福島県がどうやっても人口維持は困難: ずくなしの冷や水

2015年08月30日

福島県がどうやっても人口維持は困難

いわき市 2009/12から2015/7まで


2015/7は福島県全体でも社会減。自主避難者の支援打ち切りで、住民登録を他県に移す人が増えるだろう。


男の壮年層で社会増。除染業務などに従事する者の流入と見られる。

年初来でも傾向は同じ。
2015/1〜7合計 福島県年齢階層別の対県外転出入差し引き。左男、右女。


福島第一原発の構内作業従事者は全国から来ており、建設会社の寮は他の地域からのアクセスとJビレッジに寄る便を考え、いわき市に集中。除染業務などの従事者は各地に分散。

福島第一原発の構内作業従事者は、毎朝まずJビレッジに入り、タイペックを着て装備を整えてバスなどでF1に向う。



2012/4頃はF1の5km手前で全面マスクを着用していた。

次は、2015/2の長者原交差点の光景、こんなところでタイペックを着ており、防護のルールが形骸化している。



上のグループは、福島県内の地元業者の集団と見られる。



2012/4頃は「福島第一原発作業員日誌」によると、当時いわき市に住んでいた作業員は、住民登録は行っていなかったようだが、最近は、住民登録を求めているらしいから常住人口に含まれることもある。

福島県といわき市について、2011/7と2015/7の男性人口の比較。65歳以上では、F1で働くのは難しいだろう。F1構内作業従事者の増加があっても、生産年齢人口は減っている。



F1での構内作業や除染業務の賃金水準は、労働環境の厳しさに比較すると極めて低い。

被爆量の制限があること。従事者の多くは被爆量が増大することによるリスクを知っており、限度が引き上げられても年齢が若い人ほど長く働くことには消極的だ。

すでに従事者の年齢水準が上がっているとされている。

「福島第一原発作業員日誌」によると、建設現場で行われているような入構前の血圧チェックなどは行われていない。

2015/8には、F1での作業従事者の死亡が3件となった。今後も、労働災害が続き、病気によるものと合わせて亡くなる方が増えていくのではないか。

福島県は、残留人口の高齢化と被曝障害の深刻化で、この先死亡数が急増する恐れがある。          

・・・・・

※ 原発はいますぐ廃止せよ@kokikokiya氏の2014.10.02 22:40のツイート
除染作業員1万5000人超に - NHK福島県のニュース



このソースは、壷井明氏の著作
2012/8/22亡くなられた方に関する新聞報道

※ フジテレビ系(FNN) 2013年11月8日(金)18時29分配信
福島・白河市のショッピングセンターで、ごみ置き場から、男性の焼死体が発見された。
焼死体が見つかったのは、JR新白河駅の近くにあるショッピングセンター「メガステージ白河」で、午前3時20分ごろ、ごみ置き場から、火が出ているのが見つかった。 火は、およそ20分後に消し止められたが、ごみ置き場から、男性の焼死体が発見された。
近くの住民は「こんな静かなところで、こんな事件が起きるなんて、「本当に恐ろしいです」、
「まさか、ぼや騒ぎかなと思っていたものですから、まさか1人亡くなっているとは思いませんでした」などと話した。
捜査関係者によると、男性は、ごみ置き場の中であおむけの状態で
見つかっていて、油が燃えた跡があり、外側からは、留め金がかけられていたという。
警察は現在、司法解剖を行っていて、死因や身元の特定を急いでいる。

※ 時事通信 11月13日(水)18時48分配信
福島県白河市のショッピングモールで8日未明、燃えた業務用ごみ箱から見つかった遺体について、県警白河署は13日、DNA型鑑定の結果、除染作業員の亀井輝光さん(41)と特定した。
捜査関係者によると、ごみ箱には細断された紙くずが大量に入っており、近くにたばこの吸い殻があった。亀井さんが暖を取るためごみ箱に入り、たばこの火が燃え移った可能性があるという。

※ 15歳少年に福島原発除染業務 労基法違反疑いで会社役員逮捕(福島民友)2015/2/19
東京電力福島第1原発事故に伴う除染業務で15歳の少年を働かせたとして、愛知県警は18日、労働基準法違反の疑いで、名古屋市の土木建設会社専務千葉祐士容疑者(49)=福島市=を逮捕した。
逮捕容疑は、昨年7月22日、福島市南矢野目の大型商業施設で、当時15歳だった愛知県北名古屋市の少年(16)に、放射性物質で汚染された草木や土を取り除く作業をさせた疑い。
県警によると、千葉容疑者は労務管理を担当し、除染作業の現場責任者だった。少年に「福島にいる間は18歳で通せ」と年齢を偽るよう指示していた。
県警に対し「アルバイトに行かせただけ」と話しているという。
少年は中学卒業後の昨年4月、この土木建設会社に就職。5月から福島市内の建設現場で働き、7月に除染作業の現場に移って5日程度働いた。同月22日に現場から逃げ出したという。
労基法では、18歳未満を、放射線にさらされるような危険な業務に就かせることを禁じている。違反すると、6カ月以下の懲役または30万円以下の罰金と定めている。

※ 除染作業員の健康診断書偽造か 福島の病院が告発へ 2014/10/02 19:53【共同通信】
福島県平田村のひらた中央病院は2日、除染作業員用の健康診断書が偽造された可能性があるとして、有印私文書偽造・同行使の疑いで近く刑事告発すると発表した。
 記者会見した病院によると、除染作業員の健診の実態を内部調査していた大手ゼネコン鹿島(東京)から9月24日に問い合わせを受け、同病院で健診を受けたことになっている8人の記録を調べたが、うち1人については受診が確認できなかった。
 鹿島が保管するこの作業員の健診結果を記した「個人票」には、検査結果とともに、病院に実在する医師名のはんこも押されていたが、はんこの形や大きさなどが異なっていたため、偽造と判断した。

※ 除染作業員の健康問題
医療ガバナンス学会 (2014年10月13日 06:00)
福島県南相馬市立総合病院
研修医 澤野豊明
南相馬市立総合病院にH23年9月以降に入院した患者の中で、カルテの中に除染の文字がある入院患者について調べてみた。患者はすべて男性で、彼らの年齢層はほとんどが生産年齢人口(15歳〜65歳)に一致していた。データを集計したところ、入院病名で最も多かったのは脳卒中で、基礎疾患では糖尿病が多かった。この結果は当院が相双地区唯一の脳外科病院であることを差し引いても、生産年齢人口においては非常に多い数であった。糖尿病に関して、特筆すべきはそのうち半分以上の患者が未治療または治療拒否をしており、入院病名もやはり糖尿病に伴う合併症と考えられる脳卒中や蜂窩織炎が多かった。

※ 被曝が心配なbotですよ@tegiru2 氏の2014年9月11日のツイート
田中康夫氏→皆さん、御存知ですか? 除染費用の政府予算は1日1人当たり4万6千円。これが元請けのゼネコンや東電関連会社に支払われている。ところが、危険と闘う現場の作業員へは1日8千円。政府支出の2割以下しか貰えてないのは一体、何故なのか。(2012 10/22党首会談にて
posted by ZUKUNASHI at 15:30| Comment(1) | 福島原発事故
この記事へのコメント
汚れた心 ブラジル映画 Corações Sujos 予告編
https://www.youtube.com/watch?v=n9mF79rrkow

この映画に出てくる状況、
日本語以外の言葉が出来ず、正しい情報を取捨選択することができず、
困難な環境に置かれ、自らが信じたいことだけを信じ
真実を知る人々を国賊呼ばわりし、あまつさえ危害を加えていく人々。

彼らは「勝ち組」と呼ばれていた人々です。
70年経った今、アベノミクスに浮かれ、自らを勝ち組であると名乗る人たちは、奇しくもこのブラジル移民の勝ち組と同様に無知であり、哀れです。

独や伊にも、終戦時、同様に移民として生活し、情報が無く、日本人移民達の勝ち組と同様な行動を取った人々がいましたが、数ヶ月の話でした。

日本人だけはこの異常行動が11年続いたそうです。
(現実には1973年に帰国したブラジル移民家族が、帰国してもまだ「勝ち組」であったので、30年経ってもダメ、とも言えますが)

この話、日本不敗神話を原発安全神話に置き換えれば現代でもそのまま通用しています。たった今も。

「勝ち組」を信じる人たちが、放射性物質の危険さと、日本政府の無責任さに目覚める日はあり得ないのだと、歴史から学んでしまいました・・・Orz

参考URL
ブラジル移民の100年 勝ち組と負け組
http://www.ndl.go.jp/brasil/s6/s6_1.html
現代事件簿 No.071 「日本は戦争に勝った」と信じ切ったブラジル「勝ち組」騒動
http://ww5.tiki.ne.jp/~qyoshida/jikenbo/071kachigumi.htm
臣道連盟 Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%A3%E9%81%93%E9%80%A3%E7%9B%9F
のぼのブログ
映画 けがれた心 ブラジル日系移民の勝ち組・負け組
http://ameblo.jp/novomacumbembe/entry-11326591272.html
Corações Sujos
https://www.youtube.com/watch?v=qhFZnkwnzk0


Posted by STOMKK at 2015年08月31日 21:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。