ベータ線情報 3 暗殺に使われたポロニウム: ずくなしの冷や水

2014年12月04日

ベータ線情報 3 暗殺に使われたポロニウム

α線源やβ線源の恐さを訴えるため、白血病やがん発症のリスク要因であることは繰り返し書いてきた。今度は角度を変えて、ベータ線源、アルファ線源が暗殺に使われる事例だ。

色も匂いもない放射性物質は、暗殺にはもってこいの物質だ。しかし、毒を盛る側に被曝が生じては困るし、放射性物質であることが察知されにくく、半減期が短く時間の経過とともに痕跡を消してしまうものが望ましい。となると、ガンマ線を出さず、出してもわずかなベータ線源かアルファ線源が適当だ。

ベータ線源、アルファ線源でガンマ線を出してもわずかなものなら厚手の金属容器に入れれば、ベータ線もアルファ線も外には出てこず、放射性物質であることの検知も困難だ。

そこで選ばれるのがポロニウム210。次のウラン238の崩壊系列図の下から2段目の左端にある。



アルファ線を出し半減期約140日。崩壊した後は安定態の鉛206になり放射線は出さない。半減期140日で毒を盛るタイミングを計る余裕もあるし、毒を盛る前に放射能がなくなることもない。

強力なアルファ線源を体内に取り込めば、それが胃腸を通過する間に粘膜を損傷し多大なダメージを与える。先日の記事では、アルファ線源が付着して皮膚に穴が開いた例も取り上げた。

元KGB職員でロシアで内部告発を行い投獄されたあと、イギリスに亡命しロシアに対する反体制活動を行っていたアレクサンドル・リトビネンコは、2006年11月1日に体調を悪化させ、11月23日に死亡した。ポロニウム210を盛られたと疑われている。

当初、毒物としてタリウムTIが疑われたが、後でポロニウムと判明した。放射性タリウムはベータ線を出し、半減期が短い。 Tl210が1.30 min、Tl206が 4.200 min



タリウムによる暗殺もあったとされている。元KGB工作員のニコライ・ホフロフは1957年に放射性タリウムを盛られ、瀕死の重態となったが一命を取り留めた。

日本国内でもタリウムを使った事件が起きているが、放射性タリウムではないようだ。1991年2月、東京大学医学部付属動物実験施設に勤める男性が病院で死亡。男性が毒を盛られた可能性を医師に告げていたことから医師が警察に通報、司法解剖された男性の臓器からタリウム化合物が検出された。2年半後、同僚が殺人容疑で逮捕された。

こちらは金属毒性によるものだ。昔はタリウムは脱毛剤や殺鼠剤にも使われていた。

上のような例を見て、日ごろ行いの良くない人は、ぎくっとしたかもしれない。だが、少なくともポロニウム210は、原子炉でビスマスに中性子を当てて製造される。天然でウランから生成したものを濃縮するような技術を開発できたら億万長者になれるだろう。ウラン238と235の分離は、巨大な施設で大量のエネルギーを使って行う難しい工程だ。

福島第一原発事故でβ線源、α線源が多量に降下しているところは、今では、土壌に混じっているか、金属や土石に付着しており、これを集めるのは無理だ。そんな作業をしていると作業者が先に逝く。

それよりももっと簡単な方法があると言う読者もおられるだろう。そう、放射性物質が舞っている空間で有酸素運動をさせられ、100Bq/kgぎりぎりの汚染度のものをたっぷり食べさせられたら、時間がかかっても同じ結果になるのではないかと、日ごろ行いの良くない筆者としては警戒している。

アレクサンドル・リトビネンコ

ポロニウム210

東大技官タリウム事件
posted by ZUKUNASHI at 20:43| Comment(1) | 福島原発事故
この記事へのコメント
もしこの事件に興味がある人は映画「ブレイクダウン ロシア大統領暗殺」を見ると参考になりますよ。
内容はざっと書くとロシアの民主化と自由を推進する女性大統領がフィンランドへ会議にやってきます。そこでポロニウムを使った暗殺計画があり主人公が巻き込まれ暗殺を阻止するというものです。
実際にこの映画でリトビネンコ中佐の名前は出てきます。
暗殺方法はポロニウムの入った筒をエレベーターのパネルに組み込み電流を流してポロニウムを発火させて閉じ込めたエレベーター内部で大統領に吸わせるというものです。
リトビネンコは用心してエレベーターのような閉じ込められるものは使わなかったと思いますが作中では記号論で見ると車に焦点が当てられているように感じます。もしかしたらリトビネンコの場合は車に細工された可能性があるとも読めました。
映画としては作りが粗い面がありますがロシアやフィンランドの情勢に興味がある人 リトビネンコ暗殺に興味がある人は興味を持てると思います。

映画のファンの方はあまりいないと思いますが映画「残像」を見るとソ連と今の日本は同じなんだと思いました。映画「帰ってきたヒトラー」でも言われていますが外国人は知っています。原発は核武装のために動かされると。北海道電力の元社員 水島能宏氏も高速増殖炉について話していました。ですがネトウヨは言わずもがな反原発の人ですら原発と核武装に触れる人はあまりいません。日本は駄目になることが確定してるとわかるので気づいた人から逃げていくしかないですね。文句を言っていても結局何も変わらないのが日本です。長々失礼しました。
Posted by 日本の不名誉な世界一とファシズムの初期兆候の加速 at 2019年10月11日 09:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。