東京オリンピック参加選手は内部被曝不可避: ずくなしの冷や水

2015年08月22日

東京オリンピック参加選手は内部被曝不可避

福島民報 2015/07/25
東京五輪で本県食材 遠藤五輪相が導入意向
 遠藤利明五輪相は24日、都内の日本記者クラブで記者会見し、2020年東京五輪・パラリンピックの選手村で使う食材に福島県産品を導入したいとの考えを明らかにした。東京電力福島第一原発事故からの復興を後押しする狙いがあるとみられる。東日本大震災の被災地での競技開催にもあらためて意欲を示した。
 遠藤氏は会見で「選手村で福島県の食材を使うということもある。さまざまな形で被災地との関係を強めていきたい」と語った。
 政府の大会推進本部事務局によると、選手村で使う食材は大会組織委員会が開幕前までに決定する。政府は原発事故からの復興支援と風評払拭(ふっしょく)のため福島県産食材の導入について検討を進め、大会組織委員会に働き掛けるとみられる。
 一方、被災地での競技開催について遠藤氏は「可能なら予選をやりたい」とし、今後決定する追加種目の予選(一次リーグ)を県内などで実施したいとする考えを強調した。

・・・・・

上の記事が英訳されています。

#原子力発電_原爆の子 New!
Fukushima Foods for Tokyo Olympics Athletes – Endo Olympics Minister says. http://besobernow-yuima.blogspot.com/2015/08/fukushima-foods-for-tokyo-olympics.html?spref=tw


・・・・・

※ Telmina N. Arias ‏@Telmina 氏の2015/8/22のツイート
いやマジで、アスリートを大事だと思っている諸国は、2020年東京五輪参加のボイコットを早めに明言してほしい。それが、世界中のアスリートを救うことにもなる。

・・・・・

2015/8/22に欧州在住の方から寄せられた情報。引用開始。

ヨーロッパに住んでいます。  時々おじゃまして記事を拝読してはため息をついたり たくさんの事を学ばせて頂いております。 福島原発事故について日本国内で正しい情報が共有されていないことと原発再稼働についてとても心配しています。

  今日は2020東京オリンピックのことで投稿させて頂きました。 安倍総理のアンダーコントロール発言をこちらの人々は信じておりませんので 東京開催が決定した2013年の時点ですでにIOC非難の声が上がり アスリートの努力の4年間を無駄にする気か! と怒りが爆発しました。

  その後しばらく下火になっていたのですが、ベルギーで行われるオリンピックエンブレム知的財産権裁判により 再び 議論が始まることと思います。 ベルギーサイドがJOCを飛び越してIOCを相手に提訴したのも 利権やお金など まさしく原発利権と同様の問題構造がオリンピック開催にも当てはまるからです。

 ベルギー勝訴は確実視されていますので IOCの対応に注目したいです。 JOCがアンダーコントロールを押し通そうとしても 海外諸国の厳しい目をごまかすことはできません。

  以前 ドイツの雑誌記者が山下俊一教授の日本国内での発言を疑って真偽を確かめるためにインタビューをしたこともあります。  2012ロンドンオリンピック開会式では日本人選手団が強制的に退場しました。

  私は IOCの敗訴により IOCがJOCを損害賠償で提訴し東京オリンピックは開催返上せざるを得ない状況になると思っています。

・・・引用終わり・・・

Sさん、ありがとうございました。

参考記事
2015年08月19日 山口県で開催のスカウト世界大会参加のスウェーデン人ら、髄膜炎に罹患の可能性
posted by ZUKUNASHI at 17:32| Comment(2) | 福島原発事故
この記事へのコメント
何を狂ったのか、もう、滅茶苦茶。福島県の食材、冗談にもほどがある。これでは多くの国が東京五輪ボイコットだね。
Posted by こばけんぞう at 2015年08月22日 06:24
いま一番の急務は暴走原発をどうにかすること。次が現在進行形の被曝者を救うこと。
どちらも無理だから五輪だ何だと国民の関心を逸らしている気がしますが、それまでに
巨大地震・大噴火が来る確率が高く、五輪どころか日本の存続自体が危ないのでは?
Posted by ずんだもち at 2015年08月22日 17:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。