ベータ線情報 4 横浜市の屋上堆積土にポロニウムが含まれている: ずくなしの冷や水

2014年12月08日

ベータ線情報 4 横浜市の屋上堆積土にポロニウムが含まれている

2014/12/5、原発はいますぐ廃止せよ@kokikokiya 氏のツイートに「横浜の堆積物からは、プルトニウムとアメリシウムは検出されなかった … ただし,Pb210が異常に高いです」とあった。



そういえば、福島第一原発事故後早い時点に、横浜のマンション屋上の堆積物からストロンチウムが検出されたと注目されたことがある。
2012年01月29日 関東におけるストロンチウムの検出例

原発はいますぐ廃止せよ@kokikokiya 氏のツイートに引用されているのは、次のサイト
爆発後の日々 2012.01.11 横浜の堆積物からは、プルトニウムとアメリシウムは検出されなかった

元データは、次のサイトだ。分析結果の表やスペクトル図も載っている。
黒猫の戯言 1月 4, 2012 

最近の学習の成果でぴんと来た。以下は、この測定結果が誤検出でないと言う前提で話を進める。

Pb210鉛210は、ウラン238の崩壊系列の中で暗殺にも使われるポロニウム210の二つ手前の核種だ。いつものように「き坊の棲みか」の崩壊図を使わせてもらうが、今回は青い枠を加えている。



図の中に書いてあるが、ラジウム226の半減期1600年に比べてそれ以降の娘、孫核種の半減期は短いので、放射平衡という現象が起こり、多くの核種が並存して放射線を発する状態になる。



ラジウム226より後ろでは、鉛210の半減期が22年と長い。計測結果表を見ると、Pb214やBi214はそれほど多くないので、ラジウム226の崩壊分は、一気に鉛210まで変化してきて、ここに溜っているようだ。

天然にあるウラン238が自然に崩壊して、8400Bq/kgという濃度にまで鉛210が増えることがあるのだろうか。時間的な堰き止め効果があるにしても、これだけの量の鉛210を産むラジウム226の放射能はものすごい量ではないか。

そんなラジウム226を産むウラン234の放射能、それとの間に放射平衡が成立して一定時間当たりの放射線量が同じウラン238の放射能はさらにすごいはずだ。

自然に8400Bq/kgの鉛210ができるほどにウラン238があるとは思えない。このマンションは、ウラン濃縮工場の脇に立っているわけではない。

最近の学習で、個人的には燃料であるウラン238が福島第一原発事故で原子炉から大量に放出され拡散、降下したと判断している。

そして、米国の専門家は、「ラジウム226。これはもともとのウラン燃料が核分裂反応のプロセスを始める最初の段階で生成されます」と述べている。どういう仕組みか分からないが、ウラン238に中性子が当たると、ラジウム226への変化が促進されているということだろう。

2014年11月20日 原子炉の中ではラジウムが促成される ラジウムが拡散しラドン、ビスマスが増えている

つまり、原子炉の中には、すでに大量のラジウム226が溜っており、それが大気中に放出されたのだ。ラジウム226の半減期は1600年だが、ラドンに変わった後は4日あれば半分が鉛210に変わる。

鉛210は22年で半分になるが、ビスマス210に変われば後は5日で半分がポロニウム210になる。

上の横浜の例で鉛210が8400Bq/kg、100gなら840Bq。ビスマス以前の段階にあるものも多いだろう。だが、この濃度では憎き夫の愛人、妻の愛人は殺せない。どうやって100gの土を食わせると言うのだ。下痢をしてあっという間に排出しまうかも知れない。暗殺に使われる毒薬ポロニウムがあるからといって、その面での心配はいらない。
2014年12月04日 ベータ線情報 3 暗殺に使われたポロニウム

だが、これが微粉末となって浮遊した場合は別だ。呼吸により吸入すれば直接肺に入り、そこでアルファ線が組織を破壊する。被害が生じうる。

横浜のマンション屋上の堆積物だから、濃縮されている。地表の土壌を調べれば、濃度は10分の1、100分の1だろう。

マンションの所在地は、港北区だと言う。堆積物にポロニウムが含まれていることは間違いないが、パニックになる必要はない。ただ、横浜市の人口動態は早い段階から悪化を示し、なお継続中だ。



関東には、さまざまな放射性物質が降下している。そのことは、この事例でもしっかりと確認できる。

・・・・・

この鉛210の元となった放射性物質を運んできたプルームはいつのものだろう。神奈川県下は、3/15の午前、3/16の未明、3/21の日中に主なプルームが襲来している。3/21は降雨で神奈川に入る前にセシウムは洗脱されたと見られるから、3/15午前のプルームが運んできたと考えるべきだろう。



東京都町田市や横浜市の西がメインストリームの通り道と推定され、これらの地域から早い段階に健康被害が報告されたことと関係があるのかもしれない。

※  neko-aii @neko_aii 氏の2014/12/7のツイート
2012年05月13日 神奈川県横浜市港北区 2011年5月に鼻血(朝枕に少し付く程度)1回。 事故直後1週間くらいから水いぼ感染。 3か月程度で完治。 6月に公園で裸足で砂遊び後に足の裏が炎症。 水泡多数出現。

マンション堆積土も港北区だ。

(初出 2014/12/6 追記12/7、12/8)
posted by ZUKUNASHI at 10:09| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。