免疫低下による疾患が増えている 被曝はその大きな原因: ずくなしの冷や水

2015年08月20日

免疫低下による疾患が増えている 被曝はその大きな原因

免疫低下による疾患が増えている。

※ かにちゃんと世界線 ‏@hunterkani 氏の2015/8/19のツイート
"mdmdmdx: トレンドに人食いバクテリアあるけど去年これ疑われて診断書持たされて大きな病院→帯状疱疹ですよの診断→家帰って救急搬送→蜂窩織炎で入院やったわ
皮膚炎系は怖いね"

※ tomoko isobe(脱被曝に一票) ‏@sobtomk 氏の2015/8/19のツイート
わたしの周りでも2011年には蜂窩織炎が何人も出ました。1人は重症で無菌室に入院するほど。本来は免疫力の低下したお年寄りや重度の糖尿病患者がかかるらしい。

蜂窩織炎(ほうかしきえん):蜂窩織炎は基本的には黄色ブドウ球菌などによる皮膚感染症である。感染部位は真皮から皮下脂肪組織である。表皮に感染した場合は伝染性膿痂疹となる。顔面、四肢に好発し、境界不明瞭な局所の発赤、腫脹、疼痛、熱感が急速に拡大する。発熱、頭痛、悪寒、関節痛を伴うこともある。Wikipedaから。

人食いバクテリア :「劇症型溶血性レンサ球菌感染症」 初期症状は手足の腫れや激しい喉の痛みなどが出る。その後、急激に手足がえ死する症状を起こす場合もある。血圧低下や多臓器不全からショック状態におちいることもあり、発病後数十時間で死に至ることも少なくない。致死率は、約30%にのぼる。患者数が過去最多になっている。
The Huffington Post 2015年08月18日 から

原田氏病:(前駆期)感冒症状、頭痛、発熱などの症状が出現する。耳鳴、めまいなどの髄膜刺激症状も出現する。発病の3〜7日でみられる。
(眼病期)両眼の肉芽腫性ぶどう膜炎および漿液性網膜剥離による視力障害がおこる。
自己免疫疾患・ウイルスなどが疑われるが、原因は今のところ分かっていない。Wikipedaから。
・・・原田氏病を発症した噺家は3日程で目が見えなくなったという。

髄膜炎:髄膜(脳および脊髄を覆う保護膜)に炎症が生じた状態である[1]。脳膜炎、脳脊髄膜炎ともいう。Wikipedaから。
山口県で開催されたスカウト世界大会参加のスウェーデン人らが髄膜炎発症の可能性と伝えられている。
posted by ZUKUNASHI at 10:28| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。