大都市はもう大丈夫なのか 人口流入で薄れる危機感: ずくなしの冷や水

2015年07月01日

大都市はもう大丈夫なのか 人口流入で薄れる危機感

東京の市部26市の合計では、福島第一原発事故後、5万人の流入超過となっています。自然減の累計は数千人です。


人口の流入があると、出生数が下支えされ、増加することも多いので、出生と死亡の両方を勘案した指数では悪化が薄まります。


横浜市と川崎市の合計では、4万人の社会増です。自然増も約3万人。出生数が増加傾向にあります。




人口流入地域は、死亡数の増加に注目すべきなのかも知れません。この1年間の死亡数の伸び率。直近6ヶ月と前年同期の比較です。


中央値を越えるもの掲げましたが、ざつと見ても、少し違う顔ぶれです。目黒区、新宿区、中野区、埼玉では見沼区、越谷市、新座市、茨城ではひたちなか市、水戸市、神奈川の鎌倉市、港北区、千葉は濃厚汚染地帯の4つの小選挙区が上位に来ています。

人口の流入が止まれば、順位は大きく変動します。もう大丈夫では決してありません。
posted by ZUKUNASHI at 16:36| Comment(2) | 福島原発事故
この記事へのコメント
外国人が6万人近く増えているにも関わらず、この列島の人口は27万人余り減ってるます。
外国籍の人は「ダメ」と思えば瞬間的に逃げ出すことができるから、瞬間的に200万人余り減る可能性もあります。
http://mainichi.jp/select/news/20150702k0000m010101000c.html?fm=mnm
Posted by STOMKK at 2015年07月02日 07:02
これが奴隷国家の被曝基準
避難とか防ぐとか何も考えてない・・・
<blockquote class="twitter-tweet" lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr">全く「防護」になってませんよね。被曝を全て受け入れろというグラフにしか見えません((((;゚Д゚))))RT <a href="https://twitter.com/YuriHiranuma">@YuriHiranuma</a>: 長瀧氏、こんな資料使ってたとは? <a href="http://t.co/bdGyXm1iY4">pic.twitter.com/bdGyXm1iY4</a></p>&mdash; スカルライド (@skull_ride) <a href="https://twitter.com/skull_ride/status/616370515163254784">2015, 7月 1</a></blockquote>
<script async src="//platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script>

上記は埋め込みです。
ダメなようなら以下でお願いします

https://twitter.com/skull_ride/status/616370515163254784
Posted by STOMKK at 2015年07月02日 19:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。