被曝症状最前線 1 だるい 眠い 慢性疲労症候群: ずくなしの冷や水

2019年04月17日

被曝症状最前線 1 だるい 眠い 慢性疲労症候群

慢性疲労症候群と呼ばれます。

疲れやすい

疲れが取れない

だるい

眠い

眠くて起きていられない

道路でも駅でも寝てしまう

失神・卒倒

ぶらぶら病(慢性疲労症候群)になると椅子に座っていることも出来なくなる


福島第一原発事故から丸4年を経過した頃から、強い嗜眠性向を示し、あちこちで倒れている人、寝込んでいる人が目立ち始めました。継続的な被曝、特に内部被曝が原因と考えられます。

4年半を経過した2015/9現在、交通事故の多発、階段での転倒なども増え始めています。

上のチャートに沿って症状が進行しているなら、何を置いても汚染の低いところへま転地、避難が必要です。今の生活スタイルは、被曝回避がまったく図られていないのですから根本的な変更が必要です。

2019年04月17日
慢性疲労症候群 ぶらぶら病が急増しているらしい

2018年07月12日
ブラブラ病とみられる方が出ています このブログの全信用をかけて書きます

初出 2015-09-09 10:59:39
posted by ZUKUNASHI at 12:34| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。