戻らないなら後は知らない 楢葉町 避難指示解除 次に切り捨てられるのはあなたと家族です: ずくなしの冷や水

2015年09月05日

戻らないなら後は知らない 楢葉町 避難指示解除 次に切り捨てられるのはあなたと家族です

毎日新聞 2015年09月05日 東京朝刊 (抄、下線部は管理人)
 政府の原子力災害対策本部は5日午前0時、全域避難となった福島県楢葉町の避難指示を解除した。
解除は田村市都路地区と川内村東部に続き3例目で、全域避難した県内7町村では初めて。
一方、放射線への不安や病院などの生活基盤の不備などから、すぐに帰還する住民は約7300人のうち1割に満たないとみられ、町再生への道のりは険しい。
 国は2017年3月までに、放射線量の特に高い「帰還困難区域」を除き、県内の避難指示を解除する方針だ。
 国によると、楢葉町では宅地の空間線量が1時間当たり平均0・3マイクロシーベルト(昨年7〜11月)に低下。国は「年間被ばく量が帰還の目安の20ミリシーベルトを下回ることが確実になった」として、・・・解除を決定した。
 町内には福島第1原発の収束作業や除染を請け負う大手ゼネコンの作業員の宿舎が急増。しかし、住民の転出が相次ぎ、町の人口は事故前の8100人前後から約1割減少した。
 町の税収も減り、震災前に6割を超えていた自主財源率も3割程度と低迷が続く。一方、復興関連事業費は膨らみ、今年度の当初予算は10年度の5倍となる過去最高の200億円を突破

・・・引用終わり・・・

楢葉町の位置


楢葉町中心部、ほとんど市街地はない。Jビレッジはこの南にある。空中写真を拡大するとあちこちにフレコンパックの集積地がある。


楢葉町 2015/7/1 人口 7,010人。2010/1以降の出生死亡、転入転出の累積値。福島第一原発事故後避難者が増え、死亡者の増加率が高まっていることがわかる。転入者は、最近の伸び方は緩やか。除染事業に関しては、各地に作業員宿舎が設けられるのだろうが、リスクは高い。


2015/9/5 木戸橋付近 200億円分捕り放題の町の活気


※ 十全外人大庭亀夫 ‏@gamayauber01 氏の2015/9/5のツイート
行政的には福島楢葉町の避難指示解除には戻らずに他の町に暮らす人達には政府は今後いっさい何も助けませんという意味があるのだと、教えてくれた福島の人がいる。
「新しい場所で近所になじめるか不安です」と述べる61歳の男の人
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150905/k10010217261000.html
十全外人大庭亀夫氏が述べているのは正しいと思う。だが、関東などの汚染地帯に住む人は、避難しようがしまいがすべて自己責任だ。福島の人は、帰還支援措置のめくらましに迷いが見える。

新聞報道では楢葉町では年間被爆量20mSvを下回るとしている。

楢葉町のMP観測値 2015/9/5 14時30分時点


公設MPの測定値は、実勢値の6割程度だと言うのが定説。屋内外の遮蔽率は4割もないが、仮に屋内では屋外の6割だとして年間の被爆量を計算すると、最高値を示す波倉で0.358μSv/hだから年間3.136ミリシーベルト。

筆者は、20ミリシーベルトは論外で、年間1ミリシーベルトを超える場所には長居すべきでないと考えている。次の茨城県のMPの測定値は、筆者は信頼性に疑問を持っているが、これに比べても楢葉町の高さが分かる。

茨城県のMP観測値 2015/9/5 14時40分時点


茨城県の人口動態は、最近急激に悪化している。楢葉町に住めば茨城県平均よりも大幅な寿命短縮に見舞われることは確実だ。

楢葉町の井出川河口では、2013年07月に高線量物質が次々見つかった。どう飛んだのか、流れてきたのかは、解明されていない。

除染などに関するツイートを再掲する。

※ 美奈子‏@venus28aust氏の2013/3/24のツイート
繰り返します。福島に来ないでください。福島の物を食べないでください。 あなたが福島に来ると、福島の子供達が逃げられなくなります。 あなたが福島の物を食べると、福島の子供達が放射能汚染物質を食べることになります。

※ 田中康夫 ‏@loveyassy 氏の2013/9/1のツイート
(涙) RT @ueno_takeshi 「除染は有り得ず不可能。『移染』に他ならず」と当初から国会議員では田中康夫が主張。この真実を大新聞、マスコミが無視。そこから大きな問題が続いている。因みに除染幻想を作ったのは現規制庁・田中俊一、東大・児玉龍彦の両名 #1134golden

※ 地下鉄ペッコ ‏@pecko178 氏の2015/8/3のツイート
当初の涙ながらの熱弁は素晴らしかった児玉龍彦氏。でも南相馬市と癒着しちゃったもんね。
南相馬市の桜井市長= 竹中工務店=児玉龍彦氏
除染で国民の税金を無駄遣い。
http://hibi-zakkan.net/archives/26596612.html

上で見るように、被爆によって住民の健康が損なわれ、寿命が短くなることなど、日本人の多くは意に介していない。先進国の人々は、驚き呆れて日本の実態を見ている。

シリアからの難民が中欧に押し寄せ、欧州主要国は受け入れざるを得なくなっている。

一方、日本では、FUKUSHIMAの難民を、HAPPY FUKUSHIMAだとか囃し立て、貧困を梃子にして現地に押し止めようとしている。アウシュビッツと同じことが行われていても、声をあげる人は少ない。日本人は、人権意識が薄いのだ。そういう人は、自分の人権が危機に瀕していることを認識するのも遅い。

オリンピックの競技の一部が福島で行われるという。来日外国人に放射能の害をたっぷり経験してもらう機会になるだろう。そして、日本人の弱り具合も世界に広く伝えられるだろう。

筆者がいつまで、どこまで、この世界史に残る惨劇を記録できるかは分からない。

ただ一つ確実なことは、日本人が、ばたばた逝っても、世界の同情は寄せられないだろうということだ。

2012年10月11日 建設会社にとって除染ほどおいしい仕事はない
2014年06月25日 濃厚汚染地域の除染は、作業員が被曝するだけに終わるのではないか
2013年07月11日 井出川河口の高線量物質
posted by ZUKUNASHI at 17:50| Comment(1) | 福島原発事故
この記事へのコメント
確かに、楢葉。線量の濃い所では、ずくなしさんご指摘のように、
3mSv/年なんですね。
まだ、未計測の所で、もっと、濃い所もあるかもしれない。
何れにしても、この地帯、事故前の1mSv/年未満から、3mSv/年に
上ったということです。
その事故前の1mSv/年だった、
政府も、きっちり信奉しているICPRの勧告からは、
http://textream.c.yimg.jp/res/textream-cimg/69/70/1009508-6ebda3eeno/357/9476b5a0e16c71761e88e4168350c223.jpg
日本の人口
1億2700万人のうち5000人程度は、放射能由来で死にます。
(だから、基準などあってないものなのですね。
 産業発展の意向もあって、犠牲と発展、両天秤かけ、妥協で決めたものです。
 数値は、できるだけ低く抑えておくと)
だから、楢葉の全人口換算ですれば、
環境線量が2mSv/年、3mSv/年と上がっていけば、
その数値に比例し、病死者数は増えるとの言い分ですから、
楢葉の元人口が7000人であることからすれば、
全町民を帰民させれば、犠牲は元の3名から9名程度に増える計算になり、
セシウム137やストロンチウム90の半減期が30年前後である処を、
そんな事故後4年半程度で、帰していいのかなあ、と思います。
帰民=棄民かもしれませんね。
ところで、国連
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150905-00000050-asahi-int
あくまで一般論としてだが、従来、戦争に勝った・負けたかは、原因にも遡れれば、どちらが正義か不正義かは言えない面もあるので、国連事務総長が、抗日祈念に出るのはどうかと私自身思いました。しかし、よく考えてみると、潘事務総長は韓国人です。今回の行動は、日本からの韓国へのWTO提訴が効いていると見るべきでしょう。
http://www.sankei.com/world/news/150820/wor1508200036-n1.html
逆の立場にしてみれば、国民の命の事で、許せない根に持つ案件でかと。
他50か国も、放射能を恐れ、依然、日本の産品、輸入禁止にして、
それを段階的に強化している国もあるのに、日本の旧植民地である事を傘に着て、台湾・韓国だけには、抗議。
しかも、その韓国には、見せしめ的に、脅し目的だけに提訴した。
どこの国でも、事故から数年経ってからの健康被害の状況や、
福島の事案だって、白血病や甲状腺がんが増えていることは、
内外誰でも知っている。
前述のICRPリスクも皆頭に入っている。
特に、韓国が禁輸にした海産品は、大きな魚を小さな魚が食べ、
放射性物質は、魚体の中に圧縮されていく。
如何に、個々の食品、Bq/kg値で規制をかけても、一部県の米を除いては、
どの食品も、全数ではなく、抜き取りか抜き打ち検査。
しかも、セシウム134、137同様、
主要核種のストロンチウム90に関しては非検査。
これ、検査をしなくていいのではなく、検査必須だが、
あくまで、金もかかり手間もかかるため。国がそれを嫌った結果。
しかも、ふつう人は、1回の食事でも、
いろいろなモノを取り混ぜて食べるので、
1食品の規制値が、100Bq/k以内であっても、
運が悪ければ、全体として高い値になり得る
(ここも、スーパー・小売店のレジで、バーコードに線量を同期させて、
 何らかのチェック・歯止めをするように、国にはかつて頼んだが、
 未だに何もされていない)。
だからこそ、国内でも、地産の農水産品を事故後ずっと食べ続けていると、
腹から放射線を出している人が、茨城県で多数現れているのだ。
(セシウムが胃に堆積したことによる)。
こう言う事を知っているので、
私だって、商標見て、東日本の産品は食えないのだ。
(混ぜられていたらし方がないが)
こう言うリスキーな状況は、別に政府が隠蔽しなくても、
今は、チェルノブイリの事故から4半世紀。
物体を分子単位で見るナノテクが進んだので、
風評被害か健康被害かどちらなのか検体を持ち込めば、判別出来る事も含め、
皆何処もかしこももはや知っている。
だから、提訴までして、外国人の口に、
リスキーなモノを、押し込もうとしたと言うことは、
いかに安倍さんが、軍事供与と言う面で、日本の世界的地位を上げようとしても、
今回のことで、「日本人は危なく野蛮」と言う評価下され、
国民にも諮らず、今年4月にオバマや米議会の所に行った努力や、
生きるか死ぬかの人質がシリアに取られているのに
その敵国側のエジプトやイスラエルでサポートの威勢のよい
演説をして来た勇気は、
水泡に帰す。
日本は、食べ物関係でもはや国民の命を守る処に
眼が行かなくなっているとしたら、
1997年に、日本も、害虫の流入を防ぐためとして米国産リンゴを禁輸措置に
しようとした事を思い出すべきだ。
「最初から犠牲ありき」ではなく、
あらゆる国民の命・健康の事を真摯に思う人道的なスタンスの内閣は
国内にも確かにあった、と。
今回、国は、訴える相手を間違っていたんじゃないかと思う。
韓国・台湾はじめ和食の禁輸をしてる50か国、
またフィリピン・ニュージーランド等、非原発国
(前者は、濃い放射性プルームが飛んでいるし、
 後者も、向こう産の牡蠣やトロから、福島由来のプロ二ウムがこの8月に検出)には、まずすべきは訴の提起ではなく、福島の事故への謝罪であって、
逆に訴追すべきは、津波が近々に襲うと言われながら、それを無視、
一旦停止・点検もせずに、原発の運転を続け、
案の定311で放射性物質を広範に撒き散らし、
正味、多くの日本人も皆激昂している、
サリン撒いたオウム(軒並み死刑判決)並みのことをやった犯人である。
被告は100人で留まらないんじゃないだろうか?
我々から税金を託されている安倍・菅は、何故、それを真っ先にしない?!
これが私の感想です。
Posted by 浮き船 at 2015年09月06日 10:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。