東南海地震が起きたら 関東内陸は津波が来ない高さでも避難が必要です: ずくなしの冷や水

2015年05月15日

東南海地震が起きたら 関東内陸は津波が来ない高さでも避難が必要です

2015年05月14日 2015年は熱中症が大流行するだろう

理由は上の記事に書いてあります。信州、山梨も同じです。西に逃げるのが鉄則です。

多重、反復的な被曝は健康被害の発現を早め、深刻なものにします。静岡県下の人口動態が関東と同程度に悪化しているのはそのためです。

浜岡原発と関連事項
2010/11/29から3号機定期検査
2011/1/24 浜岡原子力発電所5号機の調整運転開始
2011/1、静岡県が静岡市で測定した空間線量率が上昇。
2011/3/15〜3/22、静岡県が静岡市で測定した空間線量率が上がる。(2011/3/11、福島第一原発事故)
2011/5/14、4号機、5号機停止(この後空間線量率が大きく上昇)



浜岡からの距離


ストップ!浜岡原発に掲載されていた画像。


次のような風向きになることはよくあります。浜岡で何が漏れて関東で人が死ぬことはあるのです。




静岡市、茅ヶ崎、新宿のMPの値の動きを比較します。どうでしょう。茅ヶ崎、新宿のMPの値は、静岡市に連動していると言えます。こんなにきれいに出てくるとは思いませんでした。市原も調べましたが、連動性ははっきりしませんでした。

浜岡原発から静岡市葵区北安東まで 47.8km
浜岡原発から茅ヶ崎市下町屋1-3-1まで 137.8km
浜岡原発から新宿区百人町まで 185km

タイムラグが少ないです。上のグラフは日次ですからほとんど同じ日に同じような動きを示します。気流が早ければ、あっという間に茅ヶ崎、その後すぐに新宿へと到達します。

2010年は猛暑の年でした。ですが、10年前だって猛暑の年はありましたが、熱中症で倒れる人が続出するようなことはありませんでした。気温以外の要因があることは間違いありません。

浜岡が何か構造的な特質を持っているのか、管理に不備があるのかは分かりません。ですが、他の原発も常に放射性物質を排出しています。最大の健康悪化要因です。

2010/09/13 共同
熱中症で児童34人搬送 静岡・伊東市の小学校
 13日午前10時10分ごろ、静岡県伊東市幸町の市立西小学校から「気分の悪くなった児童がいる」と119番があった。同市消防本部によると、児童34人が熱中症とみられる症状で病院に搬送された。西小によると、いずれも軽症という。
 同市教育委員会によると、搬送されたのは2〜6年の男女34人。午前9時半から全校で運動会の練習を始め、入場行進の練習を約15分間した後、児童らが「気分が悪い」と座り込んだという。
 静岡地方気象台によると、同市付近の気温は午前10時に32・1度に達していた。

・・・引用終わり・・・



静岡県の小選挙区別の人口動態を観察していて静岡市が富士山ろくに至る地域まで良くないことを疑問に思っていたが、静岡県のMPは静岡市街地の北にある。これなら標高の高いところにも放射性物質は流れただろう。また疑問解決だ。


関連記事
2014年12月20日 静岡県の出生数死亡数の推移 独自の地域区分による

2014年12月18日 再稼動原発から逃げろ!

2012年05月08日 避難先の選択はいろいろな基準があって一概には言えませんが 市町村別に見る
・・・3年前の記事だがやっと結論が出た。推測は間違っていなかった。

2012年05月10日 静岡県は浜岡停止とフクイチの二つの要因

マンションの一つの階で高さ2.5mとすれば、11階建てで28mほど。この場所の標高2mだから11階の屋根裏で30mか。
posted by ZUKUNASHI at 14:41| Comment(1) | 福島原発事故
この記事へのコメント
空気、確かに私の居住地近辺の感想では悪いです。3月頃から例年以上に埃っぽく、晴天で雲ひとつない日でも地上に近くなるほど景色が煙って見えます。
フクイチを気にしていない知人も喉の痛みや目のショボショボ感、洗車しても一日で車がザラザラになるとぼやいています。焼却場は多いです。山の迫っている地形のせいか住宅団地のすぐ近くに沢山の施設があるので、山間の知人宅に行くまでの二十キロほどの道程で三ヶ所も煙の上がる煙突を見ることになります。風向きで田畑に向かったり、大きな住宅団地の上へと煙がたなびいています。この数年で県内のみならず、知り合いやその親族さんに肺癌、胆管癌で亡くなる方が多くなりました。尿路結石の方も驚くほど多いです。痛いそうですね。身近でちょっと驚いているのは、ピロリ菌の退治の為の服薬で全身に薬疹が出て1ヶ月あまり大変なことになった人が3人も半年間で出たことです。偶然なのでしょうが以前には治療した友人多くいても一度も聞かなかったことなので不思議です。御前崎の記事は思い当たる事象がいくつもあります、ありがとうございます、これからの参考にいたします。
Posted by L at 2015年05月15日 16:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。