福島第一原発から2.5km 国道6号線長者原交差点定点カメラの画像: ずくなしの冷や水

2014年10月17日

福島第一原発から2.5km 国道6号線長者原交差点定点カメラの画像

2014/10/6は、台風に伴う荒天で福島第一原発の作業中止。クレーンが低い位置に下りている。





以下は平常時。1,2号機排気塔の左に見えている、2本ないし3本の高いものはいずれも移動式クレーンであることが分かる。







排気塔とクレーンの位置の確認用。画像クリックでさらに分かりやすい画像が別画面に出る。




イコライザー処理

ガンマ調整

無調整


福島第一原発の海側から後光が差しているように見えることが多い。なぜだろう。



取材クルー


なぜこの定点カメラの画像をウォッチしているか? 「あれっ、排気塔がなくなった!!」という事態を想定しているからだ。もしそんなことが起きたら、私はすぐ家の目張りを始め、水を風呂に貯め、ありったけの材料で調理を始める。石油も買いに行かなければ。飲み水は普段から買い置きがある。排気塔が倒壊してから早ければ5、6時間後辺りから影響が出てくるだろう。



遠からず、近からず、この定点カメラはちょうど良い位置にある。



最寄のMPは11μSv/h、実際にはその倍近くあるだろう。5分停車で1.8μSv程度の被曝。0.075μSv/hの場所で24時間分。


※  やまもとこうこ(脱原発に一票) @okouchan44 氏の2014/10/10のツイート
流通先の人の命も削って(ーー;) “@tohohokanri: 福島から来た人に聞いた話。「開通した6号線。一般の人は使いません。でも、物流関係者…今までの3分の1の時間で通れる、6号を使わないわけにはいきません。運転手は命を削って仕事をさせられているのです」 悲しい現実だ。”

Youtubeから。南から走ってきて長者原交差点の手前の値。右手に原子力運送のカンバン上部が見えている。
posted by ZUKUNASHI at 18:59| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。