原子炉の中ではラジウムが促成される ラジウムが拡散しラドン、ビスマスが増えている: ずくなしの冷や水

2014年11月20日

原子炉の中ではラジウムが促成される ラジウムが拡散しラドン、ビスマスが増えている

2014/11/20、読者からウランの汚染について新しい情報を得た。

☆USA☆ My Days in Tennessee Fri, May 30, 2014
黒い砂の正体はつまり核燃料◆高放射性粒子(ホットパーティクル)について◆に、フェアウインズの作成したビデオの文字起しと日本語訳が掲載されている。ここに注目される一節がある。

福島からの放射能汚染の中に見られる3種類の核種<があります。
まずは、セシウム134とセシウム137です。
この2つの核種の割合をみることによって、私達はこの汚染が福島からの物であることをかなり確実に特定することができます。
またこれらの核種は、核分裂により生成物であり、なんらかの核反応の後に生成される物質です。

3種類の核種のうちのもう一つがラジウム226です。これはもともとのウラン燃料が核分裂反応のプロセスを始める最初の段階で生成されます。

・・・引用終わり・・・

ラジウム226は、ウラン238から生成するが、その途中に半減期が特に長い核種があり、ラジウム226やビスマス214は急には増えないと理解していた。だが、上にあるように「核分裂反応のプロセスを始める最初の段階で生成」されるのであれば、福島第一原発事故後、ビスマスやラドンが急増してもおかしくない。

次は、「き坊の棲みか」から引用させてもらっているウラン238の崩壊過程を示す図。



半減期を整理すると次の表になる。半減期が特に長いウラン234やトリウム230を迂回できるのであれば、半減期1600年のラジウム226から後ろは一瀉千里、ポロニウム214まで放射平衡が成立しているはずだ。



これでいくつかの謎が解ける。

※ アマちゃんだ @tokaiama 氏の2014/11/18のツイート
最近は何を測ってもBi214の影響がついてくる https://twitter.com/tokaiama/status/534494563188998146 … ウラン238の系列娘核種だが、以前はこれほど確認できなかった 何か日本列島全部にウラン238汚染が拡大しているような u238を直接確認できない 娘核種のBi214から見るしかない

2013年09月04日 家庭で手軽にラドン温泉浴? に書いたのは、家庭の蛇口から出た水道水を溜めるとそばに置いたガンマ線測定器の値が上昇する現象だ。

改めて、炉心の燃料在庫量推定や核分裂生成物放出量の推定を見たが、ラジウム226は見当たらない。もともと自然に生ずる放射性物質であり、ありふれたものだ。

ただ、米国による土壌調査にはウラン233/234があり、ウラン238と似通った数値になっている。ウラン234の後ろは放射平衡だから、娘孫核種にも同じ数のベクレル数があるはずということになる。

上のビデオにあるカルトッフェン氏の言葉は、ラジウム226をウラン234と読み替えても良いのかも知れない。



ウランのベクレル数の合計とプルトニウム、アメリシウムのベクレル数の合計を出し、さらにU-233/234のベクレル数の4倍を加える。トリウム230、ラジウム226、ラドン222、ポロニウム218のアルファ線を加える意図だ。トリウム230のアルファ線を加えていいものかは自信がない。

ここでそれらの合計と全アルファの比を見ると、1前後に収まる。まあ、いいところだろう。

東日本では、土壌1kg当り、アルファ線が100ベクレルから200ベクレルあり、それらはウランとプルトニウム、その娘孫核種から出ている。

そして、それはウランとプルトニウムの半減期が極めて長いため、この先何十年、何百年と減ることなく放射線を出し続ける。

関連して言うと、ラドン濃度の変化で地震を予知しようという試みがあるが、福島第一原発事故の前後ではまったく状況が変わって、福島第一原発事故前のデータを基準に変化を判断することは難しくなったのだと思う。

さらに、沖縄県の読者が、マスクと掃除機を使ってエアーサンプリングを行い、放射能を測定したらえらく高い値が出たことがある。東日本だけではなく、西日本でも同じようにアルファ線源が増えているのではなかろうか。

関連記事

2014年11月20日 低線量被曝で鼻血が出るかどうかではない アルファ線源が皮膚に付着して穴が開くこともある
2014年11月19日 鼻血が出たらアルファ線源を疑う アルファ線源で皮膚に穴が開くこともある
2014年11月19日 米国による土壌調査の意図はどこに?
2014年11月18日 福島第一原発から北西方向はウランが濃厚沈着 1
福島第一原発から北西方向はウランが濃厚沈着 2
2014年11月10日 なぜ米国は鶴岡市まで土壌採取に行ったのか 補足
2014年11月01日 関東の人達はラドン水を飲んで健康になったか? いや逆だ
2014年10月31日 ウランは広範に撒き散らされ、夏の雨の放射性物質濃度を高めた
2014年10月31日 やはり ベータ線源のメインはウランだと思う
2014年10月30日 ベータ線源汚染の見当をつける 3
2014年10月29日 ベータ線源汚染の見当をつける 2
2014年10月28日 なぜ米国は鶴岡市まで土壌採取に行ったのか
2014年10月26日 フィールドワークの記録 15 ベータ線源汚染はこうすれば測れる
2014年10月16日 ストロンチウムはもちろん危険だが、量が格段に多いのはウラン
2014年10月16日 線量率が10年で3倍になるウラン232はいつ降ったのか
2014年10月15日 日本の土壌はもともとウランが多いと言うが起死回生の一発
2014年10月15日ウランのほかに注目すべきは何か
2014年10月15日 ウランの汚染が強いところはどこか どう探知するか
2014年10月14日 ウランの地域別降下パターンの比較
2014年10月14日 水道水にはウラン系列の放射性物質が含まれているはず
2014年10月13日 日本列島のウラン238、劣化ウラン汚染
2014年10月13日 集団的体調悪化の原因、金属化合物Xは何か
2014年10月12日 たった11kg撒き散らしただけで、日本も太平洋も放射能だらけ
2014年10月11日 猛烈な腹痛、下痢の原因物質は何かある 必ずある
2014年10月28日 グロスアルファ、グロスベータの地域分布 米国土壌調査による
2014年10月28日 なぜ米国は鶴岡市まで土壌採取に行ったのか
2014年10月27日 ベータ線源汚染の見当をつける 1

2014年10月02日 モリブデンとグロスベータ
2014年09月30日 2011/3/21、3号機の発煙には、モリブデンも含まれていた? となるともっと気化しやすいストロンチウムやウランはどうなった?
2014年07月12日 東京で米国人家族の家財を汚染したアルファ線源は何だろう
2014年07月09日 関東にはウラン232が満遍なく降っている 米国による土壌調査ではウラン238よりウラン232が多い
posted by ZUKUNASHI at 16:31| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。