通行禁止解除の国道6号線を走るのは止めよう ストロンチウムなどを吸入の恐れ: ずくなしの冷や水

2014年11月06日

通行禁止解除の国道6号線を走るのは止めよう ストロンチウムなどを吸入の恐れ

2014/11/2の午前、福島第一原発の上空に白い雲のようなものが広がり、昼前には視界が低下し、構内の排気塔はおろか、構外の送電塔まで見えにくくなってしまった。






長者原交差点から見て最も手前の送電塔は約400m離れており、海からは直線距離で約2km。ここまで雲か霧のようなものが流れてきている。最寄のMPは11/3午前9時半で10.725μSv/h、前日来特に上昇はしていないが、ストロンチウムが濃厚に含まれていてもガンマ線のみに反応するMPの値には影響しない。



長者原交差点の定点カメラを観察していると、6号線を走る車は多い。ここでパトカーが張っていたりする。警察官の健康は大丈夫だろうか? 

通行禁止解除後にここを走って空間線量率を測定してくれた方もおられる。ここより南の地点では10μSv/hを記録している。

Youtubeから。南から走ってきて長者原交差点の手前の値。右手に原子力運送のカンバン上部が見えている。



コメントでSafecast (セーフキャスト)の測定地図を教えてもらった。矢印が対象地点、左側にその地点のデータが出ている。


11μSv/h超の地点も。


所要時間短縮のため、トラック運転手は命を削って仕事をさせられているという指摘もある。見物のためにここを通るのはやめたほうが良い。空間線量率が高く外部被曝するほかに、ストロンチウムなどの放射性物質を吸って内部被曝する。

仕事でやむを得ずこの道路を使わざるを得ない場合には、換気を止めてN95マスクをしよう。白血病を発症すると数ヶ月で家族と永遠に別れなければならないことも多い。

(初出 2014/113 追記 11/6)
posted by ZUKUNASHI at 01:31| Comment(4) | 福島原発事故
この記事へのコメント

Safecast (セーフキャスト)http://blog.safecast.org/ja/maps/

警戒区域周辺を含む日本全国に配置された、固定センサーおよび移動センサー(ガイガーカウンター)から成る放射線センサーネットワークを構築し、集められた1800万箇所以上の放射線の測定値データを視覚化したマップ。

ご参考まで。
Posted by Olympic2020はいや at 2014年11月05日 13:17
Olympic2020はいや さん
役に立つサイトご教示ありがとうございます。以前に見たことがありますが、データが驚異的に増えていますね。
作成方法の説明が見つからなかったのですが、そのうち掲載されるのでしょうか。
Posted by ずくなし at 2014年11月05日 15:06
"The Gates of Hell"
https://api.safecast.org/en-US/bgeigie_imports/16884

双葉から富岡まで 1~10 μSv/h の国道6号線10Km(測定日 2014-10-17)
Posted by Olympic2020いや at 2014年11月06日 00:58
これはすごい。でも測定者は被曝していますから・・・、無理しないでください。
Posted by ずくなし at 2014年11月06日 01:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。