福島第一原発事故直後 関東産野菜を食べ続けていた方は甲状腺異常に注意を!: ずくなしの冷や水

2015年06月12日

福島第一原発事故直後 関東産野菜を食べ続けていた方は甲状腺異常に注意を!

※ 2ちゃん原発情報 ‏@2ch_NPP_info 氏の2015/6/11のツイート
名無し:05/29 23:40
2月16日今日で無事23歳
群馬県邑楽郡在住
https://www.facebook.com/mie.kobayashi.1048/posts/1601576933392507
とゆーのも、今月の20日。急に喉が腫れまして。何だこりゃー!と思って翌日医者に行ったら、甲状腺のう胞との診断

・・・引用終わり・・・

群馬県邑楽郡は、埼玉県と利根川を挟んで接する群馬県南部、野菜の産地です。

2015年06月04日 食べて応援の農水省農業環境技術研究所は なぜ千葉の野菜を測定しなかったかの記事に掲げましたが、2011/3/18に採取したサンプルから放射性ヨウ素5万ベクレル/kgが検出されています。

上の記事にある検査結果では、群馬県産のものからは飛びぬけて高いものは出ていませんが、5千ベクレル/kgでも食べれば害がありえます。

ヨウ素沈着量、WSPEEDIの画像から一部を切り出し、色相を変えて地名を付しています。ヨウ素131の表面沈着量(平成23年3月25日0時現在)積算値 
この図のオレンジ色のところが、沈着量の多いところです。右上に濃いピンクがありますが、ここは特に多く、日立市、高萩市産の野菜から突出した濃度が検出されています。



放射性ヨウ素だけでなく、セシウムも甲状腺に影響するとの見解があります。セシウム汚染状況はこちらで確認できます。

放射性ヨウ素の半減期を8.02日と置けば、減衰曲線は次のようになります。この減衰曲線は、起算日(横軸1)からの日数に応じて常に適用できます。例えば、3/16に買ったホウレンソウが実は1万ベクレル/kgだった場合、冷蔵庫に3日間置いておき、食した日が3/19なら、8割弱に減衰していたことになります。



3/21に湿式沈着があったところは、4/1に当初のヨウ素汚染が4割になります。4月下旬まで葉物野菜の汚染は尾を引いたと見られます。

数万ベクレル/kgもの汚染野菜が、大阪にも札幌にも送られ、破格値で販売されたはずです。
posted by ZUKUNASHI at 14:54| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。