国も地方も住民の命を守る意思なし 常総市鬼怒川堤防越水: ずくなしの冷や水

2015年09月14日

国も地方も住民の命を守る意思なし 常総市鬼怒川堤防越水

日刊スポーツ 2015年9月12日9時23分
越水「人災だ」住民反対押し切りソーラーパネル設置
 鬼怒川から大規模な水害が発生した茨城県常総市で11日、住民の逆井(さかさい)正夫さん(67)が「これは人災だ」と訴えた。同市若宮戸地区では、昨年3月ごろから大規模太陽光発電所(メガソーラー)が建設されたことがきっかけで自然堤防が削り取られた。豪雨による濁流はその場所から越水し、住宅地をのみ込んだとみられる。
 近隣住民で最後までメガソーラーの建設に反対していたのは逆井さんだった。昨年3月ごろから常総市、国土交通省の担当者らに鬼怒川氾濫の恐れを訴えた。今回の水害では同市三坂地区の堤防が決壊し、若宮戸地区で越水が発生した。
 建設場所は私有地だったが、「生命や財産を失う不安があった。それらを守る権利が国民にはある」と声を上げ続けた。しかし、同年5月には、同市石下庁舎の職員に「何かあれば自己責任で逃げてください」と切り捨てられた。「鼻つまみ者にされたんだ」。役所に味方にされず、逆井さんは地域で孤立していった。
 高さ2〜3メートルの自然堤防が約150メートルにわたって切り崩された。
(中略)
 近隣住民の50代女性は建設業者に脅されたという。「危ないから山を崩さないでと言ったら『あんまり騒ぐと、ここに住めなくなるよ。いいんですか』とすごまれた」と振り返る。自宅が壊滅的被害を受けた20代女性は「住民一体となって市なり、国なり訴えたい」と怒りをあらわにした。
(略)

国土交通省が学者を使って責任回避を図っているらしいので、見送っていた画像を掲載。Google Earthから。
画像掲載予定期間経過、3点削除

越水したとされる箇所にはメガソーラーが2社により建設されたらしい。そのうちの1社が当社は自然堤防を掘削していないとの文書を公表。

常総市長は、危険を知っていたはず。隣接の坂東市長が危険があったと指摘している。鬼怒川は一級河川、河川管理者は国土交通大臣。河川整備局の責任は免れない。

2015/09/19 17:59 【共同通信】
鬼怒川砂丘、掘削中止を業者拒否 国交省「影響否定できず」
 茨城県・鬼怒川の氾濫で、国土交通省は19日、自然堤防の役割を果たしていた川岸の砂丘を掘削して大規模太陽光発電所(メガソーラー)を建設した民間業者に昨年4月、「洪水時に(周囲の住宅などに)浸水する恐れがある」と掘削の中止を要請したが、拒否されたと明らかにした。
 国交省は緊急措置として掘削部に大型土のうを設置していたが、今回の水害では、土のうを越えて川の水があふれる「越水」が発生。住宅や田畑に大きな被害を与えた。
 国交省は「掘削や土のうの設置状況が氾濫に影響を与えた可能性は否定できない」とし、引き続き検証する方針を示した。
posted by ZUKUNASHI at 20:55| Comment(1) | 福島原発事故
この記事へのコメント
ずくなし様、日本国は,天下の無責任国家です。誰も責任は取りません。騙されて死んだ人が、バカなだけです。米国とロシアは、第2次世界大戦の日本と戦争の経験から日本兵は狂つたバカの兵士としか理解していません。今の日本人で、クランぜビッツの戦争論、マハーンの海上権力史論、戦争理論、核戦略、軍事を理解できる人は、いません。それなのに、経団連は、兵器の輸出をしたいそうですが、兵器は政治的商品ですよ、とても危険ですよ。
Posted by 西 亨 at 2015年09月15日 08:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。