0.59→0.75)
浦安市 出生死亡比率前年同月比大幅悪化
神栖市 出生死亡比率前年同月比大幅改善
流山市 出生死亡比率前年同月比改善
常陸太田市 出生死亡比率前年同月比改善
いわき市 出生死亡比率前年同月比悪化
ひたちなか市 出生死亡比率前年同月比大幅悪化
市川市 出生死亡比率前年同月比悪化
松戸市 出生死亡比率前年同月比大幅悪化
千葉市 出生死亡比率前年同月比大幅悪化
福島市 出生死亡比率前年同月比改善
船橋市 出生死亡比率前年同月比大幅悪化
常総市 出生死亡比率前年同月比悪化
水戸市 出生死亡比率前年同月比悪化
茨城県、千葉県ともに2015/9、出生死亡比率大幅悪化確実。冬に向けて死亡数急増は避けられない情勢。
郡山市 出生死亡比率前年同月比大幅悪化

神奈川県は一部のみ公表継続。
横須賀市 出生死亡比率前年同月比大幅悪化
厚木市 出生死亡比率前年同月比大幅悪化
横須賀市の人口自然減が大きいです。筆者は横須賀市の事情は知りませんが、異常です。

横須賀市人口約40万人、日立市人口約18万人


千葉県8都市出生死亡比率、市原市を前年同と置いた。この冬は、被曝老人には本格的な試練の冬となる。

茨城県9都市


鎌倉市 死亡数の推移
posted by ZUKUNASHI at 10:13| Comment(4) | 福島原発事故
この記事へのコメント
ずくなし様、今晩は。毎日お邪魔させて頂いております。千葉県市川市は元々高齢者率の高い地域ですからね。幸い私の身近な人々にはまだ体調悪化の知らせはありません。毎日戦々恐々としております。船橋のアンデルセン公園は大人気ですね。プロパガンダが上手くいったのかわかりませんが。震災直後がまるで嘘のようです。8.9月と神奈川を中心に測定しながら回ってみました。西部はかなり低かったです。東部から中央部は0.09μSv/hr平均でした。場所によっては東葛地区とあまり変わらない測定値の所もありました。そして排水枡の中は0.25以上ありました。やはり神奈川も汚染地域なのだな、と改めて実感しました。身軽でいつでも移住出来る人は速やかに移住すべきですね。動けない人は外部、内部被ばくに注意をしながら虎視眈々時期を伺うしかありません。誰でも住み慣れた土地を離れるのは正直怖いと思います。まぁ、此の期に及んで自宅を手離すのが辛いという人はいないと思われますが。行く先もままならずふらっと、なんて子連れ世帯には羨ましい限りです。人間仕事するために生きている訳ではありませんが、働かないと食べて行かれないのも事実です。私はポリマスターPM1405と黒テラ持っているのですが自宅のベランダではα、βともに検出されないのです。もちろん室内も。本当に計測出来てるのかな?なんて疑いだしたらキリがありませんが。素人が測定してますからね。校正は最近やったばかりです。毎日の更新、お疲れ様です。世界各地で物騒な世の中になってますね。近い将来自衛隊員も出向くのでしょうか?自衛隊では足りなくなったら、赤紙一枚で招集ですからね。島の中の懲りない面々ですね。ご自愛下さいませ。
Posted by 紫禁城の黄昏 at 2015年10月13日 22:21
こんばんは 神奈川を測った測定器で、東葛や市川の屋外はどれほどですか? β線込みか否かを含め、今度教えてください。
ベランダではα、βともに検出されないとのことですが、α線がお手持ちの機械で検出されるようなら大変なことです。ウラン238が1μgあっても1日で992本程度しかα線は出ません。何百CPMも検出されたら1mg近いウランがありうることになります。そういう場所は、速攻避難です。
ポリマスターPM1405と黒テラどちらもベータ線を検出しませんか?
β線が検出されないのは、例えばベランダが南向きで放射性物質の吹き込みが少なかった場合にはありうるかもしれません。通常は何がしか検出されますが。
現地調査の際にポリマスターお借りしたいところですが、壊したり汚したりしたら弁償困難なのでやめます。α線測定は検出部分をむき出しにするので、怖いです。
Posted by ずくなし at 2015年10月13日 23:37
了解致しました。今までは適当と言うか人目を気にして計測していましたので、しばらくきちんと計測してみます。両機器ともにβとγ線は個別に計測されるので別々の値で出せます。おっしゃるようにα線の計測は機器自体の汚染の可能性があるのでベランダ以外の屋外はまだやってないのです。どうせなら人のいる街中で計測してこそ意味が有るとは思っているのですが、かなり注目されますし連れも嫌がります(涙)。測定している時に『人心を惑わす!』なんて連行される世の中にならなければ良いのですが。ずくなし様もお気をつけて下さいませ。
Posted by 紫禁城の黄昏 at 2015年10月14日 08:02
自宅の敷地内は別ですが、汚染が強そうなところや人の多いところを測定する必要はありません。汚染が強いことがわかっても、どうにもできないからです。役所に知らせても嫌がられるだけです。分かったら、家族と聞く耳を持つ人にだけ知らせればよいのです。
個人用測定器は、基本的にバカチョンですから、特に技術は必要ありません。
測定日時、気候(特に風)、測定地上高、測定時間、ベータ、ガンマのカウントの有無だけ記録すれば足ります。
他の機器による測定値との比較は考えないほうが良いでしょう。機器により感度が違いますからいくら校正しても比較は無理です。
基準となる水準、例えば東葛の屋外での平均値、地上高1mと地表面5cmを把握しておき、それとの差で測定値を評価します。神奈川の測定で念頭に置いておられたようにです。
私は、現地調査の際には棒の先に1台、リュックの中に1台入れて累積値を測っていますが、これまで特に注目されたことはありません。よく測定器の感知部を地表面と並行にして10分静止して測定するなどといわれますが、個人用測定器ではそこまでする必要はまずありません。
アルファ線、ベータ線を測定するときは、向きや高さが影響しますが、ガンマ線の場合そんなに厳密にやっても簡易測定器ではまず差が出ません。
それに測定値を記録する際は、紙に書き写すのではなくデジカメで写します。一瞬です。
累積機能があれば、1時間、2時間と持ち歩いて連続測定し平均値を出したほうが簡単ですし安定した値が出ます。
Posted by ずくなし at 2015年10月14日 08:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。