読者の注目する小売店舗を教えてください: ずくなしの冷や水

2015年05月06日

読者の注目する小売店舗を教えてください

この記事は、2014/8に「まあまあ そこは抑えてください」のフォローアップとして書いたものだ。まとめを公開したら、驚いたことにこういう小売店情報を公開すべきでないと主張する立川市在住の女性から執拗な妨害が入ったので短期間で掲載を中止した。だが、もうそんな妨害を気にするような段階は通り過ぎた。再度掲載し、読者の協力を求める。

IAさんの悩みを契機に島猫さんの情報をベースに始めた読者の注目店舗情報。



私と同じ年配男性が、西の地域について地元産野菜の出回り状況をコメントしてくれたとおり、中部から西に行くほど地元産野菜の入手は容易なことが分かります。

上の表を作っていて思いましたが、茨城、栃木、群馬、埼玉では地元産の野菜や肉類を消費しているのでしょうか。福島県では、スーパーに福島県産以外の産品が並ぶと聞きますが、西日本産品が主体なのでしょうか。食品による被曝抑制という面では、大都市のほうが実行しやすい可能性があります。

読者の中には、注目の店舗を積極的に紹介するお考えの方も少なくない。特に地方では、秘密の愛用店として知られないようにするより、汚染の低い地域の産品を置いてある店として購買者を増やす方向に持っていったほうが良い。スーパーは中卸から買うが、市場の荷受会社、卸は売れるものの入荷が多くなるように生産地と情報交換をしている。汚染の低い地域の産品が売れるとなれば増産を求める。秘密にしておいても、買う人が少なくて売れ残ったりすれば、店はその商品を置かなくなる。

コメントで共通しているのは、小回りが利き、独自色を出すことに前向きの中小スーパーで汚染の低い地域の産品を置いていることが多いという点。働きかけるならそのようなところがよいのではなかろうか。

次は、私と同じ年輩の男性からいただいた情報。私は極めてよく分かる。知り合いのおばさんは関西育ちで、知らない人にも「それなんぼ?」と聞くのが大阪風だと。

関西の人は、誰もどこの地産かなんて気にしていない。コストパフォーマンスだけですよ。 なぜか中国地方のものは目立たない。三重から名古屋 地場産があるけれども東日本が目立ちはじめる。 といった感じです。
大阪では、放射能汚染を気にしている人などいない。 放射能? えっ 大丈夫じゃないの? これが関西の空気です。 需要が感じられない上に、汚染が低いなんて謡おうものなら石投げれます。特に関西 大阪ですから。
関西は肉なんていくらでもありますが、 問題はそれが西日本のえさだけで循環してできた家畜の肉かどうかが謎。リテラシーが低いから微妙です。 九州だとわざわざ高い送料かけてえさをもっていかないだろうということもあります。 南下するほどそれは顕著。西にいけば食材は沢山あります。 基本的に足りないのではなく、東日本の農業関連の経済がだめにならないようにまわしている面もあるでしょう。 もしも、東日本の農業製品を一切とめたら 食料は足りなくなるのは考えられますけど。大阪のスーパーの有名どころは http://www.supertamade.co.jp/sales/handbill/index.html ここです。 安全とかではなく とにかく 安さ 。

最新のコメントから。大変合理的、現実的な選択だと感心する。芸能人でもなければ家庭での食事が基本。そこで汚染食品を排除していれば、外でよほど怪しい、危険なものを食べなければ放射性物質の取り込みは抑制できる。良い手本になるだろう。

お買い物ですが、私は横浜在住です。 基本は帰宅途中に立ち寄る東急ストアです。 陳列は殆どが関東と東北の野菜ですが、九州産や四国産もあるので、メニューは関係なく産地で購入します。 無ければ購入しません。 調味料、お米も同様です。 お豆腐、油揚げは京都の物が増えてきたので、こちらで購入します。納豆は一種類だけある九州の物を購入します。 その他の店舗です。 魚介類は一切購入しません。 お肉ですが、豚はニュークイックで長崎産又は高島屋で鹿児島産を購入します。鶏も高島屋で購入します。 この他に九州から直接取り寄せもしてます。 水はアマゾンで九州から取り寄せてます。 家族がおり、家での食には注意を払いますが、営業職の私にとっては外食を避けることは不可能です。 ですので割り切るようにはしておりますが。

(初出 2014/8/22 再掲載 2015/2/10 追記 2015/5/6)
posted by ZUKUNASHI at 12:56| Comment(25) | 原発事故健康被害
この記事へのコメント
大変心強い意見をくずなし様のブログで拝見し、子育て中の母である私も気を引き締めてと思う世の中。貴重な情報有難うございます。
肌荒れが酷い小学生の息子も環境をこの春から変えたところ、かなり改善され、昨年の夏を考えると眠れない日々で辛い状態でしたので、早くに引っ越しをすべきであったと思うばかりです。

食品は、近くのスーパーをはしごして、出来る限り西日本、または北海道の食材を確保し、ミネラルを重視したメニューに切り替え、免疫力を高めるようにしています。
果物は、アメリカ産のグレープフルーツを欠かさずミックスジュースに入れて、りんごや人参を混ぜ子供の口に合うようにのませています。
暑い季節でも、市販のジュースは手頃ですが、なるべくミネラルウォーターを使った自家製がベストのように体調も整えてくれるように思います。
Posted by 青い空 at 2014年08月22日 04:27
ずくなし様

 ここ中部地方のスーパーですが、やはり東日本産の魚介類が目立ちます。 しかし、全国チェーンで無い地方スーパーには普通に「ニューカレドニア、

オーストラリア産」のお刺身が店頭に並んでいます。 九州、山陰、四国、北陸産の物も見かけますから、未だ良い方でしょうか。

余談ですが・・・ 先の方が言われていますように、西日本産の食材が店頭から消えている → 避難しようと決心した時、賃貸住宅の家賃が高騰
(郡山市であったと聞いています) → 避難先で仕事を見つけようとハローワークに通っても特殊技能を持っていない私のような人間では良い仕事は見つからない。 例えは適切でないかもしれませんが、繁忙期の温泉旅館のように良い条件から先に、埋まって行くのではないでしょうか。 年齢が若いほど一般人は有利となるようです。 先日、NHKで「国内ロングステイー」なる番組を見ました。 沖縄、北海道が1〜2位と、それと無く避難先を暗示しているようにと思うのは考えすぎでしょうか?

P/S パースへ避難されている方のtwitterから https://twitter.com/hollyhock2014
  ご家族の健康被害がオーストラリアに住むようになり改善された、と具体的に綴られています。
Posted by 山川 廉 at 2014年08月22日 18:21
私は現在、派遣で物流会社で仕事をしています。
会社ではドライバーが不足しています。

スーパーに陳列されている食品一つ一つの後ろには、生産者のみならず、そのスーパーまで運んでくれるドライバーさんたちがいます。
そして、そのドライバーさん一人一人にも家族があります。この先汚染が酷くなり、また車の事故も多くなり、ドライバーさんのなりてが少なくなっていけば、当然ながら遠い場所から食品を運ぶのは難しくなることも考えられます。

高速道路を夜通し走り続けることで、ドライバーさんたちがいかに酷使されているかは震災前から問題になっていました。今はその過酷な条件に原発事故が加わっています。東日本に住みながら、西日本産や外国産を選択し続けることは、見えない所で多くの人たちを危険に巻き込んでいるような気もしてきます。
ですので、私は西日本産が減ってしまっていても、多少高価になってしまっても、探す手間暇がかかっても、あまり文句は言えない、と思っています。まだ、流通してくれているだけありがたいですから。

私は今日明日すぐに移住することは出来ないですが、荷物整理はどんどんしています。とにかく出来るだけ物を減らし、動きやすい状態にすること。また、余計なつきあいを避け、不健康な人とは距離を置くように心がけること。
‥簡単に書いていますが、線量が若干高めの現在の会社に通いだしてから、土日丸々爆睡するような日もあり、身体の調子を考えながらの作業になっています。とにかく毎日異様に眠いですが、‥ここで睡眠を多めに取っているから何とかなっているような気もします。ちなみに喉の違和感はいつも感じています。

脅すようで申し訳ないですが、今は何とかなっても、流通がどこまで頑張ってくれるか、そこに頼りきりにならないように対策を考えておくことも必要かと思います。
Posted by アトリ at 2014年08月23日 10:47
こんにちは。

私は放射能を気にしている小売店舗を公表することに賛成の立場です。私は何でも通販派ですのでまだ選択肢があります。現実のお母さん方や放射能を気にしない若い独身の方は、まだまだ放射能の危険について知らない事も多いはずですし、テレビの情報で誤解をしている人も多いはずです。それ故に、同じ地域に住んでいても相当被曝している人とそうでもない人の2極化ができていることでしょう。2016年にはどうなってしまうんだ?という状態や見た目の人も何人も見ています。

ノイローゼになっている暇もないくらい、事は深刻を極めています。

放射能について無法状態の今現在、星の数ほどブログはあっても、頼れるのはこのブログだけという人も少なくないと推測します。


私としては、ずくなしさんには引き続き放射能情報及び放射能を気にしている小売店舗の公表をして頂きたいと思っています(検索画面で“ずく”と打ち込むとココのブログ名が出ますので認知度はかなり高めだと思います)。




Posted by FD at 2014年08月25日 13:09
17才の娘をもつ母です。私もTさんと同じスーパー三徳市原店を利用しています。ここのスーパーは福島県の生鮮食品は売っていません。そして放射能だけではなく、添加物をなるべく使わず作っています。健康・安全・安心・美味がテーマのスーパーです。信用できるお店だと思います。                               
Posted by はむちゃん at 2014年08月27日 10:10
こんにちは。

千葉県の「放射線管理区域レベル」の汚染地帯に住んでいます。

2011年6月頃から通販で食材を調達しています。
が、価格が高いのでなるべく地元で買える西日本・北海道産を見つけて買っています。
もう3年半経つので「このシーズンにはここの産地の物が入る」とわかってきました。

毎年沖縄に行きますが、その時にJAの市場に行って大量に野菜を買って自宅に送ります。
特に夏は冬瓜やかぼちゃなど保存の効く野菜を買うことができます。
年1回だけですが、関東野菜が出回る夏に1週間〜10日ほど沖縄食材が食べられるのは助かります。
でもよく産地を確認しないと、関東産が置いてあったりします。

地元のマックスバリューで熊本産の牛乳を売っていました。
くまもんのパッケージなのですぐわかります。
これはうれしかったです。

魚に関してはやはり東日本産が多数です。
それでもたまにインド洋産や大西洋産のメカジキが売っていると即買いして、シーチキンを作ります。

もともと添加物をなるべく摂らない食生活をしていましたが、原発が吹っ飛んでから更に手作り品が増えました。
時間も手間もかかって大変です。

これだけ気をつけていても2013年の春ごろ、菌の出ない膀胱炎にかかりました。
非常に治りにくかったです。
同じ頃に隣市に住む友人も同じ症状だったそうです。
友人も食べ物に気をつけている人なのでびっくりしました。
クリーンセンター等の排気が原因でしょうか???

私の周りは食材に無頓着の人がほとんどなので、将来が恐ろしいです。

Posted by チバリーヌ at 2014年08月27日 16:03
11歳の娘を持つ母です。私も、Tさん、コメントのはむちゃんさん 同様スーパー三徳 市原店を主に利用しています。イオン系もありますが、行っても買うものがあまり見つからず、洗剤などを日用品の買い忘れを買うだけです。

三徳は、調味料や加工食品も、西日本産のが置いてありますよね。
職場からは、家を通り越して行くので、ちょっと遠いのですが、安全には代えられません。三徳 市原店の店長さんと顔見知りになりお話しする機会がありますが、三徳の経営陣がそういう方針なのだそうで、かなり遠くから買いに来られるお客さんがいるとのことです。

今は、三徳でも、関東〜東北の野菜が多いので、この時期は通販もしようかなと思っていますが、
送料がある分、割高なので、西日本産の取り扱いが多いスーパーが近くにあるのは、非常に助かります。

近くに同じような方がいるのだなと思い、コメント入れさせていただきました。
Posted by Reiko at 2014年08月27日 17:27
私の一押しは「秋川牧園」
https://www.akikawabokuen.com/
山口県内のほかに、京都、大阪、奈良も直接の宅配があります。
それ以外の地域の方向けにも宅配システムがあり、またウエブショップもあります。

ここは飼料も放射能検査して、検査結果を公開しています。
https://www.akikawabokuen.com/radioactivity_2015-2-4/
お試しセットもあるので、一度取り寄せてみられては?
https://www.akikawabokuen.com/lp/

私はここを30数年利用していますが、鶏肉の美味しさは群を抜きます。
ほかには鶏内臓肉、鶏ガラ、卵、九州産大豆で作った納豆、山口県産米で作ったおかき、
秋川の鶏で作ったウインナー、山口県産小麦粉、豚ばら肉、サラダコスモスのもやしなどを
よく買っています。
良心的な値段設定も気に入っています。
また社員の方が放射能汚染に対しての意識が高く、
こちらがどんどん意見を言ったり質問すると、
きちんと調べてメールでお返事をくださるのも気に入っています。

野菜は秋川牧園ではなく直売所で無農薬、無肥料のものを置いているのでそれを買っています。

Posted by m at 2015年02月10日 08:58
静岡県西部。10代子供3人。入学卒業に合わせて、より安全な地域への移住計画中。
成功例の1つ。愛知県から初進出のスーパーフィール。カナダ産豚肉ブラジル産鶏肉、西日本産の調味料や乾物、愛知県産野菜等あり。しかし月を追う毎にそれらは姿を消してきている。地域的にガードの低い世帯が多いせいかと思われる。
一番困ったのは、和歌山県産の納豆。産地もそうだが美味しいのである。行く度に大量買いしていたが、ある時期体調不良で遠ざかっている内に棚から無くなっていた。お店へのご意見、お問い合わせコーナーに再入荷のお願いを書き投函。数日後に棚に復活。ご意見メモをご覧になったお客さんがいたのか、最近は売れ行き好調。常備商品となった。
Posted by k at 2015年02月10日 11:59
ずくなし様こんにちは

私の場合
秋川牧園で3〜4週間に1回くらい頼んでいます。
通販では、ホワイトフード、沖縄サービス、山びこ農園(米)、ぽんぽこ笑店を利用しています。
実店舗では、松戸駅ビルの2階に九州屋(野菜)、ニュークイック(肉類、卵)、1階にカルディ(輸入品など)
マルエツ牧之原店で九州阿蘇牛乳、西の野菜が置いてあります。
BigAで沖縄産豚肉、北海道産牛肉
Posted by 松戸市 at 2015年02月10日 17:27
鳥取市には岡山が本店の「マルイ」があちこちにあります。宮崎産の鶏肉が100グラム102円、鹿児島産の豚肉が280グラム498円で売っています。豆腐も雨滝の豆腐は鳥取産大豆です。岡山産大豆の納豆もあります。牛乳は大山の物が安売りで1リットル198円。バターも生クリームも大山の物が売っています。チーズも海外産が置いてあります。卵も地元産で、遺伝子組み換えの餌を使っていないものが売っています。野菜も九州産が多めです。ゴボウや、リンゴは東北産ですが。
海苔は有明産があります。山陰の魚も豊富に売っています。もう、買いませんが。
(小麦粉や、醤油はいいものが置いていないので、通販しています。)
あと、「JAグリーン千代美店」は鳥取の新鮮野菜、果物だけでなく、こんにゃく、味噌、ジャム、お茶、いりこ、ケチャップ、焼き肉のたれ、などの加工品が手に入ります。少し値段は高いですが。手軽に食べられる菓子(おはぎとか、季節によって色々)は有難いです。
ただ、早い時間に行かないと早々に売り切れる可能性があります。特に土日は9時前から行列です。
Posted by 鳥取の主婦 at 2015年02月11日 09:32
ずくなし様 こんにちは。

気になったので一言書きました。
安全食料として、”ブラジル鶏”が挙げられていますが、このお肉は抗生剤・ホルモン剤等が多量に使われているそうで、危険性に因りブラジルの方は余り食べないそうです。

参考URL:http://irorio.jp/canal/20140317/121020/

放射能は最大の注意を払わなければなりませんが、使用される薬物にも困ったものですね・・・
Posted by 金魚 at 2015年02月11日 16:41
上で秋川牧園を一押ししたものです。

311以降エンゲル係数がものすごいことになってます。

本来、国が放射性物質の基準値をこんなに引き上げなければ、普通に流通しているものが食べられたはずですが、この国は国民を守ることは考えていないらしく、食べ物も水も引き下げることは考えていないようです。ま、311前から国が国民を守る気があるとは思っていませんでしたが、ここまでとは。。。

食べ物と水については妥協できないので(命にかかわりますから)ほかを徹底的に削って自衛しています。住んでいるのはおんぼろの狭いアパートです。でもお風呂とトイレがついているので、これで十分です。なまじ新しいところは建材が汚染されていて恐ろしくて住めません。古い賃貸ばんざいです。家は買わないことです。いつまた逃げなくてはならないかわからないのですから。

ウクライナで水の放射能基準値が2ベクレルまでおさえられたのは、チェルノブイリ事故の11年後、死亡率が回復しはじめたのはそのさらに数年後と言われています。
http://www.inaco.co.jp/isaac/shiryo/genpatsu/ukraine2.html
はやく基準値を引き下げてほしいものです。
Posted by m at 2015年02月11日 22:28
はじめまして

いつも、貴重な情報をありがとうございます
自分は千葉に住んでいます
で、お薦めは
成田にある
肉の花正です
家から一時間ほど、かかりますが、
殆どの食材をここで調達しています
野菜は意外にも西のものもあり、また、輸入野菜や冷凍輸入野菜も豊富です
魚介類は中国産も含めてですが
お店で使うシーフードmixや海老の冷凍
どれも太平洋では無いです
肉は、豚肉がカナダ産で重宝しています
鳥はまぁ〜ブラジル不健康肉ですが
ホルモン剤なんかよりも放射性物質の毒性の方が遥かにヤバイので
これを食べています
月に1〜2回買いだめで
野菜のレパートリーは少ないですが
まあ何とかなってます
チーズもオーストラリア産とか、
もともと業務用なので輸入食品は豊富です
鰹節のインドネシア産なんかもあります!
ジャガイモと玉ねぎは北海道産が山のように売ってます
ワケギなんかも九州産ですが
白ネギ、白菜、菜っぱ類は残念ながら関東産です

あと、OKストアのニュージーランドやオーストラリアの輸入バターはお薦めです!
Posted by あゆ at 2015年05月05日 23:09
あゆさん こんばんは
花正は物を選べば、きちんとしたものもありますね。10年近く前は輸入物特に中国産が多く、よく選択しないと怖い面もありましたが、COSTCOの進出などもあり、調達先も変わってきたのでしょうか。
ただ、お気に入りのブラジルの鶏肉は、いろいろな見方があるようですね。放射性物質と化学物質とどっちが怖いかという点から言うと、私はどっちも怖いと言うしかないと思います。
ブラジル鶏肉に限りませんが、どこかの産地一辺倒は、リスク分散の面からあまり勧められないかもしれません。
「鰹節のインドネシア産」の原料がインド洋のかつおであれば、これは注目です。東海アマ氏に一度測ってほしいところですね。
店によっては宅配もあるんですね。歩けなくなったら助かりますね。
Posted by ずくなし at 2015年05月05日 23:23
驚きましたね、「執拗な嫌がらせ」とは。 貴殿は数種類の法律上の罪を犯したと強く疑われるのですよ、全く反省のない偽善的な方で驚きます。 暴言が止まらないようであれば、弁護士のもとに貴殿の記載した文章や侮辱状況は全て残してありますので、再度法的措置を検討します。
Posted by mezzo at 2015年05月06日 06:36
こんにちは。

食材(肉、野菜、果物など)だけではなく、調味料にも気をつけています。

醤油はほとんどが千葉県産なので、台湾産の金蘭醤油(カルデイで一本400円強)を購入しています。

多少甘いですが、日本のお醤油と大差ないです。
調味料なども毎日使用するものなので、おろそかに出来ないと感じています。

ブラジル産鶏肉は、ホルモン剤不使用なので、思っているほど危険ではないかもしれないです。

とりあえず、お醤油は毎日使うものなので注意が必要だと思っています。
製造圏が安全地域でも、材料もそうとは限らないので、もう日本製(日本メーカー)のは使えません。。
悲しい現実です。
Posted by くららん at 2015年05月06日 11:11
くららんさん こんにちは
先日のツイート転載させてもらいました。
「ブラジル産鶏肉は、ホルモン剤不使用」なのでしょうか。ホルモン剤使用で米国人は食べないとかいろいろな情報がありますね。ブラジル産の台頭を抑えようとするためにする情報もあるのかもしれません、これはなんとか真偽のほどを確認したいです。信頼しうるソースをご存知でしょうか。
醤油は安い脱脂大豆使用のもののほうが、輸入大豆を使っているはずですから、国産大豆使用のものより安心かなと思っています。
野田の大手醤油メーカーは、地下水を使用していると聞いたことがあります。地下水もいずれ汚染されるので油断できませんが、私は醤油に関してはそれほど警戒していません。
海外でも日本メーカーの現地生産が多くなっているので、そういうものを買う方も増えるかもしれませんね。
Posted by ずくなし at 2015年05月06日 11:22
こんにちは。

ブラジル産鶏肉の情報はブラジル大使館のHPで半年ほど前に見ました。

ちょっと古いですので、今そのページがあるかどうかはわかりませんが、ブラジル政府の公式見解で、ホルモン剤の鶏肉に対する使用を禁止したと書かれていました。

日本メーカーの海外産醤油は日本から材料を持っていっているとヨーロッパの友人から聞いていますので、日本メーカーのものは使用しないように我が家ではしています。

一般に売られているものより、業務用の食材のほうが海外産が多いと思います。
Posted by くららん at 2015年05月06日 11:38
福島第一原発事故直後に米国に輸入しようとした茶葉、海苔、麹粉末は当時の日本の基準を上回る汚染の強いものもあったと報告されています。

麹は日本から持っていっているでしょう。向こうでは土着の酵母はパンや発酵乳製品に向いたものですから麹菌の培養は難しいと思います。

米もくず米を持っていっているかどうかですね。
Posted by ずくなし at 2015年05月06日 13:19
店舗名:スーパーマーケット 成城石井芦花公園店
住所 :東京都世田谷区南烏山2‐31‐26 ウテナ本社ビル1階
注目点:茶葉、肉類、野菜全てに西日本産がに入荷しているので安心。

それから、
>こういう小売店情報を公開すべきでないと主張する立川市
>在住の女性から執拗な妨害が入った
こういう基地外がいた、という事に驚いております。
これはこれで、歴史研究にたずさわっている私にとって
現在の世の中の混乱ぶりを示す面白い記録です。
後世に平成史をふりかえる時の貴重なデータになりそうです。
Posted by y at 2015年05月06日 17:06

ずくなしさん、いつもありがとうございます。
私は一を聞いて十を知るタイプでもないので、細かく解説していただくのがありがたいです。

最近は、調布市内のスーパーでいうと傾向が変わってきました。
西物を置くようになってきたのです。

みなさんが書いているOKストアは店舗によって扱うものが違いますが、西物は多いです。店長からのメッセージには、「お客様から要望のあった○○を取り扱うようにしました」とあります

生協は意図的に扱っている感じはないです。ただ九州産黒豚はあります。

東急はだいぶ増えました。卵も九州のもの、醤油も味噌も肉も選べます。

マルエツは早くから西物コーナーを作っていました。ここも店舗によって違います。要望カードに書くと店から反応あります。買う人が少ないと取りやめるというのはハッキリ言われました。
佐賀産のレンコンは調布で常備しているのはマルエツだけです。肉も九州産は常備、たまに沖縄豚も。卵は九州産ありますが、このごろはよく売り切れます。また、マルエツの検出限界値は野菜は25ベクレルで、スーパーのなかでは低いです(パルシステムは50ベクレル)。

店舗は電話やカードで希望を伝えると応えてくれるところはあると感じています。慈善事業ではないので、買う人が少なければ取り扱いはなくなるでしょう。「買う人が増えてしまって買えなくなる」ということは最初は起こるかもしれませんが、売れるようなら扱いも増えるのではないでしょうか? そうなったら、「最近買えなくなった」と店に言ってみればいいと思います。

店舗ではないですが、宅配生協の東都生協は野菜は九州ものセットなどあります。
自然派くらぶも徳島産野菜セットがあります。魚も肉も西物あります。


気になるのは、お魚の産地表示です。アジなどは長崎産しか見かけません。昔は千葉産を見かけました。千葉産も長崎産になっているのではないかと思うと買えないです。
Posted by 調布です at 2015年05月06日 19:35
ずくなし様

ここ三重県ですが最近、『伊勢自動車道』を通る機会が多く、ふと気付いたのですがやたら東北、

関東ナンバーの鮮魚運搬トラックが多いと感じます。 勿論、それらの地域から鮮魚を運び、帰り

便は、三重県産として鮮魚を運んでいるのでしょう。 なんせ三重県はF1被災地の魚介類を纏めて

引き受け三重県産として応援しようですから・・・泣けてきます。

 発想を転換して”ブラジル食品店”が各地にあります。 行って見た事は無いですが近々、肉を

買いにいってみます。
Posted by y at 2015年05月07日 14:54
※水→ 鹿児島の財宝水を定期購入
※米 →ホワイトフードの減農薬米CL 無洗米 ホワイトライス 10kgを定期購入
※コーヒー豆→コストコで購入
※スーパーオータニ駅東 →国産豚、国産鶏、下野牛に加え、 鹿児島黒豚、オーストラリア牛、ニュージーランド牛などあり。野菜は地元の野菜が多い中、宮崎産ピーマン、四国産にら、佐賀産、北海道産じゃがいも、徳島産人参、福岡産小ネギ、サラダ菜など西日本産の野菜もある。
※たいらや→熊本産の牛乳、トマト、鹿児島産の卵、ブラジル産の肉
※coop生協→鹿児島産の肉、九州産の野菜
※イトーヨーカドー、ヨークベニマル→地元産の野菜が多い

近所のスーパーを何店か回れば産地を選びながらの購入は可能ですが、葉物(レタス、ほうれん草)などは長野産や地元産が多く、あまり購入出来ません。九州の実家に帰省した時にたくさんの野菜を購入して送ったり、送ってもらったりしています。

買い物にも時間を要し、エンゲル係数はかなり高くなりますが、健康には変えられないと思っています。夫は私の産地選びでの購入に一定の理解を示してくれているので有難く思っています。

Posted by MH at 2015年05月08日 12:49
大阪市内ど真ん中に住んでいます。

密かに気にしている人は着実に増えているという実感があります。
その一方で、4月から急に赤ら顔、茶色い肌、生気のない表情、肌荒れなど老化現象を呈している人が増えています。
人相、顔立ちも緊張感のない、ケダモノ的なものを感じさせる人も増えています。
足腰の不調、杖も増えていますね。
やはり4年たって表面化してきたのを実感します。

関西スーパーを利用していますが、鮮魚コーナーが複数店舗で大幅縮小しているようです。
かわりに大豆加工製品、肉類加工食品を置くようになりました。

野菜に関しては、基本安心して購入可能だと思います。
4年以上観察してきましたが、ちゃんと関東産、福島産も明示して売っていますし、
食して、舌がピリッとしたり腹下ししたことはありません。
魚介類肉類以外に関して、怪しい、と思ったことは今まではありません。
(魚介類、肉類は購入したことがほとんどないので不明)

淡路島産の牛乳、乳製品が気軽に買えるのもありがたいところです。


Posted by やま at 2015年05月09日 11:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。