路上寝込みによる交通死亡事故が増えている : ずくなしの冷や水

2015年08月22日

路上寝込みによる交通死亡事故が増えている 

カイトのブログ
路上寝込みによる交通死亡事故が増えている
2015-08-09 07:30:00 から全文転載。(削れるところがない)

ところ構わず寝てしまう⇒車に轢かれる⇒ご臨終

こうなることは誰でも推測できるわけで、それを裏付けるツィートがありました。



また、どこかのサイトでは、埼玉県で路上で寝ていた人が車に轢かれて死亡する事故が7月末までに8人いた(過去最高は6人)との話も見かけました。


埼玉県警
更新日:2015年3月6日
路上寝込み等の交通事故防止
路上寝込み等を発見したら、すぐに110番!その通報で、大切な命が救われます。
埼玉県内における路上寝込み等による交通事故死者数は、平成20年から平成23年まで4年連続全国ワースト1位でしたが、平成24年は15人(前年比-3人、全国ワースト2位)、平成25年は5人(前年比-10人、全国ワースト6位)と減少傾向にありました。しかし、平成26年は8人(前年比+3人、全国ワースト4位)と増加に転じました。
また、埼玉県内における路上寝込み等による交通事故死者数の月別累計数から、平成22年以降、特に、2月、5月及び7月から9月の間に路上寝込み等による交通死亡事故が多発していることが分かります。
暗い道を運転する際には、「もしかしたら・・・」という心構えで先の道路上をよく注視するとともに、もし路上で寝込んでいる人を発見したら、速やかに「110番通報」をお願いします。

埼玉県内における路上寝込み等による交通事故死者数の年別推移(平成22年から平成26年まで)



・・・引用終わり・・・

ここで、「路上寝込み等の交通死亡事故」とは、「酒に酔ってふらついたり、路上に寝そべったり、又は徘徊するなどして、車両(自動車等)にひかれる交通死亡事故」を言う。

カイトのブログには、「埼玉県で路上で寝ていた人が車に轢かれて死亡する事故が7月末までに8人いた(過去最高は6人)との話も見かけました」とあり、過去最高が6人であれば、新しい傾向を示していることになる。
posted by ZUKUNASHI at 12:00| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。