東日本はいずれ衰退する 若い人は西日本で人口増を待ち構えろ: ずくなしの冷や水

2015年02月24日

東日本はいずれ衰退する 若い人は西日本で人口増を待ち構えろ

移住関係の記事を拾い出していて、ここ1年ほどで尻上がりに避難移住の機運が高まっているように感じる。読者の反応も強い。

出生数死亡数の都道府県別の変化はすでに見たが、次に社会増減を見てみよう。次の使用可能なデータを用いた。
@ 2010/10国勢調査による都道府県別人口。
A 2013/10現在の都道府県別人口推定値。
B 全国人口動態統計による2010/11から2013/10までの都道府県別出生数死亡数
Bにより自然増減数を計算し、@とAの差、人口増減数から引けば、社会増減になる。
厳密さは追求していないが、大きな誤りはないだろう。次が結果だ。



人口減少率が最も大きいのは福島県、ついで秋田県。青森、岩手、山形も減少率が大きい。西日本では和歌山と高知の減少率が高いが、高知が山形並みで他はそれほど高くない。

社会増減がプラスなのは、宮城、埼玉、東京、神奈川、愛知、滋賀、大阪、福岡、沖縄。

人口増減率がプラスなのは、埼玉、東京、神奈川、愛知、滋賀、福岡、沖縄。大阪は脱落だ。埼玉や神奈川は流入にかげりが見えるから自然減とあいまって人口増加の勢いは低下するだろう。

東日本は、これから福島第一原発事故による健康被害が深刻化するから、自然減、社会減で人口は減る方向だ。そういうところでは、仕事場を確保することが難しくなるだろう。いずれ西日本に人口ウエイトがシフトすると読めば、就労機会のある今はチャンスともいえる。
posted by ZUKUNASHI at 15:32| Comment(1) | 福島原発事故
この記事へのコメント
みなさん、九州だつたら空気はきれいですし、放射能はほとんど降つていません。福岡市は、ミニ東京みたいでとても楽しく生活できます。人も優しく、家賃も安い、海と山が車で30分のところにあります。九州だつたら福岡県をのぞいて他の県は、高齢者が多く人が減つています、まだ1000万人ぐらいは住めると思います。私の生まれた福岡県の田舎の実家は農業で、2000坪農地を無料で貸しています。今は農地はとても安いです。なんで日本人は、生き地獄の関東、東北に住んでいるのか私には、理解できません。
Posted by 西 亨 at 2015年02月25日 08:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。