山口県で開催のスカウト世界大会参加のスウェーデン人ら、髄膜炎に罹患の可能性: ずくなしの冷や水

2015年08月19日

山口県で開催のスカウト世界大会参加のスウェーデン人ら、髄膜炎に罹患の可能性

第23回世界スカウトジャンボリー概要
会期:2015年7月28日(火)〜8月8日(土)
会場:山口市阿知須・きらら浜他
参加者:世界162の国と地域から約3万人
参加対象者: 世界各国の14歳から17歳のスカウトと引率指導者、18歳以上のスタッフとして参加する指導者

【AFP=時事】8月18日(火)10時1分配信
スウェーデンの公衆衛生当局は17日、日本で最近開催されたスカウトの世界大会へのスウェーデンからの参加者に髄膜炎に罹患(りかん)した可能性のある患者3人が確認されたと発表した。同局は、同国の参加者1900人全員に医療機関への受診を要請した。
 同局は、声明で「スウェーデンには現在、髄膜炎の可能性の高い患者が1人存在し、2人(の患者)を調査中だ」と明らかにした。
 日本で7月28日〜8月8日まで開催されたボーイスカウト・ガールスカウトの世界大会「世界スカウトジャンボリー」に同国から参加した約1900人の大半は、14歳〜17歳の10代の少年少女だった。
 公衆衛生当局は同大会の参加者に対し、医療機関を受診し、感染の可能性がある髄膜炎菌感染症の拡散を予防する抗生物質の処方を受けるよう要請した。
 脳や脊髄を覆う保護膜の「髄膜」に炎症が生じる髄膜炎は、生命に危険が生じる可能性もある疾患。症状としては、高熱、項部硬直、嘔吐(おうと)、激しい頭痛などがある。
 公衆衛生局によると、これまでに、欧州からの参加者数人に症状が現れており、英スコットランド(Scotland)では患者3人が確認されているという。

Daily Jamboree Life から
posted by ZUKUNASHI at 22:46| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。