草も木も外部被曝より内部被爆で枯れていく 人や動物も同じだろう: ずくなしの冷や水

2015年07月25日

草も木も外部被曝より内部被爆で枯れていく 人や動物も同じだろう

長者原交差点の定点カメラから見える耕作放棄田が枯れ上がっているように見えます。なぜ、今枯れてきているのでしょう。

もちろん外部被曝の蓄積は大きいです。2015年07月25日 13時00分現在の線量率は9.520μSv/hあります。ですが、草は多くが1年生ですから春に芽をふけば、年の途中で一斉に枯れるとは考えにくいです。

水不足などによる枯死でないとすれば、除草剤のような薬品の影響、またはそれに近いものではないでしょうか。

定点カメラから見る限り、長者原の樹木に枯死は顕著にはなっていません。

夫沢2区の累積空間線量を試算します。2011/3/15を起算日として2015/7/25までで、約800ミリシーベルトです。0.8シーベルトです。



福島第一原発事故直後の双葉町山田や大熊町大野の線量率に比べて初期値設定が過大とは思いません。


植物は、外部被曝に関しては比較的強いのかもしれません。それを考慮すると、たとえばつくば市で木が枯れているのは、外部被爆、つまり環境の放射線量が高いためということではなさそうだとわかります。

筆者が見た杉の枯死は、アスファルトで舗装した作業場の周辺に植えてあり、降下した放射性物質が濃縮する可能性のある場所でした。

放射性物質は、重金属が多く、大半が毒物です。放射線を出すべく待機中のものも、放射線を出して崩壊し他の物質に変わったものも化学特性としては生物には有害です。

空間線量率が高いということは、これまでに降下した放射性物質が多いことを示します。放射線を出し終わったものは測定器では感知できませんが、姿を変えてその場にとどまります。

今なお、放射性物質は降下しています。どんどん重金属が増えていく状況です。

いずれ、草が枯れ、木が枯れていきます。草が枯れるような土壌で栽培された農作物は、確実に有毒です。農薬まみれと同じようなものです。

すでに北米西海岸の沖合いでは、海洋生物の激減が生じています。

福島第一原発から離れれば、原則的に土壌の汚染は下がります。ですが、汚染実態はまったく分かっていません。セシウムのほかにストロンチウムやプルトニウム、そしてウランとその娘核種が広範に降下したことだけははっきりしています。

放射性物質によって汚染されたものを吸収すれば、どんな害が出るか、長者原の草や木は、これから私達に警告してくれます。

汚染地域のものを食べても大丈夫などと、無責任なことを吹聴しているやつらは、いつの間にか姿をくらますでしょう。

それでようやくだまされていたことに気付いても遅いのです。そういう人は、草や木の後を追うだけでもう引き返すことはできないでしょう。
posted by ZUKUNASHI at 14:13| Comment(4) | 福島原発事故
この記事へのコメント
茨城県からです。今年はセミの声が少ないです。カエルもやや少ない。ほかの虫も少ないように思えます。

気候?農薬?放射能?

他の地域ではどうか、問いかけていただけませんか。


Posted by 百姓かあちゃん at 2015年07月26日 03:38
琵琶湖最南端近辺では、年々樹勢が弱まり、昨年、一昨年には、クスノキや柳など、樹皮にヒビが入っているタイプの樹木の、太い枝がポッキリ折れて落下しているのをよく見かけました。
ここ数か月は、高温多湿の時期なのに、しだれ柳に枯葉が目立ちます。来春までもたない気配が濃厚です。完全枯死した樹も見られます。
近くに水田が無い為、アマガエルの実態は不明ですが、そういえば今夏はウシガエルの声を聞いていないなとハッとしました。蝉は健在です。
滋賀でこんな状況なのに、なぜ福島の植物は、曲がりなりにも命を保っていられるのだろう?…低線量被曝がかえって危険だとする「込んだナイトクラブの法則?」かなんか、ありましたよね?それなのかな…無い知恵を絞り続ける、この四年間です。
Posted by 珠夏 at 2015年07月26日 08:25
ずくなし様、貴重な情報いつもありがとうございます。

房総の下の方にいます。目立った変化は今のところありません。

ツバメは今年三回来ましたし、すずめ、ザリガニもいます。放し飼いの鶏も元気に見えます。セミシグレも梅雨明けから聞こえてきました。

一つだけ思い出しました。今月の上旬、家のトマトや近所数件のトマトの葉が黒くなり、枯れていきました。
全部植え直し、今は大丈夫です。

あと一つ、2011年頃、松枯れが目立ちました。以前からここら辺は進行していたので、放射物かどうかはわかりませんが。
Posted by せみしぐれ at 2015年07月26日 08:41
宮城です。セミはかなり多く、スズメなどの鳥も元気で鳴き声うるさいです。
小動物には異変は感じません。
でも植物の枯死は多いです。去年まで青々としてた柳が春頃から茶色く枯れて、
アジサイも(多雨なのに) 咲いてすぐ茶色く枯れます。花が長持ちしませんね。
毎日高温多湿で、福島から放射性物質入りの湿気が来ているせいかも...
子供の集団感染症の話もよく聞きます。
関東より多少ましかもしれませんが、汚染の蓄積が恐いです。
Posted by ずんだもち at 2015年07月26日 09:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。