2011/3/15早朝 関東南部へプルーム第一波: ずくなしの冷や水

2015年04月16日

2011/3/15早朝 関東南部へプルーム第一波

関東へは、2011/3/11の震災後、早い時点から放射性物質が飛んで来ている。

大気汚染測定用ろ紙のセシウム濃度分析結果によると、3/15の午前0時台からセシウムが検出されているところもある。気象研究所などのシミュレーションからでは想像できない動きだ。



CTBTO高崎の観測結果は、周知のとおり東電の嫌がらせの計画停電で測定結果が得られていないが、3/13日からすでにさまざまな核種が少なからず検出されている。



強力なプルームが飛来したのは、2011/3/15の未明から。新宿区では3/15の午前4時台に急激に線量率が上がり、0.147μSv/hをつけている。

これはそのまま南下し、午前5時台には茅ヶ崎で空間線量率が上がり始めた。

WSPEEDIによる、2011/3/15、午前10時の地表近くのヨウ素の濃度分布。10時台に新宿、和光市、さいたま市ともに空間線量率のピークをつけている。



第一波はこんなふうに流れた。他のプルームでも言えるが、プルームの先端部分と言うか、真っ先に流れてくる部分はヨウ素の含有が多いようだ。





関連記事
2015年04月16日 2011/3/21早朝から 関東南部にプルーム第七波
2015年04月16日 2011/3/20午後 関東南部にプルーム第六波
2015年04月16日 2011/3/16午前 関東の東側にプルーム第五波
2015年04月13日 2011/3/15深夜から3/16未明に 関東南部へのプルーム第四波
2015年04月16日 2011/3/15夕刻 関東南部へのプルーム第三波
2015年04月16日 2011/3/15午前 関東南部へプルーム第二波
2015年04月16日 2011/3/15早朝 関東南部へプルーム第一波
posted by ZUKUNASHI at 13:20| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。