カナリア都市 2014/8の動向 千葉市の出生数大幅減: ずくなしの冷や水

2014年09月11日

カナリア都市 2014/8の動向 千葉市の出生数大幅減

大和市 出生数増、死亡数減で出生死亡比率前年同期比大幅改善
常陸太田市 出生数増、死亡数減で出生死亡比率大幅改善
守谷市 出生数増、死亡数減で出生死亡比率改善
鎌倉市 出生数増、死亡数増で出生死亡比率改善
いわき市 出生数減、死亡数減で出生死亡比率悪化
筑西市 出生数大幅減、死亡数増で出生死亡比率大幅悪化

柏市 出生数減、死亡数減で出生死亡比率改善
高萩市 出生数減、死亡数減で出生死亡比率悪化
横浜市 出生数減、死亡数減で出生死亡比率悪化

仙台市 出生数減、死亡数減で出生死亡比率悪化

郡山市 出生数減、死亡数減で出生死亡比率悪化
流山市 出生数増、死亡数減で出生死亡比率大幅改善
船橋市 出生数減、死亡数増で出生死亡比率大幅悪化

千葉県北西部で唯一気を吐いていた船橋市も指数悪化。
市原市 出生数減、死亡数減で出生死亡比率改善
松戸市 出生数減、死亡数増で出生死亡比率悪化
水戸市 出生数減、死亡数増で出生死亡比率大幅悪化
市川市 出生数増、死亡数減で出生死亡比率改善
神栖市 出生数減、死亡数増で出生死亡比率大幅悪化
常総市 出生数減、死亡数減で出生死亡比率大幅改善
川崎市 出生数増、死亡数増で出生死亡比率悪化
厚木市 出生数減、死亡数減で出生死亡比率悪化

千葉市 出生数大幅減、死亡数増で出生死亡比率大幅悪化

区別に見ると美浜区、緑区で出生数の減少傾向が見られる。

この先、出生死亡比率がさらに低下する恐れが強い。


茨城県は、日立市とひたちなか市が未公表なのでこれを前年同と置くと次の図になる。8月にこのようになれば、明らかに異例だ。


横須賀市 出生数増、死亡数減で出生死亡比率大幅改善
福島市 出生数減、死亡数増で出生死亡比率悪化
福島県主要3市合計の死亡率。


posted by ZUKUNASHI at 11:23| Comment(0) | 原発事故健康被害
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。