記事のスタイルを変更します: ずくなしの冷や水

2015年09月14日

記事のスタイルを変更します

例えば 2015/9/13の記事 「国も地方も住民の命を守る意思なし 常総市鬼怒川堤防越水」は次のようにします。引用転載部分を極力減らします。

日刊スポーツ 2015年9月12日9時23分
越水「人災だ」住民反対押し切りソーラーパネル設置

越水したとされる箇所にはメガソーラーが2社により建設されたらしい。そのうちの1社が当社は自然堤防を掘削していないとの文書を公表。

常総市長は、危険を知っていたはず。隣接の坂東市長が危険があったと指摘している。
posted by ZUKUNASHI at 10:13| Comment(4) | 福島原発事故
この記事へのコメント
引用転載も地味に時間を取られる作業ですから、ご無理にならないようになさってください。
(ただ、新聞系統の場合は引用元がコロコロ消えることが多いのが困りますね。)

ツイッターなどの引用転載だけでも相当にご尽力されていることと思います。

懸念としてですが、このスタイルだと常連さん以外には引用文とずくなしさんの追記分とが判別しづらいかと思うので、引用箇所を枠で囲んだり背景色を変えるなどした設定を作られてみてはどうでしょうか?
ずくなしさんの利用されているブログのテンプレートの中にカコミ記載用の設定が用意されているといいのですが・・・
Posted by 流しの at 2015年09月15日 07:10
流しのさん お変わりありませんか。
スタイルを変えることにしたのは、引用、転載が多くなり、特に画像について過剰引用かと懸念したためです。
グーグルアースの時間スライサーという機能を教えてもらって調査確認手段が一挙に増えました。大熊町の遺体確認現場の状況や避難時の状況をはこの機能によって知ることができました。
送電鉄塔の倒壊とその影響についても、フルに使いましたが、少し使いすぎかもという反省もあります。グーグルアースの規約を確認しないといけませんが、個人の非商業的利用であっても少々度を越しているかなという感じです。
ツイートの引用については、原則、文章を原文のまま忠実に引用していますし、スクリーンショットならまったく問題がないようなので、必要に応じて使い分けています。
私が記事を書くときの手間は変わらないのです。まず、従来のスタイルの記事を書いて、その中での引用部分を極力圧縮して公開するという手順です。
公開された記事の裏側にバックデータの載った記事がある、そんな感じですね。
最近、放射能問題を考え始めた方がとっつきやすいように、読みやすいようにビジュアルにし、引用もいちいちリンク先に飛ばないで済むようにしてきましたが、どれだけ効果があったものやら・・・。
もう遅い、手遅れという悲観的な見方が自分自身の中で増殖しつつあります。
Posted by ずくなし at 2015年09月15日 10:23
>画像について過剰引用か
>グーグルアースの時間スライサー
>送電鉄塔の倒壊とその影響についても、フルに使いましたが、少し使いすぎかもという反省もあります。
重要な変化がある場合の比較などは読む側も適切な画像量と判断するはずなので、それほど心配されなくともいいかと思います。

>ツイートの引用については、原則、文章を原文のまま忠実に引用しています
引用文とずくなしさんが追記される文との境目が常連さん以外には判別しづらそうなんですよね・・・
(常連ならば文脈からツイートの引用直後の「・・・」で始まる文はずくなしさんの追記だとわかるのですが。)
といっても、カコミ設定を作ることで作業量が増えて収集つかなくなっては元も子もないですし・・・

>放射能問題を考え始めた方がとっつきやすいように、読みやすいようにビジュアルにし、引用もいちいちリンク先に飛ばないで済むようにしてきましたが、どれだけ効果があったものやら・・・。
「考えないようにさせるのが国策」なのでどうしようもないところはあると思います。
ただ、こちらからの傍目には、311をきっかけに色々と騙されてきたことに気づいた人達が加速度的に増えた気はするんです。水面下でゆるやかに、なので実感は持ちづらいかもしれないですが。

たとえば、311以前で言えば「汚染米」で騒ぎになったことがありましたよね?事故米を加工食品用に出荷していた。
あれもマスコミではメタミドホスという比較的マシな毒の話しか出さなかったはずなんですが、実際はアフラトキシンというRNAを強制書き換えして癌化する最強レベルの毒が含まれていたことはもみ消されていましたよね。ネットで大騒ぎになったかというと局地的なもので、今でも知らない人が多いんじゃないかくらいにしか思えてならないんですけれど。

そう考えると、今は当時ならもみ消せていたことでも割ともみ消しづらくなっているように思ってもいるんです。少なくとも福島県立医科大学が死因究明センターの設立発表で「治安維持強化により」とか尻尾を出しちゃうくらいには。
言い換えると、複数のブログが引用しあってヤバそうな情報を分散バックアップしている体制が昔に比べて強化されているようにも見えているんですよね。
なので、わかりづらいかもしれないエントリーでも他の引用先でさらに要点を圧縮して公開されたり、何かの弾みで自分から調べる人が出ることもありうるはずなので現状の目に見える効果よりそういった可能性の方を見ていただきたいです。

絶対的な割合としては効果はまだ少ないですが、それだけ広告代理店ほかが強力なわけで、某広告代理店にいたっては満鉄のころから自作自演テロという偽旗作戦の軍団なことを考えると、というもので。

>もう遅い、手遅れという悲観的な見方が自分自身の中で増殖しつつあります。
これは私も感じているところですが、むしろ100%助けられる・100%助ける、というのがもともと不可能なので、気づける人の割合、最低水準をどれぐらい上げられるかに考えを切り替えることにしています。
Posted by 流しの at 2015年09月22日 02:41
流しのさん ありがとうございます。
おつしゃる通りだと思います。スタイルはさらに工夫してみます。
Posted by ずくなし at 2015年09月22日 09:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。