福島第一原発汚染水の海洋放出近づく: ずくなしの冷や水

2014年12月16日

福島第一原発汚染水の海洋放出近づく

ENENEWS 2014/12/15
Asahi Shimbun, Dec 13, 2014 (emphasis added): NRA head signals massive release of tainted water to help decommission Fukushima site − The head of Japan’s nuclear watchdog said contaminated water stored at the crippled Fukushima No. 1 nuclear power plant should be released into the ocean… Shunichi Tanaka, the chairman of the Nuclear Regulation Authority, made the comment Dec. 12 after visiting the facility… “I was overwhelmed by the sheer number of tanks (holding water tainted with radioactive substances),” Tanaka told reporters, indicating they pose a danger to decommissioning work. “We have to dispose of the water… We also have to obtain the consent of local residents in carrying out the work, so we can somehow mitigate (the increase in tainted water)… While (the idea) may upset people, we must do our utmost to satisfy residents of Fukushima,” Tanaka said, adding that the NRA would provide information to local residents based on continuing studies of radioactive elements in local waters.

Radiation & Nuclear Safety Authority (Norway), University of Helsinki, 2003: Determination of Transuranic Elements, Their Behaviour and Sources in the Aquatic Environment − In comparatively shallow water bodies, usually more than 90 % of total Pu [plutonium] is rapidly transferred to sediments associated with particulate materials. In deep oceans… the situation is different: most Pu remains in the water phase for a long time due to a slow mixing of water masses and slow sedimentation rates… TRUs can be either soluble or fixed in particulate fraction… in the Baltic Sea, the proportion of soluble Pu varied from 25 to 70 % of total Pu in the water… The finest particles can be easily transported long distances.

朝日新聞2014/12/12
原子力規制委の委員長、汚染水放出に言及 福島第一視察
原子力規制委員会の田中俊一委員長が12日、東京電力福島第一原発を視察し、廃炉に向けた作業の進み具合などを確認した。今後の課題として増え続ける汚染水の対策をあげ、「水を捨てていかないとならない。(汚染水増加が)どこかで打ち止めになるようなことを住民の理解を得ながらやるしかない」と述べた。
 田中委員長の福島第一原発視察は昨年4月以来で、就任後2回目。高濃度汚染水の抜き取り作業が難航してきた2号機建屋海側の坑道(トレンチ)や、汚染水タンク周辺の水漏れ防止堰(せき)の状況などを確認した。
 田中委員長は視察後、4号機の使用済み燃料の取り出しが終わったことや、2号機坑道の作業が工法の変更により「めどがついた」ことを評価。一方で、「タンクの多さには圧倒されている」と語り、汚染水が敷地内にたまり続けていることが、廃炉に向けリスクを下げる妨げになっているとの認識を示した。
 田中委員長はこれまで、基準値以下になった汚染水は海に放出することが廃炉作業を進めるために必要だとの見解を示してきた。「怒りもあるだろうが、福島県民の皆さんに納得してもらえるようなことをしなければ」として、規制委としても海水の放射性物質調査などを通じた情報提供を引き続き進める考えを示した。(熊井洋美)

・・・引用終わり・・・

福島と茨城の沿岸域で海風が届く範囲は危険。ストロンチウムの風を吸って白血病などの疾病発症の恐れ。

太平洋の海産物はさらに危険が増す。
posted by ZUKUNASHI at 21:34| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。