情報メモ 20080307: ずくなしの冷や水

2008年03月07日

情報メモ 20080307

1 米国住宅ローン会社・金融保証会社などの動向
・ 米住宅ローン会社ソーンバーグ・モーゲージが債務不履行通知を受けとったことを明らかにし、破産申請する可能性が高いとの見方も。R

・ ムーディーズは2/6、金融保証会社CIFGの「AAA」格付けを4段階引き下げ「A1」とした。R

・ 普通株と出資証券を合わせて少なくとも15億ドル発行する予定のアムバックの資本増強策について、銀行団は最低10億ドル発行する普通株に買い手がつかなかった場合、その半分にあたる最低5億ドルを買い入れる方針と。R

・ 米財務省は2/6、政府系住宅金融機関のファニーメイとフレディマックに対する政府保証の噂について、事実無根であるとして否定。

・ S&Pは2/6、米大手貯蓄金融機関ワシントン・ミューチュアルを格下げし、一段の格下げの可能性を示す。「住宅ローンからの損失がこれまでの予想以上に深刻化すると予想している。住宅市場の低迷は長期化するだろう」と指摘。R

2 米抵当銀行協会は2/6、国内の差し押さえおよび差し押さえ手続き中の住宅が2007/10−12期に過去最高水準に上昇したと。

差し押さえ手続きに入っているローンの割合は第4四半期に0.83%(前年同期0.54%)と過去最高水準に上昇。住宅ローンの延滞率は5.82%(前年同期4.95%)、サブプライム住宅ローンは延滞率が17.31%と第3四半期から1%ポイント上昇。R

3 米労働省が3/6発表した新規失業保険週間申請件数は、35.1万件(前週37.5万件) R

4 米ウォルマート・ストアーズは2/6、2月の既存店売上高が前年比2.6%増加したと発表。アナリスト予想を上回る。R

5 全米不動産業者協会が3/6発表した1月の中古住宅販売成約指数は85.9と前月比変わらず。エコノミスト予想を上回る。B

6 欧州中央銀行は3/6、短期買いオペの応札最低金利を4%に据え置くことを決めた。B

7 米労働省が3/6発表した3/1に終わった1週間の新規失業保険申請件数は35万1000件と前週から2万4000件減少。1月19日に終わった週以来、6週間ぶりの低水準となった。米失業保険の継続受給者は前年比37万人増で災害時除くと2004/9来の最高水準。B

8 福田首相は3/6、日本経団連会長らに賃上げへの協力を要請。3/6配信の内閣メールマガジンでは「企業と家計は車の両輪。給与引き上げの必要性は、経済界も同じように考えているはず」と記していると。A
・・・・これまでの路線修正になりましょうか、あるいはこれしか打つ手がない? それに効果も疑問。経済は一流でなく、働く人の賃上げを総理大臣が企業経営者に要請しなければならない国になってしまいました。

9 米アラバマ州ジェファーソン郡は、2/6、32億ドルの下水事業歳入債にリンクしたデリバティブに関連して1億8400万ドルの支払いを余儀なくされる可能性があり、破産申請を検討する可能性があると。R
posted by ZUKUNASHI at 06:57| Comment(0) | 情報メモ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。